4314 Movies

スポイラース The Spoilers (1942)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

金鉱の権利を奪われた恋人に協力する酒場の女主人と採掘者達の鉱山側との戦いを描く、製作フランク・ロイド、監督レイ・エンライト、主演マレーネ・ディートリヒランドルフ・スコットジョン・ウェインマーガレット・リンゼイハリー・ケリーリチャード・バーセルメス他共演の西部劇タッチのアクション。


西部劇

マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest
ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:レイ・エンライト

製作:フランク・ロイド
製作総指揮:チャールズ・K・フェルドマン
原作:レックス・ビーチ”The Spoilers”
脚本
ローレンス・ハザード
トム・リード
撮影:ミルトン・R・クラスナー
編集:クラレンス・コルスター
美術・装置
ジョン・B・グッドマン
ジャック・オッターソン
ラッセル・A・ガウスマン
エドワード・R・ロビンソン
音楽:ハンス・サルター

出演
チェリー・マロット:マレーネ・ディートリヒ
アレクサンダー・マクナマラ:ランドルフ・スコット
ロイ・グレニスター:ジョン・ウェイン
ヘレン・チェスター:マーガレット・リンゼイ
アル・デクストリー:ハリー・ケリー
ブロンコ・キッド・ファロー:リチャード・バーセルメス
ホーレス・スティルマン判事:サミュエル・S・ハインズ
フラップジャック・シムズ:ラッセル・シンプソン
バンティ:ジョージ・クリーヴランド
ジョナサン・ストューヴ:チャールズ・ハルトン
ベネット:フォレスト・テイラー
アイダベル:マリエッタ・キャンティ
連邦保安官:バド・オズボーン
スキナー:ジャック・ノートン
ウィートン:ウィリアム・ファーナム
詩人:ロバート・W・サーヴィス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1942年製作 87分
公開
北米:1942年6月11日
日本:1946年11月12日


アカデミー賞
第15回アカデミー賞

・ノミネート
美術監督賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1900年、アラスカノーム
ゴールラッシュが続く中、金鉱の権利書強奪が横行していた。

金鉱を横取りされたフラップジャック・シムズ(ラッセル・シンプソン)とバンティ(ジョージ・クリーヴランド)は、憤慨しながら酒場”ノーザン”に向かう。

武器を手に入れて反撃しようとするフラップジャックに話しかけた女主人のチェリー・マロット(マレーネ・ディートリヒ)は、二人が金鉱を奪われたことを知る。

撃ち合いをすると言って興奮するフラップジャックを落ち着かせたチェリーは、対抗策を考えようとする。

マネージャーのブロンコ・キッド・ファロー(リチャード・バーセルメス)から、宣誓供述書を提出すれば権利を移行できて、規模の大きい金鉱も狙われていると言われたチェリーは、鉱山のコミッショナーがアレクサンダー・マクナマラ(ランドルフ・スコット)であることを知る。

登記所に向かったチェリーは、フラップジャックの金鉱の所有権の名義がクラークとベネット(フォレスト・テイラー)に変更されていることを知り、宣誓書を借りようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1900年、アラスカノーム
ゴールラッシュが続く中、金鉱の権利書強奪が横行していた。
酒場の女主人チェリー・マロットは、シアトルから戻った恋人のロイが、スティルマン判事の姪ヘレンと一緒だったためにショックを受ける。
チェリーを裏切る気のないロイだったが、彼女に理解してもらえない。
そんな時ロイとパートナーのデクストリーは、金鉱の権利を奪われそうになる。
鉱山のコミッショナーであるマクナマラとスティルマン判事がグルだと考えるデクストリーは怒りが収まらず、強硬手段に出ようとする。
そんなデクストリーを説得しようとするロイは、法を信じてそれに従おうとするのだが・・・。
__________

1906年に発表された、レックス・ビーチの小説”The Spoilers”を基に製作された、5回映画化された4作目の作品。

分類は西部劇とされるが、明らかに西部劇ではない、その時代の雰囲気を感じさせるアクション映画と言った方が正しい。

今では、ジョン・ウェインマレーネ・ディートリヒの映画のように言われているが、当時の大スターであるランドルフ・スコットが加わった豪華競演が話題になった作品。

アクションを含めた娯楽の要素満載の内容、ユーモアを交えたレイ・エンライトの軽快な演出など見応え十分の作品であり。

特に、クライマックスで、重量級のランドルフ・スコットジョン・ウェインの格闘は、映画史上に残る名シーンとなった。

第15回アカデミー賞では、美術賞(白黒)にノミネートされた。

酒場の女主人を雰囲気ある演技で演ずる華のあるマレーネ・ディートリヒ、伊達男風の悪役も似合う鉱山のコミッショナー役のランドルフ・スコット、やや頼りない演技はご愛敬といったところだが、中盤からラストまでの存在感は、大スターになる風格十分といったところがファンには嬉しい、金鉱主役のジョン・ウェインの熱演は見ものだ。

ロイ(ジョン・ウェイン)に惹かれる判事の姪マーガレット・リンゼイ、ロイのパートナーとして鉱山側と怯まず戦う、味のある演技を見せるハリー・ケリー、ヒロインの酒場のマネージャーである、彼女に惹かれる男をニヒルに演ずるリチャード・バーセルメス、金鉱の権利を奪おうとする悪徳判事のサミュエル・S・ハインズ、彼らに金鉱を奪われそうになるラッセル・シンプソンジョージ・クリーヴランド、鉱山側の弁護士チャールズ・ハルトン、それに加担する男フォレスト・テイラー、ヒロインのメイド、マリエッタ・キャンティ連邦保安官バド・オズボーン、町の酔っ払いジャック・ノートン、ヒロイン側につく弁護士役で、1914年作品で”ロイ・グレニスター”役を演じたウィリアム・ファーナム、そして著名な詩人ロバート・W・サーヴィスが酒場でヒロインと話すシーンで登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020