4545 Movies

シング・ストリート Sing Street (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1980年代のダブリンを舞台に、ある少女との出会いをきっかけに音楽に目覚める少年の成長を描く、監督、原案、脚本、音楽ジョン・カーニー、主演フェルディア・ウォルシュ=ピーロルーシー・ボイントンジャック・レイナーエイダン・ギレンマリア・ドイル・ケネディ他共演の青春恋愛ドラマ。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カーニー

製作:アンソニー・ブレグマン
原案
ジョン・カーニー
サイモン・カーモディ
脚本:ジョン・カーニー
撮影:ヤーロン・オーバック
編集
アンドリュー・マーカス
ジュリアン・ウルリッチ
音楽
ゲイリー・クラーク
ジョン・カーニー

出演
コナー”コズモ”ロウラー:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
ラフィーナ:ルーシー・ボイントン
ブレンダン・ロウラー:ジャック・レイナー
ロバート・ロウラー:エイダン・ギレン
ペニー・ロウラー:マリア・ドイル・ケネディ
アン・ロウラー:ケリー・ソーントン
ダーレン・マルヴェイ:ベン・キャロラン
エイモン:マーク・マッケンナ
ンギグ:パーシー・チャンブルカ
ラリー:コナー・ハミルトン
ギャリー:カール・ライス
バリー:イアン・ケニー
ブラザー・バクスター:ドン・ウィチャリー
ミス・ダン:リディア・マクギネス

アイルランド/イギリス/アメリカ 映画
配給
ワインスタイン・カンパニー(北米)
Lionsgate Films(イギリス)
2016年製作 106分
公開
イギリス:2016年5月20日
北米:2016年4月15日
アイルランド:2016年3月17日
日本:2016年7月9日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $3,237,120
世界 $13,624,520


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1985年、ダブリン
失業したロバート・ロウラー(エイダン・ギレン)は、妻のペニー(マリア・ドイル・ケネディ)との諍いが絶えず、次男のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は両親の不仲が気になる。

不況のためにロンドンに向かう若者が急増し、大学を中退した長男のブレンダン(ジャック・レイナー)、長女のアン(ケリー・ソーントン)そしてコナーを呼んだロバートとペニーは、家族会議を開く。

家計が厳しいことを話すロバートとアンは、生活費を削るために、コナーをカトリック系の公立高校に転校させることにする。

クリスチャン・ブラザース・スクール”シング・ストリート”に転校したコナーは、荒れた校内に戸惑いながら通い始める。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1985年、ダブリン
失業したロバートは妻ペニーとの諍いが絶えず、家計が苦しくなったことから、次男のコナーを公立のクリスチャン・ブラザース・スクール”シング・ストリート”に転校させる。
登校したコナーは、荒れた校内やバクスター校長からの厳しい指導を受けて戸惑う。
そんなコナーは、学校に通っていない少女ラフィーナに惹かれ、彼女の気を引くために、仲良くなったダーレンと共にバンドを結成してMV/ミュージック・ビデオを作ろうとする。
楽器の名手エイモンらをメンバーに加えて、バンド名を”Sing Street/シング・ストリート”にしたコナーらは、MVの撮影にラフィーナを誘い、彼女に協力してもらう。
両親もいない児童養護施設に住むラフィーナのために詞を書くコナーは、兄ブレンダンの助言を受けながら夢を追うため人生を変えようとするのだが・・・。
__________

ONCE ダブリンの街角で」(2007)、「はじまりのうた」(2013)など、音楽を題材にした作品で世界的な評価を得たジョン・カーニーの原案により、彼が監督、脚本、音楽を務めた青春恋愛映画の秀作。

家庭の事情で公立学校に転校した内気で平凡な少年が、ある少女との出会いをきっかけにして音楽に目覚め、夢を追求して人生を切り開いていく姿を描く感動のドラマ。

幸薄い少女への淡い恋心から彼女の幸せを願うようになったひ弱な少年が精神的に逞しく成長していく過程を、1980年代のアイルランドの世相や音楽と共に描く、ジョン・カーニーの繊細な脚本と演出が光る愛すべき作品。

本作は、ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル・コメディ)にノミネートされた他、批評家及び全世界の映画祭などでも絶賛された。

アイルランドの中流階級の家庭の問題からドラマは始り、兄の音楽嗜好に感化される主人公が、落ちこぼれ気味の兄を尊敬しながら成長していく興味深い展開や、その当時の音楽を知る者にとってはたまらないヒット曲の使い方など、観客の心を捉える素晴らしい仕上がりとなっている。

ひ弱な少年から逞しく成長し、夢を抱きながら旅立つ主人公を好演するフェルディア・ウォルシュ=ピーロ、彼の思いを受け止める幸薄い少女を演ずる、注目のスター、ルーシー・ボイントン、落ちこぼれだと認めながらも主人公を愛し助言する兄を印象的に演ずるジャック・レイナー、主人公の両親エイダン・ギレンマリア・ドイル・ケネディ、バンドメンバーでマネージャー兼カメラマンのベン・キャロラン、ギターのマーク・マッケンナ、キーボードのパーシー・チャンブルカ、ドラムのコナー・ハミルトン、ベースのカール・ライス、主人公をいじめる不良少年ではあるが、終盤ではローディーとしてバンドに加わるイアン・ケニー、校長のドン・ウィチャリー、美術教師のリディア・マクギネスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021