4551 Movies

バードケージ The Birdcage (1996)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

パリの舞台でロングランヒットとなり、1978年には”La Cage aux Folles(Mr.レディ Mr.マダム)として映画化された作品のハリウッド版リメイク。
製作、監督マイク・ニコルズロビン・ウィリアムズジーン・ハックマンネイサン・レインダイアン・ウィーストダン・ファターマンキャリスタ・フロックハートハンク・アザリアクリスティーン・バランスキー他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:マイク・ニコルズ
製作総指揮
ニール・A・マクリス
マルチェロ・ダノン
製作:マイク・ニコルズ
原作戯曲:ジャン・ポワレ
脚本:エレイン・メイ
オリジナル脚本
フランシス・ヴェベール
エドゥアール・モリナロ
マルチェロ・ダノ

ジャン・ポワレ
撮影:エマニュエル・ルベツキ
編集:アーサー・シュミット
美術・装置
ボー・ウェルチ

シェリル・キャラシク
音楽:スティーヴン・ソンドハイム

出演
ロビン・ウィリアムズ:アーマンド・ゴールドマン
ジーン・ハックマン:ケヴィン・キーリー上院議員
ネイサン・レイン:アルバート・ゴールドマン
ダイアン・ウィースト:ルイーズ・キーリー
ダン・ファターマン:ヴァル・ゴールドマン
キャリスタ・フロックハート:バーバラ・キーリー
ハンク・アザリア:アガドール
クリスティーン・バランスキー:キャサリン・アーチャー
トム・マッゴーワン:ハリー・ラドマン
グラント・ヘスロフ:カメラマン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1996年製作 118分
公開
北米:1996年3月8日
日本:1996年12月14日
北米興行収入 $124,060,550
世界 $185,260,550


アカデミー賞 ■
第69回アカデミー賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フロリダ
ショー・クラブ“バードゲージ”のオーナー兼演出家で、ゲイのアーマンド・ゴールドマン(ロビン・ウィリアムズ)は、店のトップ・スターで”妻”のアルバート(ネイサン・レイン)と暮していた。

ある日、大学生の息子ヴァル(ダン・ファターマン)が、下級生バーバラ・キーリー(キャリスタ・フロックハート)と結婚すると言い出す。

アーマンドは、まだ20歳の息子の婚約を心配しつつも、祝福する。

一方、バーバラの父キーリー上院議員(ジーン・ハックマン)は、共和党の保守派で知られ、道徳強化協議会を設立した人物であり、当然、娘の結婚に反対する。

バーバラは両親に、ヴァルの父はギリシャの芸術振興会役員で外交官だと偽ってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
フロリダでゲイ・クラブを経営する、自身もゲイのアーマンド・ゴールドマンは、クラブのスターである、アルバートと暮していた。
そんなアーマンドは、息子ヴァルが結婚することを知らされ、彼の若さに戸惑うものの、一応は祝福する。
一方、ヴァルの婚約者バーバラは、保守派の上院議員の父キーリーに結婚を反対される。
しかし、キーリーは、思わぬスキャンダルで窮地に立たされ、妻ルイーズの助言で、バーバラの結婚でイメージアップを狙い名誉挽回を考える。
キーリー一家が会いに来ることになったことで、アーマンドは、ギリシャの外交官に扮することになり、アルバートの扱いや部屋の模様替えで、パニック状態になってしまう・・・。
__________

芸達者な俳優陣に加えて、絢爛豪華なショーの素晴らしさや気の利いたジョーク、軽快でテンポの良いマイク・ニコルズの演出は冴え、どぎつい内容にも拘らず、なんとなく心が柔らか~くなるような、心地よい気分に浸れる大爆笑コメディ。

北米興行収入は約1億2400万ドル、全世界では約1億8500万ドルのヒットとなった。

第69回アカデミー賞では、美術賞にノミネートされた。

主演のロビン・ウィリアムズネイサン・レインの、演技とは思えない、見事なデコボコ”ゲイ夫婦”の演技は絶品。

特に、ロビン・ウィリアムズネイサン・レインを男らしくするために特訓し、ジョン・ウェインの歩き方を真似させるシーンは最高だ!!

ジョン・ウェインは、X脚でよたよた歩くのが特徴なので、ロビン・ウィリアムズが言うように、一応似てはいる??。

とにかく、男の目から見ても、ネイサン・レインのゲイ役は実に”可愛らしく”見える。

堅物のはずの上院議員ジーン・ハックマンと妻役のダイアン・ウィースト夫妻が、ゲイに扮装してクラブから脱出するシーンは、その異様さに驚かされる。

ジーン・ハックマンの女装のグロテスクさは、その巨体からして凄まじい迫力だ。

”執事”に扮するハンク・アザリアをはじめとして、”We Are Family”のテーマ曲にのって歌い踊る、クラブ・ショーの出演者の、屈託ない生き生きした姿は楽しくてたまらない!!

トラブルの原因になってしまう、純粋に結婚を望む若者カップル、ダン・ファターマンキャリスタ・フロックハート(現ハリソン・フォード夫人)、主人公の別れた妻クリスティーン・バランスキー、タブロイド誌の記者役トム・マッゴーワン、カメラマンのグラント・ヘスロフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021