4234 Movies

デイ・アフター・トゥモロー The Day After Tomorrow (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

地球温暖化による気温の上昇で極寒地の氷が溶けて海流の変化が起き、氷河期が地球の北半球を襲うという危機を描く、製作、監督、脚本ローランド・エメリッヒ、主演デニス・クエイドジェイク・ギレンホールイアン・ホルムエミー・ロッサム他共演によるディザスター・ムービーの超大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ローランド・エメリッヒ
製作総指揮
ウテ・エメリッヒ

ステファニー・ジャーメイン
ケリー・ヴァン・ホーン
製作
ローランド・エメリッヒ
マーク・ゴードン
脚本
ローランド・エメリッヒ
ジェフリー・ナクマノフ

撮影:ウエリ・スタイガー
編集:デヴィッド・ブレナー
音楽:ハラルド・クローサー

出演
ジャック・ホール:デニス・クエイド
サム・ホール:ジェイク・ギレンホール
テリー・ラプソン教授:イアン・ホルム
ローラ・チャップマン:エミー・ロッサム
ルーシー・ホール:セーラ・ウォード
ジャネット・トカダ:タムリン・トミタ
フランク:ジェイ・O・サンダース

ジェイソン:ダッシュ・ミホク
J.D.:オースティン・ニコルズ
ブライアン・パークス:アージェイ・スミス
トム・ゴメス:ネスター・セラーノ
パーカー:サーシャ・ロイス

ベッカー副大統領:ケネス・ウェルシュ
ブレイク大統領:ペリー・キング

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2004年製作 123分
公開
北米:2004年5月28日
日本:2004年6月5日
製作費 $125,000,000
北米興行収入 $186,739,920
世界 $544,272,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
南極、”ラーセンB棚氷”。
NOAA(アメリカ海洋大気圏局)から派遣された気候学者ジャック・ホール(デニス・クエイド)は、突然の棚氷の崩壊に遭遇する。

ニューデリー、地球温暖化・国連会議。
ジャックは、地球温暖化により氷河期が起きる危険性を発表する。

アメリカのベッカー副大統領(ケネス・ウェルシュ)は、経済的損失を考え、発言に注意するようジャックに警告するが、彼はそれを遮り、緊急対策を要求する。

会議場の外ではなんと雪が降り、海流研究学者テリー・ラプソン教授(イアン・ホルム)は、ジャックの発言に興味を抱き2人は意気投合する。

スコットランド
ラプソン教授が籍を置くヘドランド研究所で、ある海域の水温が13度低下したという観測記録が表示される。

日本の東京では、岩のような雹が降り始め、世界各地で異常気象が起きる。

息子サム(ジェイク・ギレンホール)の成績が落ちたことを気にするジャックだったが、サムが、ニューヨークでの高校生学力クイズに出場するため空港に彼を送る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
気候学者のジャック・ホールは、地球温暖化国連会議で、地球温暖化により氷河期が起きる危険性を発表する。
経済的損失を第一に考えるベッカー副大統領に対し、ジャックは緊急対策を要求する。
ジャックの意見に賛同する、スコットランドの海流研究学者ラプソン教授は、ある海域の異常な水温低下を確認する。
その頃、ジャックの息子サムは、高校生学力クイズに出場するために、メンバーのローラとブライアンと共にニューヨークに向かう。
ジャックは、ラプソン教授の観測データから氷河期が起きる可能性が、現実となると考える。
その後、ロサンゼルスでは、風速30mの突風を伴い多数の竜巻が発生、ニューヨークでは豪雨が続く。
副大統領は、ジャックの、気候の激変が起きるという警告を聞き入れずに、北東部の避難勧告を却下する。
やがて、マンハッタン島を巨大な津波が襲い、サム達はニューヨーク公立図書館に避難するのだが・・・。
__________

製作、監督、脚本を手がけるローランド・エメリッヒの意欲作で、彼らしい迫力ある映像とスケールの大きな展開は見応え十分。

暴風雨、竜巻、大津波、街が一気に氷結する凄まじさ、そして、友情や家族愛など・・・、娯楽の要素がふんだんに盛り込まれた、見所の多い作品。

製作費1億2500万ドル、北米興行収入は約1億8700万ドル、全世界で約5億4400万ドルの大ヒットとなった。

地球温暖化というと、徐々に気温が上昇していくことを想像するが、異常気象はともかく、映画の中では、あっという間に氷河期に達してしまうという極端な展開が、いかにもエンターテインメント作品らしい。

人類の傲慢さへの警鐘を描きたいことは分かるのだが、悪く言えば”荒唐無稽”で、作品を観終わった後は、アミューズメント・パークで楽しんだ後のような、満足感があるだけという感じもする。

息子との約束を果たすため、途中から徒歩ででも目的地マンハッタンに向かおうとする、冒険家に近い逞しさがあるデニス・クエイドの熱演は見もので、渋みを増した演技が最近では評価を受けている。

父親譲りの正義感と、高校生らしい無邪気な側面がなかなかいい主人公の息子ジェイク・ギレンホール、いち早く主人公の説に同調する科学者イアン・ホルム、この年は、「オペラ座の怪人」(2004)のヒロインとして、一気に活躍が目立つようになる、まだ17歳のエミー・ロッサム、主人公の妻で、夫や息子を気遣う医師セーラ・ウォードNASAの科学者タムリン・トミタ、主人公の同僚ジェイ・O・サンダースダッシュ・ミホク、サム(J・ギレンホール)のライバルだが、やがて親友になるオースティン・ニコルズ、親友アージェイ・スミスNOAA長官ネスター・セラーノ、副大統領ケネス・ウェルシュ、大統領ペリー・キングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020