4551 Movies

プライベート・ウォー A Private War (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

世界各地の危険地帯で取材を続けた記者メリー・コルヴィンの半生を描く、製作シャーリーズ・セロン、製作、監督マシュー・ハイネマン、主演ロザムンド・パイクジェイミー・ドーナントム・ホランダー他共演の実録ドラマ。


ドラマ(戦争)

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:マシュー・ハイネマン

製作
ベイジル・イヴァニク
マリッサ・マクマホン
マシュー・ジョージ
マシュー・ハイネマン
シャーリーズ・セロン
製作総指揮
エリカ・リー
ジョナサン・ファーマン
アシュリー・シュライファー
ジェフリー・ソブラト
ジョー・ゲルシオン
ベス・コノ
A・J・ディックス
デヴィッド・ダイナースタイン
ジェイソン・レスニック
ウィリアム・サドリア
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ロバート・ジョーンズ
原作:マリー・ブレナー”Marie Colvin’s Private War”
脚本:アラッシュ・アメル
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:ニック・フェントン
音楽:H・スコット・サリーナス

出演
メリー・コルヴィンロザムンド・パイク
ポール・コンロイジェイミー・ドーナン
ショーン・ライアン:トム・ホランダー
リタ・ウィリアムズ:ニッキ・アムカ=バード
ケイト・リチャードソン:フェイ・マーセイ
デヴィッド・アイレンス教授:グレッグ・ワイズ
ノーム・コバーン:コーリイ・ジョンソン
トニー・ショウ:スタンリー・トゥッチ
ムーラド:ファディ・エルサイード

アメリカ 映画
配給 Aviron Pictures
2018年製作 110分
公開
北米:2018年11月2日
日本:2019年9月13日
北米興行収入 $1,633,210
世界 $3,915,210


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1986年に戦場記者となったメリー・コルヴィンは、世界に紛争地帯から記事を送り続けた。

2012年2月22日、シリアホムス
政府軍の攻撃が終わる。

2001年、イングランドロンドン。(ホムスの11年前)
サンデー・タイムズ”外信部のアメリカ人記者メリー・コルヴィンロザムンド・パイク)は、デヴィッド・アイレンス教授(グレッグ・ワイズ)と暮らしていた。

サンデー・タイムズ
コルヴィンの上司であるショーン・ライアン(トム・ホランダー)は、記者サイモンがアラファトを逃したために、他の記者を探す。

新人のケイト・リチャードソン(フェイ・マーセイ)と話したコルヴィンは、”彼”(ライアン)の指示には従わないことが最初のアドバイスだと伝える。

コルヴィンは、パレスチナに向かうようライアンに指示されるものの、飢えている子供たちの実情を取材するために、スリランカに向かい反政府組織の指導者と接触すると伝える。

ライアンから危険だと言われたコルヴィンだったが、考えを変えない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロンドン
サンデー・タイムズ”外信部の記者メリー・コルヴィンは、世界中の紛争地帯に向かい現地から記事を送り続けていた。
上司ライアンの反対を押し切り、スリランカの危険地帯に向かったコルヴィンは、政府軍の攻撃を受けて負傷し左目を失明する。
黒いアイパッチがトレードマークになったコルヴィンは、その後イラクに向かい、イギリス人カメラマンのポール・コンロイと出会い、彼と行動を共にして取材を続ける。
そんなコルヴィンは、戦場と少女の死体が頭から離れなくなり、PTSD心的外傷後ストレス障害)と診断され現場を離れるのだが・・・。
__________

2012年”ヴァニティ・フェア”に掲載されたマリー・ブレナーの記事”Marie Colvin’s Private War”を基に製作された作品。

ドキュメンタリー映画作家として高い評価を得ていたマシュー・ハイネマンが、製作を兼ねた長編映画初監督作品で、シャーリーズ・セロンも製作に参加している。

世界各地の危険地帯で取材を続けた、”サンデー・タイムズ”の記者メリー・コルヴィンの命懸けの取材と私生活、そして、彼女がシリアホムスで亡くなるまでを描く実録ドラマ。

取材中に攻撃を受けて左目を失明し、黒いアイパッチがトレードマークだったメリー・コルヴィンが、苦しみながら取材を続けた知られざる素顔を、マシュー・ハイネマンがドキュメンタリー作家としての鋭し視点で生々しく描く、見応えある作品に仕上がっている。

主演のロザムンド・パイクは、様々な問題を抱えながらも、悲惨な状況下に置かれる紛争地帯の人々の実情を伝えたメリー・コルヴィンを熱演し、その演技は、ゴールデングローブ賞で主演女優賞にノミネートされるなど各方面で絶賛された。

主人公と組み彼女を支えながら取材を続けるカメラマンのポール・コンロイジェイミー・ドーナン、主人公の上司である”サンデー・タイムズ”外信部部長のトム・ホランダー、主人公の友人ニッキ・アムカ=バード、主人公の同僚である記者フェイ・マーセイ、主人公の恋人グレッグ・ワイズ、主人公とは旧知の仲の戦場カメラマン、コーリイ・ジョンソン、主人公と交際するビジネスマンのスタンリー・トゥッチ、主人公と行動を共にするイラク人のガイド役ファディ・エルサイードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021