4503 Movies

ディザスター・アーティスト The Disaster Artist (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

史上最低の映画と言われながらカルト映画として多くのファンの心をつかんだトミー・ウィゾー製作、脚本、主演の”The Room”製作過程を描く、製作、監督、出演ジェームズ・フランコ、主演デイヴ・フランコセス・ローゲンアリ・グレイナーアリソン・ブリーザック・エフロンジョシュ・ハッチャーソン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・フランコ
製作
ジェームズ・フランコ
セス・ローゲン
ヴィンス・ジョリヴェット
エヴァン・ゴールドバーグ
ジェームズ・ウィーヴァー
脚本
スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
原作
The Disaster Artist
グレッグ・セステロ
トム・ビゼル
撮影:ブランドン・トゥロスト
編集:ステイシー・シュローダー
音楽:デイヴ・ポーター

出演
グレッグ・セステロデイヴ・フランコ
トミー・ウィゾージェームズ・フランコ
サンディ・シュクレア:セス・ローゲン
ジュリエット・ダニエルアリ・グレイナー
アンバー:アリソン・ブリー
キャロライン・ミノット:ジャッキー・ウィーヴァー
ラファエル・スマジャ:ポール・シェアー
ダン・ジャンジギアンザック・エフロン
フィリップ・ハルディマン:ジョシュ・ハッチャーソン
ロビン・パリス:ジューン・ダイアン・ラファエル
セステロ夫人:メーガン・ムラーリー
ピーター・アンウェイ:ジェイソン・マンツォーカス
スコット・ホームズ:アンドリュー・サンティノ
カイル・ヴォト:ネイサン・フィールダー
アイリス・バートンシャロン・ストーン
ジーン・シェルトン:メラニー・グリフィス
ビル・モイラー:ハンニバル・ブレス
メソッド演技法の教師:ボブ・オデンカーク
映画プロデューサー:ジャド・アパトー
クリス・スナイダー:ジョン・アーリー
トッド・バロン:ジョー・マンデ
カール:トム・フランコ
ボビ:ゾーイ・ドゥイッチ
ボニータ・ブードロー:シュガー・リン・ビアード
ロブ:ランドール・パーク
俳優の友人:ジェロッド・カーマイケル
キャスティング・ディレクター:ケイシー・ウィルソン
フローリスト:ローレンアッシュ
キャスティング担当者:グレッグ・セステロ
ヘンリー:トミー・ウィゾー
サフォヤ:シャーリン・イー
エイミー・フォン・ブロック:ケリー・オックスフォード

本人
ブライアン・クランストン
ザック・ブラフ
J・J・エイブラムス
デヴィッド・デコトー
リジー・キャプラン
クリステン・ベル
キーガン=マイケル・キー
アダム・スコット
ダニー・マクブライド
アイク・バリンホルツ
ケヴィン・スミス

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
A24(北米)
2017年製作 103分
公開
北米:2017年12月1日
日本:未公開
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $21,120,620
世界 $29,820,620


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・ノミネート
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1998年7月13日、サンフランシスコシェルトン・スタジオ
役者を目指す19歳のグレッグ・セステロデイヴ・フランコ)は、ジーン・シェルトン(メラニー・グリフィス)のクラスで、彼女に演技を酷評される。

次に名乗り出たトミー・ウィゾージェームズ・フランコ)は、”欲望という名の電車”のワンシーンを奇妙な解釈で演じてみせる。

それを見て驚いたグレッグは、トミーに声をかけて一緒に演じたいことを伝える。

数日後、ベンツで現れたトミーに誘われたグレッグはレストランに向かい、演技について話し始める。

その場でやろうと言いだしたトミーは、グレッグに台本を渡して演技を始める。

周囲を気にしないトミーと演技をしたグレッグは、客に拍手されて快感を味わう。

その後、まともにフットボールを扱えないトミーと楽しい時間を過ごしたグレッグは、彼の高級アパートに案内される。

自分のことは人に話すなとグレッグに指示するトミーは、ヨーロッパ訛りにも拘わらす、ニューオーリンズ出身だと言う謎の多い人物だった。

意気投合したトミーグレッグは、”理由なき反抗”のビデオを楽しむ。

ジェームズ・ディーン”を目指せとトミーに言われたグレッグは、彼の死亡事故現場に行くことになる。

現場に着いたトミーは、ジェームズ・ディーンの後に続き有名になる夢をグレッグに語り、2人でそれを誓う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1998年、サンフランシスコ
役者を目指す19歳のグレッグ・セステロは、同じ演技クラスで、風変わりなトミー・ウィゾーと出会い意気投合する。
グレッグは、高級車やアパートを持ち、出身地や年齢も分からないトミーと親交を深め、夢を叶えるためにロサンゼルスに向かう。
その後、オーディションを受けても役が付かない2人は挫折しそうになるが、自分たちで映画を作ることを考え、トミーは、自分が主演する”The Room”の脚本を完成させる。
豊富な資金を使い、クルーやキャストを集めて撮影を始めたトミーだったが、身勝手な言動や奇妙な行動が、グレッグや周囲を混乱させる・・・。
__________

2013年に発表された、グレッグ・セステロトム・ビゼルの著書”The Disaster Artist”を基に製作された作品。

史上最低の映画と言われながら、カルト映画として多くのファンの心をつかんだ”The Room”の製作過程と、作品を共同で製作したトミー・ウィゾーグレッグ・セステロの友情を描くコメディ・ドラマ。

現在に至っても謎多き人物として知られる、奇妙な言動が注目されるトミー・ウィゾーの人間性と共に、彼に興味を持ち共に夢を叶えようとしたグレッグ・セステロが、苦悩しながらも自分たちの向かう道を見つけようとする姿が活き活きと描かれている。
トミー・ウィゾーは1955年にポーランドポズナンで生まれたと言われている。

その撮影過程を見ているだけでも馬鹿げた行動に思えるのだが、主人公は周囲を気にせずに突き進み、プレミアで、メロドラマとして作った作品が、コメディと思われて喝采を浴びるクライマックスは、大いに盛り上がり感動的でもある。

トミー・ウィゾーが、資金力のある現代の”エド・ウッド”だと思われた方も多いはずで、陳腐な解釈で進む撮影風景や、ラストのプレミア・シーンなどは、ティム・バートンの「エド・ウッド」(1994)を意識しているようにも思える。
ティム・バートン作品に登場しそうなキャラクターの雰囲気があるトミー・ウィゾー自身も、それを意識していたのではないだろうか・・・。

本作は批評家他から絶賛され、第90回アカデミー賞では、脚色賞にノミネートされた。

役者を志し、風変わりなトミー・ウィゾーとの出会いで夢を叶えようとするグレッグ・セステロを好演するデイヴ・フランコ、製作と監督を兼ねた意欲作であり、トミー・ウィゾーになり切ったジェームズ・フランコの熱演は注目だ。

映画の脚本監修、助監督サンディ・シュクレアのセス・ローゲン、ヒロインを演ずるジュリエット・ダニエルアリ・グレイナーグレッグの恋人で、実生活でもデイヴ・フランコと結婚するアリソン・ブリー、撮影監督フィリップ・ハルディマンのポール・シェアー、キャストのダン・ジャンジギアンザック・エフロン、フィリップ・ハルディマンのジョシュ・ハッチャーソン、キャロライン・ミノットのジャッキー・ウィーヴァー、ロビン・パリスのジューン・ダイアン・ラファエル、スコット・ホームズのアンドリュー・サンティノ、カイル・ヴォトのネイサン・フィールダー、撮影クルーのジョン・アーリージョー・マンデトム・フランコゾーイ・ドゥイッチ、オーディションの役者シュガー・リン・ビアードケイシー・ウィルソンシャーリン・イーケリー・オックスフォードグレッグの役者仲間ランドール・パークジェロッド・カーマイケル、フローリスト役のローレンアッシュグレッグの母親メーガン・ムラーリー、機材レンタル会社”Birns & Sawyer”の代表ジェイソン・マンツォーカス、オーナーのハンニバル・ブレス、タレントエージェントのアイリス・バートンシャロン・ストーン、”シェルトン・スタジオ”のジーン・シェルトン役メラニー・グリフィスメソッド演技法の教師ボブ・オデンカーク、映画プロデューサーのジャド・アパトー、そしてクルーのキャスティング担当でグレッグ・セステロ、エンディングロール後のパーティーのシーンでトミーに話しかける男役でトミー・ウィゾーが出演している。

*その他 本人役
ブライアン・クランストン
ザック・ブラフ
J・J・エイブラムス
デヴィッド・デコトー
リジー・キャプラン
クリステン・ベル
キーガン=マイケル・キー
アダム・スコット
ダニー・マクブライド
アイク・バリンホルツ
ケヴィン・スミス


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021