4238 Movies

裸足の伯爵夫人 The Barefoot Contessa (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

製作、監督、脚本を兼ねるジョセフ・L・マンキーウィッツが主宰する独立プロ”フィガロ”初のカラー作品。
美貌と才能を見出された、マドリードの踊り子の女性が、彼女の慕う映画監督に見守られながら、権力や財力に毒されることなく、イタリアの伯爵と運命的な出会いを果たし、悲しい現実の中で命を落すまでを描いた、主演ハンフリー・ボガートエヴァ・ガードナーロッサノ・ブラッツィエドモンド・オブライエン共演のドラマ。


ドラマ

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest
エヴァ・ガードナー / Ava Gardner / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
製作:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
脚本:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
撮影:ジャック・カーディフ
編集:ウィリアム・ホーンベック
音楽:マリオ・ナシンベーネ

出演
ハンフリー・ボガート:ハリー・ドーズ
エヴァ・ガードナー:マリア・ヴァルガス・トルラート=ファブリーニ
ロッサノ・ブラッツィ:ヴィンチェンツォ・トルラート=ファブリーニ伯爵
エドモンド・オブライエン:オスカー・マルドゥーン
ウォーレン・スティーヴンス:カーク・エドワーズ
マリウス・ゴーリング:アルベェルト・ブラヴァーノ
ヴァレンティナ・コルテーゼ:エレオノーラ・トルラート=ファブリーニ
エリザベス・セラーズ:ジェリー

アメリカ/イタリア 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1954年製作 130分
公開
北米:1954年9月29日
イタリア:1954年12月30日
日本:1954年11月1日


アカデミー賞 ■
第27回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(エドモンド・オブライエン)
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イタリアのラパロ。
一世を風靡した映画女優、そして伯爵夫人であるマリア・ヴァルガス・トルラート=ファブリーニ(エヴァ・ガードナー)の葬儀が執り行われていた。

参列した映画監督兼脚本家のハリー・ドーズハンフリー・ボガート)は、回想する。
__________

3年前。
映画製作に乗り出した実業家カーク・エドワーズ(ウォーレン・スティーヴンス)と、宣伝担当のオスカー・マルドゥーン(エドモンド・オブライエン)と共に、ハリーは女優捜しのためマドリードを訪れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
マドリード
新人女優を発掘しようとしていた映画監督兼脚本家ハリー・ドーズは、地元で評判の美貌の踊り子マリアに目を付ける。
プロデューサーのエドワードの指示に従い、言葉巧みにマリアを誘ったハリーは、宣伝担当のオスカーらと共に彼女をアメリカに連れて行く。
その後、ハリーはマリアを売り込み、彼女の出演作は公開前から評判となり、そして大成功を収める。
やがて、ハリーとコンビを組んだマリアは、次々とヒット作に出演し、彼女は大スターとなる。
そして、物質的なものだけでは満たされない気持ちの彼女の前に、理想の人ファブリーニ伯爵が姿を現すのだが・・・。
__________

ジョセフ・L・マンキーウィッツ製作、監督、脚本による意欲作であるが、エヴァ・ガードナー演ずるヒロインのマリアが、やや独りよがりなところが原因で進む展開などが、悲劇的に描かれ過ぎているような感じを受ける。

第27回アカデミー賞では、助演男優(エドモンド・オブライエン)を受賞し、脚色賞にノミネートされた。

主題曲の「裸足のボレロ」は、当時日本でも大ヒットした。

アフリカの女王」(1951)でオスカーを獲得した絶頂期のハンフリー・ボガートは、面倒見のいいヒロインの”後見人”として、落ち着き払った貫禄の演技で存在感を見せる。

ヒロインのエヴァ・ガードナーの、妖艶な美しさは信じ難いほどだ。

ヴァレンティナ・コルテーゼエリザベス・セラーズという、こちらも美しい女優の出演の中で、映画史上に残る美貌は一際輝いている。

私が、エヴァ・ガードナーを劇場で初めて見たのは、なんと1974年の「大地震」であり、彼女の全盛期をスクリーンで見られた方々は本当に羨ましい。

本作でオスカーを獲得したエドモンド・オブライエンの強かな宣伝マン役、ロッサノ・ブラッツィの、品格と正義感ある伯爵役の好演も印象に残る。

ウォール街の大物であり、映画製作に乗り出すウォーレン・スティーヴンス南米の大富豪マリウス・ゴーリングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020