4373 Movies

ターミネーター3 Terminator 3: Rise of the Machines (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ターミネーター」(1984)の続編「ターミネーター2」(1991)から12年ぶりに復活したシリーズ第3作。
主演アーノルド・シュワルツェネッガーニック・スタールクレア・デインズクリスタナ・ローケンデビッド・アンドリュースアール・ボーエン共演、監督ジョナサン・モストウ


アクション/アドベンチャー

アーノルド・シュワルツェネッガー / Arnold Schwarzenegger 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョナサン・モストウ
製作総指揮
モリッツ・ボーマン

ガイ・イースト
ナイジェル・シンクレア
ゲイル・アン・ハード
製作:マリオ・カサール
脚本
ジョン・ブランカート

マイケル・フェリス
撮影:ドン・バージェス
編集
ニール・トラビス

ニコラス・デ・トス
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
T-850:アーノルド・シュワルツェネッガー

ジョン・コナー:ニック・スタール
ケイト・ブリュースター:クレア・デインズ
T-X:クリスタナ・ローケン
ロバート・ブリュースター将軍:デビッド・アンドリュース
ピーター・シルバーマン医師:アール・ボーエン
スコット・ピーターソン:マーク・フォミグリエッティ

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(アメリカ)
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
2003年製作 108分
公開
北米:2003年7月2日
日本:2003年7月12日
製作費 $200,000,000
北米興行収入 $150,350,190
世界 $433,371,110


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
コンピューター管理システム”スカイネット”の、人類を滅ぼす計画を阻止してから10年、23歳になったジョン・コナー(ニック・スタール)は、来たるべく未来に不安を感じながら放浪生活を送っていた。

2004年7月24日、ビバリーヒルズ
しかし、ターミネーター”T-X”(クリスタナ・ローケン)が、再び未来から送られ、標的をリスト通りに抹殺しようとする。

その一人、ケイト・ブリュースター(クレア・デインズ)の父親で、無人防衛システムの”スカイネット計画”の開発責任者ロバート・ブリュースター中将(デビッド・アンドリュース)は、そのシステムが未完成のため、人間が支配しなければならないと考えていた。

その後、抵抗軍から派遣されたT-850(アーノルド・シュワルツェネッガー)も現れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ターミネーター」(1984)
・「ターミネーター2」(1991)
・「ターミネーター3」(2003)
・「ターミネーター4」(2009)
・「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(2015)

*(簡略ストー リー)
”審判の日”を阻止した日から10年、青年に成長したジョン・コナーは、自分の運命を知る苦しみを味わいながら、放浪生活を送っていた。
そこに、その後の抵抗軍の指導者ジョンの、部下になる者達を抹殺するため、”ターミネーター”の最新型T-Xが、再び未来から送り込まれる。
その後、抵抗軍から派遣された、ターミネーターT-850は、ジョンと、その後、彼の妻で戦士となる、ケイト・ブリュースターの命を、T-Xからを守ろうとする。
圧倒的な破壊力のT-Xの攻撃に、劣勢を強いられながらも、ジョンとケイトを守るT-850だった。
しかし、無人防衛システム”スカイネット”の開発責任者で、ケイトの父であるブリュースターが、ついにそれを起動させてしまう・・・。
__________

ターミネーター2」(1991)で、物語は完結したと考えるジェームズ・キャメロンは、さらなる続編を望まず製作にタッチしなかったため、前2作とは、かなり作風イメージが変わってしまっている。

前作の2倍、2億ドルの製作費をかけた超大作で、派手なアクションはあるものの、全作のような斬新なアイデアや革新的な技術が見られなかったような気はする。

しかし、シリーズの根強い人気を証明している、北米興行収入は約1億5000万ドル、全世界では約4億3300万ドルの大ヒットとなった。

細かい部分のCG技術などはかなり進歩をしているように見えるものの、登場人物などを含め、前作に比べ、かなりスケールダウンしてしまったようにも感じる。

前作では気の利いていたギャグも、今回はやり過ぎというシーンも多く、興醒めしてしまうこともしばしばだ。

主演のアーノルド・シュワルツェネッガーは、50代の半を過ぎ、12年のブランクがあったにも拘らず、前作と変わらない体型と容姿で登場して、野暮ったいギャグを飛ばしながら、相変わらず大奮闘を見せて暴れ回る。

賛否両論だが、抵抗軍の指揮官になる人物にしては、やや冴えないニック・スタール、その未来の妻クレア・デインズ、最強のターミネーター、クリスタナ・ローケン、”スカイネット”破壊の鍵を握る将軍のデビッド・アンドリュース、シリーズの3作で登場するシルバーマン医師役のアール・ボーエン、ケイト(C・デンズ)の婚約者マーク・フォミグリエッティなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021