4478 Movies

ターミネーター4 Terminator Salvation (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ターミネーター誕生の秘密と、抵抗組織のリーダーの活躍を描く、核戦争後のスカイネットに支配される時代から、前3作を未来から見定めることのできるストーリーのSFアクション大作。
監督McG、主演クリスチャン・ベールサム・ワーシントンアントン・イェルチンブライス・ダラス・ハワードヘレナ・ボナム=カーターアーノルド・シュワルツェネッガーリンダ・ハミルトン共演。


アクション/アドベンチャー

アーノルド・シュワルツェネッガー / Arnold Schwarzenegger 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:McG
製作総指揮
ダン・リン

マリオ・カザール
アンドリュー・G・ヴァイナ
ジョエル・B・マイケルズ
製作:モリッツ・ボーマン
脚本
ジョン・D・ブランケート

マイケル・フェリス
ジョナサン・ノーラン
アンソニー・E・ズイカー
撮影:シェーン・ハールバット
編集:コンラッド・バフ
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ジョン・コナー:クリスチャン・ベール

マーカス・ライト:サム・ワーシントン
カイル・リース:アントン・イェルチン
ケイト・コナー:ブライス・ダラス・ハワード
ブレア・ウィリアムズ:ムーン・ブラッドグッド
バーンズ:コモン
セレーナ・コーガン:ヘレナ・ボナム=カーター
アシュダウン:マイケル・アイアンサイド
ヴァージニア:ジェーン・アレキサンダー
スター:ジェイダグレイス
T-800:ローランド・キッキンガー/アーノルド・シュワルツェネッガー(CG)
サラ・コナー:リンダ・ハミルトン(テープの声)

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
2009年製作 115分
公開
北米:2009年5月21日
日本:2009年6月13日
製作費 $200,000,000
北米興行収入 $125,322,470
世界 $372,046,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2003年、ロングヴェー刑務所。
”サイバーダイン・システム”の科学者セレーナ・コーガン博士(ヘレナ・ボナム=カーター)は、死刑囚マーカス・ライト(サム・ワーシントン)に死刑執行後の献体を迫る。

それに同意したマーカスは、コーガンに見守られながら処刑される。

1年後。
高性能コンピューター”スカイネット”が作動を始め人類を敵とみなし核攻撃を開始し、やがて”審判の日”を迎え人類はほぼ全滅する。

そして、マシーンと人類の戦いは始まり、”スカイネット”は、”ターミネーター”を作り生存する人類を滅ぼそうとする。

しかし、そこに一人の救世主が現れる。

2018年。
”審判の日”を生き延び、抵抗軍のリーダーとなっていたジョン・コナー(クリスチャン・ベール)は、スカイネットの基地を攻撃する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ターミネーター」(1984)
・「ターミネーター2」(1991)
・「ターミネーター3」(2003)
・「ターミネーター4」(2009)
・「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(2015)

*(簡略ストー リー)
2018年。
高性能コンピューター”スカイネット”が、ほとんどの人類を滅ぼした”審判の日”を生き延びた、抵抗軍のリーダーとなったジョン・コナーは、スカイネットの戦いを繰り広げていた。
ジョンは、抵抗軍が予定する、スカイネットの”暗殺リスト”の実行を阻止する計画で、リストの2番目に自分が、そして、1番目が”カイル・リース”だということを知る。
母親サラ・コナーの残したテープで、カイルが自分の父親だと知っていたジョンは、世界中の抵抗軍と生存者にメッセージを配信する。
15年前、刑執行後の献体に同意して処刑された死刑囚マーカスは、スカイネットの基地を脱出してロサンゼルスに向かう。
マーカスは、荒廃したロサンゼルスに到着して、少年カイル・リースと出会う。
そしてマーカスは、ジョンのメッセージを聞き、彼を捜そうとするのだが・・・。
____________

人気シリーズの第4作というよりも、新たなシリーズの始まりと言っていい作品。

25年前にわずか640万ドルの低予算で製作された作品が、2億ドルをかけるまでになったその最先端の映像技術と、劇場でしか味わえない、とてつもない迫力のサラウンド音響を堪能できる作品でもある。

最大の話題は、カリフォルニア州知事に就任し、俳優を休止中の前3作の主演である、シリーズの顔アーノルド・シュワルツェネッガーが出演しないことで、主人公は抵抗軍のリーダーであるジョン・コナーとなっている。

故に、前記したように、邦題の”T4”という、連続シリーズとして観るのではなく、新たに始まる物語と考えた方がいい。

シュワルツェネッガーの代わりに登場する、主人公を熱演する、ニュー・バットマンでもある人気スターのクリスチャン・ベールを起用するものの、やはり”主役”が登場しなかったせいか、北米、世界を含めた興行成績は爆発的なヒットとは言えず、期待を下回る結果になってしまった。

北米興行収入 $125,322,470
世界 $372,046,060

ドラマの中でサラ・コナー(リンダ・ハミルトン/声)が息子ジョン(C・ベール)に語り継ぐように、時代が前後するストーリーと、辻褄が合わないような展開でもあり、初めて”ターミネーター”に接する人には、全く意味不明な作品に思えるかもしれない。

しかし、CGで再生されたT-800シュワルツェネッガーが、”T1”の容姿でお馴染みのテーマ曲で登場するシーンや、”T2”の冒頭のジョン・コナーの顔の傷が、どうやってつけられるかなどが解明される場面は、ファンにとっては実にうれしい演出だ。

無意識の内に組み込まれた指令で、ジョン・コナーを陥れてしまう、サイボーグ化された死刑囚サム・ワーシントン、本作のキーマンで、ジョンの父親になることが運命付けられている少年カイル役のアントン・イェルチン、ジョンの妻ブライス・ダラス・ハワード、抵抗軍の戦闘機パイロットムーン・ブラッドグッド、ジョンの部下のコモン、”サイバーダイン”の科学者ヘレナ・ボナム=カーター、抵抗軍の司令官役マイケル・アイアンサイド、カイルに協力する少女ジェイダグレイス、生存者のジェーン・アレキサンダーT-800役のローランド・キッキンガー、そしてサラ・コナーの声のみでリンダ・ハミルトンも登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021