4798 Movies

妖花 Seven Sinners (1940)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

南海の島を渡り歩く酒場の女とアメリカ海軍士官の恋を描く、監督テイ・ガーネット、主演マレーネ・ディートリヒジョン・ウェインアルバート・デッカーブロデリック・クロフォードアンナ・リーミシャ・オウアビリー・ギルバート他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest
ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:テイ・ガーネット

製作:ジョー・パスターナク
原作
ラディスラス・フォドール
ラズロ・ヴァドナイ
脚本
ジョン・ミーハン
ハリー・テュージェンド
撮影:ルドルフ・マテ
編集:テッド・J・ケント
音楽
ハンス・J・サルター
フランク・スキナー

出演
ビジュウ・ブランシュ:マレーネ・ディートリヒ
ダン・ブレント中尉:ジョン・ウェイン
マーティン医師:アルバート・デッカー
エドワード・パトリック”リトル・ネッド”フィネガン:ブロデリック・クロフォード
ドロシー・ヘンダーソン:アンナ・リー
サーシャ・メンケン:ミシャ・オウア
トニー:ビリー・ギルバート
判事:リチャード・カール
ハーヴェイ・ヘンダーソン総督:サミュエル・S・ハインド
アントロ:オスカー・ホモルカ
チャーチ大佐:レジナルド・デニー
バーテンダー:ヴィンス・バーネット
一等航海士:ハーバート・ローリンソン
少尉:ジェームズ・クレイグ
ジャドソン少尉:ウィリアム・ベイクウェル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1940年製作 87分
公開
北米:1940年10月25日
日本:1949年11月22日
製作費 $760,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
歌手のビジュウ・ブランシュ(マレーネ・ディートリヒ)は、元アメリカ海軍のエドワード・パトリック”リトル・ネッド”フィネガン(ブロデリック・クロフォード)とマジシャンでスリのサーシャ・メンケン(ミシャ・オウア)と共に南太平洋の島を渡り歩いていた。

酒場で騒ぎを起こしたリトル・ネッドとサーシャは、逮捕されて裁判にかけられる。

リトル・ネッドとサーシャを島から追放した判事(リチャード・カール)は、ビジュウにも同じ判決を下す。

ビジュウら3人は船に乗り込み、マーティン医師(アルバート・デッカー)の健康診断を受ける。

マーティンは、ボニ・カンバの新任の総督である父親ハーヴェイ・ヘンダーソン(サミュエル・S・ハインド)と合流するドロシー(アンナ・リー)を紹介される。

その夜、甲板で船員たちを前に歌うビジュウは、ドロシーからコインを投げられ、侮辱した彼女をからかう。

その様子を見ていたマーティンは、ビジュウに惹かれる。

マーティンからドロシーに悪気はなかったと言われたビジュウは、彼女が新総督の娘だと知り、総督が代われば滞在できると考え、ボニ・カンバで下船することを決める。

ビジュウは、カフェ”セヴン・シナーズ/7人の罪人”に来てほしいとマーティンに伝える。

マーティンの部屋に誘われたビジュウは、互いの過去を話す。

ボニ・カンバ。
マーティンに別れを告げたビジュウは、下船する際にアメリカ海軍中尉ダン・ブレント(ジョン・ウェイン)と出会い、互いが気になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
歌手のビジュウ・ブランシュは、元アメリカ海軍のリトル・ネッドとマジシャンでスリのサーシャと共に南太平洋の島を渡り歩いていた。
ある島で騒ぎを起こし追放されたビジュウは、乗った船の医師マーティンと親しくなり、総督が代わったことを知り、ボニ・カンバで船を降りることにする。
ボニ・カンバのカフェ”セヴン・シナーズ/7人の罪人”に向かったビジュウは、騒ぎを起こされては困るオーナーのトニーに歓迎されない。
店に入り浸る悪党のアントロを相手にしないビジュウは、港で出会ったアメリカ海軍中尉ブレントと親交を深めるのだが・・・。
__________

サイレント期から脚本家として活躍し、その後、監督として多くの話題作を手掛けていたテイ・ガーネットの監督作品。

南海の島を渡り歩く酒場の女と、将来有望なアメリカ海軍士官の恋を描くロマンチック・コメディ。

1950年に公開された、マクドナルド・ケリーシェリー・ウィンタース共演の”South Sea Sinner”は本作のリメイク。

ハリウッドに渡り大スターとなり、その美しさと風格でスクリーンを支配するマレーネ・ディートリヒが酒場の女を演じ、1940年代に入り、いよいよ映画史に残るスタートしての道を歩み始めるジョン・ウェインが、彼女と恋仲になるエリート海軍士官を熱演している。
相性の良い2人は、「スポイラース」(1942)と「男性都市」(1942)でも共演している。
ランドルフ・スコットが、その2作で2人と共演している。

マレーネ・ディートリヒは、島を渡り歩く酒場の女にしては、貴婦人のような雰囲気を漂わせる。
彼女が着る何着もの衣装の素晴らしさも印象に残る。

ヒロインに惹かれる船医のアルバート・デッカー、元海軍の水兵であるヒロインの用心棒を豪快に演ずるブロデリック・クロフォード、その相棒でマジシャンであるスリのミシャ・オウア、ブレント(ジョン・ウェイン)に惹かれる総督の娘アンナ・リー、カフェ”セヴン・シナーズ/7人の罪人”のオーナーを愉快に演ずるビリー・ギルバート、ヒロインらを追放する判事のリチャード・カール、総督のサミュエル・S・ハインド、カフェに入り浸りヒロインをものにしようとするオスカー・ホモルカ、ブレントの上官である大佐レジナルド・デニー、カフェのバーテンダー役ヴィンス・バーネット、一等航海士のハーバート・ローリンソン、少尉のジェームズ・クレイグウィリアム・ベイクウェルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022