4237 Movies

ナイロビの蜂 The Constant Gardener (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2001年に発表された、ジョン・ル・カレの小説”The Constant Gardner”(原題)を基に製作された作品。
庭いじりが趣味の温和な外交官が、慈善活動家である妻の突然の死をきっかけにその真相を突き止め正義のために権力と戦う姿を描く、監督フェルナンド・メイレレス、主演レイフ・ファインズレイチェル・ワイズダニー・ヒューストンピート・ポスルスウェイトビル・ナイ共演のサスペンス・ミステリー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

レイフ・ファインズ / Ralph Fiennes / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フェルナンド・メイレレス
製作:サイモン・チャニング・ウィリアムス
原作:ジョン・ル・カレ
脚本:ジェフリー・ケイン
撮影:シーザー・シャローン
編集:クレア・シンプソン
音楽:アルベルト・イグレシアス

出演
レイフ・ファインズ:ジャスティン・クエイル
レイチェル・ワイズ:テッサ・クエイル
ダニー・ヒューストン:サンディ・ウッドロウ
ユベール・クンデ:アーノルド・ブルーム
ピート・ポスルスウェイト:ロービア
ビル・ナイ:サー・バーバード・ペレグリン
ドナルド・サンプター:ティム・ドナヒュー
リチャード・マッケイブ:アーサー・ハモンド

イギリス/ドイツ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2005年製作 128分
公開
イギリス:2005年11月11日
ドイツ:2006年1月12日
北米:2005年8月31日
日本:2006年5月13日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $33,565,380
世界 $82,466,670


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(レイチェル・ワイズ)
・ノミネート
脚色・編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ケニアナイロビ
イギリスの高等弁務官事務所に勤務するジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)に、ある連絡が入る。

トゥルカナ湖南端で妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が殺害されて遺体が見つかり、同行していた医師のアーノルド・ブルーム(ユベール・クンデ)は行方不明ということだった。

ジャスティンは遺体安置所で、テッサの焼け爛れた遺体を確認する。
__________

ジャスティンは”外交”に関しての講演会で、矢継ぎ早に質問を浴びせたテッサを気に入り、二人はその日のうちに結ばれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ケニアナイロビ
イギリスの高等弁務官事務所に勤務するジャスティン・クエイルは、トゥルカナ湖南端で妻テッサが殺害され、同行していた医師のアーノルドが行方不明だという連絡を受ける。
スラムで医療改善活動をしていたテッサは、あるパーティーで、ケニアの保健相に、医薬品が末端の住民に届かないことを追求して目をつけられていた。
ジャスティンの同僚サンディは、テッサの行過ぎた言動を気にして、警戒するように夫ジャスティンに忠告したいたのだが、その矢先に事件は起きたのだった。
その後、ジャスティンはテッサの死の真相を突き止めようとしてロンドンに飛ぶ。
外務省アフリカ局長の、ペレグリンに会ったジャスティンは、テッサ殺害容疑で指名手配されたアーノルドを捕らえるよう支持される。
しかしジャスティンは、アフリカで人体実験を繰り返していた、結核治療の新薬”ダイプラクサ”についてのレポートの対処を、テッサがペレグリンに無視されていたことを知っていた・・・。
__________

リオデジャネイロスラムストリートチルドレン達の抗争を描いた「シティ・オブ・ゴッド」(2002)で、高い評価を得たフェルナンド・メイレレスが、同じく貧困や病気に喘ぐケニアナイロビの現状を、そこにつけいる権力と利権を絡めてリアルに描いた問題作でもある。

第78回アカデミー賞では、助演女優賞(レイチェル・ワイズ)を受賞し、脚色、編集、作曲賞にもノミネートされた。

いかにも役人らしい雰囲気を漂わせながら、序盤、陽炎のように目立たない人物として登場し、活動的な妻の死に直面して、彼女や犠牲になるアフリカの人々のために立ち上がる男を、レイフ・ファインズは、中盤からは力強く、また、いかにも彼らしく繊細に演じている。

対照的に、彼を圧倒する存在として印象付ける前半で、ほぼ姿を消してしまうレイチェル・ワイズの、強引なまでの信念と策略等、その小悪魔的な魅力も光る。

国家や権力に翻弄される、見かけは厳ついが役人気質丸出しの外交官ダニー・ヒューストン、テッサ(R・ワイズ)と共に活動し同じく犠牲になる医師ユベール・クンデ、権力を握り製薬会社と癒着する黒幕のビル・ナイ、新薬の開発者で、結局はテッサ達の動向を漏らすピート・ポスルスウェイト、主人公達の死を無駄にすることなく、告発して全容を発表するテッサのいとこで弁護士のリチャード・マッケイブなどが共演している。

参考:
地道にキャリアを重ねてきたダニー・ヒューストンは、巨匠ジョン・ヒューストンの息子であり、異母姉はアンジェリカ・ヒューストン、また祖父は名優のウォルター・ヒューストンという、とてつもない芸能一家の一員。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020