4451 Movies

スティーブ・ジョブズ Steve Jobs (2015)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2011年に発表された、ウォルター・アイザックソンの伝記”スティーブ・ジョブズ”を基に製作された作品。
Apple”の共同設立者スティーブ・ジョブズによる、”Macintosh 128K”(1984)、”NeXTcube”(1988)、”iMac”(1998)発表前の舞台裏と家族や周囲の人々との関係を描く、製作、監督ダニー・ボイル、主演マイケル・ファスベンダーケイト・ウィンスレットセス・ローゲンジェフ・ダニエルズ他共演のドラマ。


ドラマ

マイケル・ファスベンダー / Michael Fassbender / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ダニー・ボイル

製作
マーク・ゴードン
ガイモン・キャサディ
スコット・ルーディン
ダニー・ボイル
クリスチャン・コルソン
原作:ウォルター・アイザックソンスティーブ・ジョブズ
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:アルウィン・H・カックラー
編集:エリオット・グレアム
音楽:ダニエル・ペンバートン

出演
スティーブ・ジョブズマイケル・ファスベンダー
ジョアンナ・ホフマンケイト・ウィンスレット
スティーブ・ウォズニアックセス・ローゲン
ジョン・スカリージェフ・ダニエルズ
アンディ・ハーツフェルドマイケル・スタールバーグ
クリスアン・ブレナンキャサリン・ウォーターストン
リサ・ブレナン=ジョブズ:(19歳):パーラ・ヘイニー=ジャーディン
リサ・ブレナン=ジョブズ(9歳):リプリー・ソーボ
リサ・ブレナン=ジョブズ(5歳):マケンジー・モス
アンドレア”アンディ”カニンガムサラ・スヌーク
アビー・テバニアン:アダム・シャピロ
ジョエル・フォーサイマー:ジョン・オーティス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 122分
公開
北米:2015年10月9日
日本:2016年2月12日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $17,766,660
世界 $34,441,870


アカデミー賞
第88回アカデミー賞

・ノミネート
主演男優賞(マイケル・ファスベンダー
助演女優賞(ケイト・ウィンスレット


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1984年1月24日、カリフォルニア州、クパチーノフリント・センター
Apple”の共同設立者スティーブ・ジョブズマイケル・ファスベンダー)は、”Macintosh 128K”の発表を前にして、プログラマーのアンディ・ハーツフェルドマイケル・スタールバーグ)と”Hello”と話すはずのマシンが何も言わない理由を考える。

直せとジョブズに言われたハーツフェルドは無理だと答え、マーケティング担当のジョアンナ・ホフマンケイト・ウィンスレット)は、”GQ”の記者ジョエル・フォーサイマー(ジョン・オーティス)が来ているので声を小さくするようにと二人に伝える。

大絶賛された”スーパーボウル”のCMでは”Hello”のことは知らせていないと言うジョアンナは、それをカットするよう提案するが、ジョブズは納得しない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1984年、”Apple”の共同設立者スティーブ・ジョブズは、”Macintosh 128K”の発表を前に、娘リサを連れて現れた元パートナーのクリスアンから、娘を認知しないことで責められ援助を迫られ、ジョブズは仕方なく援助には応ずる。
そんな中、マーケティング担当のジョアンナ・ホフマン、共同設立者スティーブ・ウォズニアックCEOジョン・スカリー、プログラマーのアンディ・ハーツフェルドらは、革新的発想で未来を見るジョブズの考えに翻弄され続ける・・・。
__________

世界の人々の日常生活に変革をもたらした、”Apple”の共同設立者スティーブ・ジョブズの、完璧なまでの人生観を深く掘り下げて描いた人間ドラマ。

ダニー・ボイルらしい、躍動感のある場面展開と役者の力強い演技は見応え十分で、周知の事実は端的に伝える小気味よい演出も光る作品。

本作は、人類史上に残るカリスマ経営者と言えるスティーブ・ジョブズの、栄光と挫折の半生を描く物語ではない。
スティーブ・ジョブズの人生の大きな分岐点とも言える、”Macintosh 128K”(1984)、”NeXTcube”(1988)、”iMac”(1998)発表前の舞台裏と家族との関係、苦楽を共にした周囲の人々との関りがドラマチックに描かれている。

三番目のエピソードとなる”iMac”(1998)のプレゼンでは、前二つとは異なり、その後に続く更なる偉大な革命を予感させる脚色として、事実とは違い、スティーブ・ジョブズを”iPod”のプレゼンのスタイル、黒いタートルネックとジーンズで登場させているところなどに注目したい。

第88回アカデミー賞では、主演男優賞(マイケル・ファスベンダー)と助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)にノミネートされた。

近代テクノロジーの常識を変えた革命児スティーブ・ジョブズを熱演するマイケル・ファスベンダーと、彼に勝るとも劣らない演技で、主人公を支えるマーケティング担当者ジョアンナ・ホフマンを好演するケイト・ウィンスレットの演技のぶつかり合いは、舞台劇を見ているような迫力がある。

Apple”の共同設立者スティーブ・ウォズニアックセス・ローゲン、”AppleCEOジョン・スカリージェフ・ダニエルズ、プログラマーのアンディ・ハーツフェルドマイケル・スタールバーグスティーブ・ジョブズの元パートナーであるクリスアン・ブレナンキャサリン・ウォーターストン、彼女の娘リサ・ブレナン=ジョブズ(19歳)のパーラ・ヘイニー=ジャーディン、(9歳)リプリー・ソーボ、(5歳)マケンジー・モス、マネージャーのアンドレア”アンディ”カニンガムサラ・スヌーク、ソフトウェア・エンジニアのアビー・テバニアン役アダム・シャピロ、GQの記者ジョン・オーティスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021