4213 Movies

テイカーズ Takers (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

プロの強盗団とそれを追う刑事の活躍を描く、マット・ディロンポール・ウォーカー他多彩なキャスティング、監督ジョン・ラッセンホップによるクライム・サスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ラッセンホップ
製作総指揮
モリス・チェスナット

ガブリエル・カッセウス
グレン・ゲイナー
クリス・ブラウン
製作
クリフォード“T.I.”ハリス

ウィリアム・パッカー
原作
ガブリエル・カッセウス

ピーター・アレン
ジョン・ロジャース
脚本
ガブリエル・カッセウス

ジョン・ラッセンホップ
エイバリー・ダフ
ピーター・アレン
撮影:マイケル・バレット
編集:アルメン・ミナジャン
音楽:ポール・ハスリンガー

出演
ジャック・ウェルズ:マット・ディロン

ジョン・ラーウェイ:ポール・ウォーカー
ゴードン・トーマス”G”コジエー:イドリス・エルバ
エディ”ハッチ”ハッチャー:ジェイ・ヘルナンデス
ジェイク・アッティカ:マイケル・イーリー
A.J.:ヘイデン・クリステンセン
デロンテ”ゴースト”リヴァース:クリフォード“T.I.”ハリス
ナオミ・コジエー:マリアンヌ・ジャン=バプティスト
セルゲイ:ギデオン・エメリー
ジェシー・アッティカ:クリス・ブラウン
カーヴァー警部補:スティーヴ・ハリス
スコット:ジョナサン・シェック
リリー:ゾーイ・サルダナ
サンデイ・ウェルズ:アイサ・ブライオネス

アメリカ 映画
配給 スクリーン・ジェムズ

2010年製作 107分
公開
北米:2010年8月27日
日本:2011年11月19日
製作費 $32,000,000
北米興行収入 $57,744,720
世界 $69,055,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
市警の刑事ジャック・ウェルズ(マット・ディロン)と相棒のエディ”ハッチ”ハッチャー(ジェイ・ヘルナンデス)は、麻薬取引の連絡を受けて現場に向う。

現場に押し入ったウェルズとハッチャーだったが、その場にいた売人の一人を取り逃がしてしまう。

銀行を襲った5人組、ゴードン・トーマス”G”コジエー(イドリス・エルバ)、ジョン・ラーウェイ(ポール・ウォーカー)、A.J.(ヘイデン・クリステンセン)、兄弟のジェイク・アッティカ(マイケル・イーリー)、ジェス(クリス・ブラウン)は、手際よく仕事を済ませる。

警察は駆けつけるが、屋上に着陸したテレビ局のヘリコプターを奪い、5人は難なく逃亡する。

5人の仲間デロンテ”ゴースト”リヴァース(クリフォード“T.I.”ハリス)は、服役を終えて出所する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
ゴードン、ジョンら5人組のプロの強盗団は、銀行を襲う。
1年に1度の犯行で大金を奪い、優雅に暮す彼らだったが、服役していた仲間のゴーストが、今まで以上の金額が奪える情報を持って現われる。
1年は空ける原則を破り、ゴードンは、計画実行を決意して準備に入る。
一方、市警の刑事ジャック・ウェルズと相棒のハッチャーは、銀行強盗で使われたC-4(爆弾)にポイントを絞り捜査を始める。
手入れをしたロシア人のアジトで、ゴーストが彼らと関係していることを知ったウェルズは、その線を調べて、ゴードンとの関りに気づくのだが・・・。
__________

強盗をビジネスと考えながらも、スポーツかゲームのように手際よく実行していく一団のライフフタイルが、実にスタイリッシュに描かれているところは興味深い。

しかし、リアリズムを追求する作品ではないにしても、一団の”定期的”な犯行など、どう見ても簡単に足がつきそうに思えるシーンや、ご都合主義的な展開に、期待を裏切られた感じもする。

宣伝文句の、”全米No1作品”というのも出だしだけで、結局は、北米興行収入は約5800万ドル留まり、全世界でも約6900万ドルと、とてもヒットした作品とは言えない。

多彩ではあるが、人間味のあるベテラン刑事を熱演したマット・ディロンと、見栄えのする豪傑タイプながら、姉への優しさなども見せて好演する強盗団のリーダー格イドリス・エルバ以外は、各個性もやや空振り気味だ。

強盗団一味で、彼にしてはインパクトに欠けるポール・ウォーカー、主人公の相棒刑事ジェイ・ヘルナンデス、強盗団のマイケル・イーリー、その弟クリス・ブラウン、決めているように見えて、今一冴えないヘイデン・クリステンセン、仲間を利用するクリフォード“T.I.”ハリス、ゴードン(I・エルバ)の姉マリアンヌ・ジャン=バプティストロシアン・マフィアギデオン・エメリー、内務捜査官スティーヴ・ハリス、一団に資金洗浄を依頼されるジョナサン・シェック、ジェイク(M・イーリー)の恋人ゾーイ・サルダナ、主人公の娘アイサ・ブライオネスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020