4551 Movies

男性都市 Pittsburgh (1942)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大企業の経営者となった2人の元炭坑夫と彼らと関係する女性の波乱の人生を描く、監督ルイス・セイラー、主演マレーネ・ディートリッヒランドルフ・スコットジョン・ウェインフランク・クレイヴン他共演のドラマ。


ドラマ

マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest
ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ルイス・セイラー

製作:チャールズ・K・フェルドマン
原作
ジョージ・オーウェン
トム・リード
脚本
ケネス・ガメット
トム・リード
撮影:ロバート・デ・グラス
編集:ポール・ランドレス
音楽
ハンス・J・サルター
フランク・スキナー

出演
ジョジー”ハンキー”ウィンターズ:マレーネ・ディートリッヒ
ジョン”キャッシュ”エヴァンス:ランドルフ・スコット
チャールズ”ピッツバーグ”マーカム/チャールズ・エリス:ジョン・ウェイン
J.M.”ドク”パワーズ博士:フランク・クレイヴン
シャノン・プレンティス:ルイーズ・アルブリットン
ジョー・マルネック:トーマス・ゴメス
ショーティ:シェンプ・ハワード
グラズリッチ博士:ルドウィッグ・ストッセル
モーガン・プレスティス:サミュエル・S・ハインズ
バーンサイド:ポール・フィックス
ジョニー:ウィリアム・ハード
マイク:チャールズ・コールマン
バーニー:ネストル・パイヴァ
サトクリフ:レイ・ウォーカー
結婚式の招待客:グレース・カナード

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1942年製作 91分
公開
北米:1942年12月11日
日本:1951年10月23日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
鉄鋼会社”マーカム&エヴァンス”。
社長のジョン”キャッシュ”エヴァンス(ランドルフ・スコット)は、戦時下での政府の兵力増強策により、益々、繁栄が期待される自社について社員の前で語る。

キャッシュは、共に会社を築いたチャールズ”ピッツバーグ”マーカム(ジョン・ウェイン)と研究者のJ.M.”ドク”パワーズ博士(フランク・クレイヴン)、組合のリーダーであるジョー・マルネック(トーマス・ゴメス)の功績について話し、全社員に感謝する。

オフィスに戻ったキャッシュは、ピッツバーグとパワーズと共に、飾られたジョジー”ハンキー”ウィンターズ(マレーネ・ディートリッヒ)の絵を見ながら乾杯する。

今の自分たちがあるのはハンキー/ジョジーのおかげだと言うパワーズは、炭坑夫だった頃のキャッシュとピッツバーグのことを語り始める。
__________

炭坑での仕事を終えたキャッシュとピッツバーグは、パワーズの研究室に向かい酒を探す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
炭坑夫のジョン”キャッシュ”エヴァンスとチャールズ”ピッツバーグ”マーカムは、貴婦人のような女性ジョジー・ウィンターズと出会う。
ジョジーに惹かれたピッツバーグは、彼女も炭坑夫の娘だったことを知り、大物になることを彼女に約束する。
その言葉を証明させようとしたジョジーは、ピッツバーグに仕事を辞めさせてしまう。
キャッシュと共に炭坑夫を辞めたピッツバーグは会社経営を始めて、大手製鉄会社のプレンティスとの石炭の供給契約を結び、事業を拡大していくのだが・・・。
__________

サイレント時代から活躍していたルイス・セイラーが監督し、マレーネ・ディートリッヒランドルフ・スコットジョン・ウェイン共演が話題になった作品。

マレーネ・ディートリッヒランドルフ・スコットジョン・ウェインは、半年前に公開された西部劇「スポイラース」(1942)でも共演している。

大企業の経営者となった2人の元炭坑夫と、彼らと関係する女性の波乱の人生を描くドラマ。

スクリーン上で見栄えのする主演の3人、豪華競演が見どころの作品であり、その複雑な関係がスケール感のあるドラマとして描かれている。

戦時下で製作された本作は、国家への貢献が個人の豊かさにもつながることをテーマにした、明らかに戦意高揚映画でもある。

主演のマレーネ・ディートリッヒは、熱演する重量級の2人ランドルフ・スコットジョン・ウェインを相手に、炭坑夫だった彼らと共に会社を大企業に育てる、美しさと逞しさを兼ね備えた女性を好演している。

主人公3人に協力しながら見守る化学者のフランク・クレイヴン、その助手ルドウィッグ・ストッセル、ピッツバーグ(ジョン・ウェイン)と結婚する製鉄会社社長令嬢のルイーズ・アルブリットン、主人公らの会社の組合のリーダー役トーマス・ゴメス、仕立屋のシェンプ・ハワード、主人公らと契約する製鉄会社社長サミュエル・S・ハインズ、炭坑責任者ポール・フィックス、組合員のウィリアム・ハード、ピッツバーグの執事チャールズ・コールマン、カフェのオーナー役ネストル・パイヴァ、結婚式の招待客グレース・カナード、他レイ・ウォーカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021