4350 Movies

スモーク Smoke (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1990年に発表された、ポール・オースターの短編小説”Auggie Wren’s Christmas Story”を基に製作された作品。
ニューヨークブルックリンのタバコ店に集う人々の日常を描く、監督ウェイン・ワン、主演ハーヴェイ・カイテルウィリアム・ハートハロルド・ペリノーJr.ストッカード・チャニングフォレスト・ウィテカーアシュレイ・ジャッド他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ウェイン・ワン
製作
ピーター・ニューマン
グレッグ・ジョンソン
黒岩久美

堀越謙三
製作総指揮
ボブ・ワインスタイン

ハーヴェイ・ワインスタイン
井関惺
脚本:ポール・オースター”Auggie Wren’s Christmas Story”
撮影:アダム・ホレンダー

編集
メイジー・ホイ
クリストファー・テレフセン

音楽:レイチェル・ポートマン

出演
オーガスタス”オーギー”レン:ハーヴェイ・カイテル

ポール・ベンジャミン:ウィリアム・ハート
トーマス・ジェファーソン”ラシード”コール:ハロルド・ペリノーJr.
ルビー・マクナット:ストッカード・チャニング
サイラス・コール:フォレスト・ウィテカー
ジミー・ローズ:ジャレッド・ハリス
フェリシティ:アシュレイ・ジャッド
ドリーン・コール:エリカ・ギンペル
ヴィニー:ヴィクター・アルゴ
エマ:ミシェル・ハースト
チャールズ・クリム:マリク・ヨバ
エイプリル・リー:メアリー・B・ウォード
トミー:ジャンカルロ・エスポジート

ジェリー:ホセ・ズニーガ
デニス:スティーヴン・ジェヴェドン

アメリカ 映画
配給 ミラマックス
1995年製作 112分
公開
北米:1995年6月9日
日本:1995年10月7日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $8,349,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1990年、夏、ニューヨークブルックリン
オーガスタス”オーギー”レン(ハーヴェイ・カイテル)が任されているタバコ店には、トミー(ジャンカルロ・エスポジート)、ジェリー(ホセ・ズニーガ)、デニス(スティーヴン・ジェヴェドン)らがいつもたむろしていた。

常連客の一人で、付近のアパートに住む作家のポール・ベンジャミン(ウィリアム・ハート)は、数年前の銀行強盗の際に、妊娠中の妻が流れ弾に当たって死亡して以来、立ち直れないままでいた。

オーギーの店でタバコを買ったポールは、考え事をしながら道を渡ろうとしてトラックに轢かれそうになり、少年”ラシード”コール(ハロルド・ペリノーJr.)に助けられる。

1.ポール

礼をさせてくれと言うポールは、ラシードがレモネードを飲みたいと言うのでカフェに向い、アパートに泊まることを提案する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1990年、夏、ニューヨークブルックリン
タバコ店を任されているオーガスタス”オーギー”レンは、毎日欠かさず街角を写真で撮るのが趣味だった。
常連客の作家であるポールは、数年前の銀行強盗の際、妻が流れ弾に当たって死亡したため立ち直れずにいた。
そんなポールは、考え事をしながら道路を渡ろうとして轢かれそうになり、少年ラシードに助けられる。
ラシードに礼をしたいポールは、彼をアパートに泊めてやるのだが・・・。
__________

原作者ポール・オースターが脚本も担当し、彼との共同作品が多い盟友ウェイン・ワンの監督作品で、4か月後に公開される「ブルー・イン・ザ・フェイス」(1995)は姉妹作であり、二人の共同監督、脚本による作品である。

原作”Auggie Wren’s Christmas Story”とドラマの中の小説家が依頼されて書き始める短編小説が同じであることから、そのモデルはポール・オースターで、彼のペンネームは小説家と同じ”ポール・ベンジャミン”。
彼の短編を読んだウェイン・ワンが、ブルックリン在住の彼の元に向い映画化を勧めたと言われている。

辛い過去や、犯罪に巻き込まれ家族関係に悩む、当事者の切実な問題など重苦しい部分もあるドラマなのだが、タバコ店に集う彼らが、現実を見据えて対処ししていく様がシンプルに描かれている。

人生を楽しむために必要な人の考えには嘘もあり、それを理解し合えることも友情につながるという、クライマックスの深みのある演出と脚本も素晴らしい。

第45回ベルリン国際映画祭審査員特別賞受賞(銀熊賞)作品。

一級の脚本と演出に応える、主人公を演ずる実力派ハーヴェイ・カイテルと、その友人である作家ウィリアム・ハートの繊細な演技は秀逸で、無言のまま表情だけで気持ちを伝える場面など、彼らの職人芸を堪能できる。

豪華キャストも注目で、撮影当時既に30歳を超えていたとは思えない初々しさを感じる、犯罪に巻き込まれながら父親を捜すために家を出た少年を好演するハロルド・ペリノーJr.、その父親役で、彼とは実際には2歳しか違わないフォレスト・ウィテカー、その妻エリカ・ギンペル、主人公の元恋人ストッカード・チャニング、その娘でジャンキーのアシュレイ・ジャッド、タバコ店の店員ジャレッド・ハリス、タバコ店のオーナー、ヴィクター・アルゴ、少年のおばミシェル・ハースト、少年から現金を奪われた悪党のマリク・ヨバ、書店の店員メアリー・B・ウォード、タバコ店の客ジャンカルロ・エスポジートホセ・ズニーガ、スティーヴン・ジェヴェドンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020