4553 Movies

デッドラインU.S.A. Deadline – U.S.A. (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

報道の自由と正義を貫こうとする新聞社と編集長の巨悪との戦いを描く、監督、脚本リチャード・ブルックス、主演ハンフリー・ボガートエセル・バリモアキム・ハンターエド・ベグリーウォーレン・スティーヴンスポール・スチュワート他共演に社会派ドラマであるフィルム・ノワールの秀作。


ドラマ(社会派)

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:リチャード・ブルックス

製作:ソル・C・シーゲル
脚本:リチャード・ブルックス
撮影:ミルトン・R・クラスナー
編集:ウィリアム・B・マーフィー
音楽
シリル・J・モックリッジ
ソル・カプラン

出演
エド・ハッチソン:ハンフリー・ボガート
マーガレット・ギャリソン:エセル・バリモア
ノラ・ハッチソン:キム・ハンター
フランク・アレン:エド・ベグリー
ジョージ・バロウズ:ウォーレン・スティーヴンス
ハリー・トンプソン:ポール・スチュワート
トーマス・リエンツィ:マーティン・ガベル
ハーマン・シュミット:ジョー・デ・サントス
キャサリン”キティ”ギャリソン・ギアリー:ジョイス・マッケンジー
ウィルブラント:オードリー・クリスティ
アリス・ギャリソン・コートニー:フェイ・ベイカー
ジム・クリアリー:ジム・バッカス
クレイン:カールトン・ヤング
ウィリアムズ:セルマー・ジャクソン
マッケイ判事:フェイ・ループ
ウェイター長:パーリー・ベアー
ハル:ジョン・ドーセット
バーンダラー:フローレンス・シャーリー
シュミット夫人:カシア・オルザゼフスキ
ローレンス・ホワイト:レイモンド・グリーンリーフ
アンドリュー・ウォートン:トム・パワーズ
フェンウェイ:トーマス・ブラウン・ヘンリー
ルイス・シェーファー:フィリップ・テリー
ホワイティ・フランクス:ジョセフ・ソイヤー
ラリー・ハンセン:ローレンス・ドブキン
プレンティス:アレックス・ゲリー
フィンレイ警部:クランシー・クーパー
ヘンリー:ウィリス・ボーシェイ
スタンダード紙の編集長:ジョセフ・クレハン
コピーボーイ:ジェームズ・ディーン
ニュースルーム・レポーター:ノーマン・リーヴィット

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1952年製作 87分
公開
北米:1952年3月14日
日本:1984年1月7日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
公聴会が開かれ、20万ドルの贈収賄疑惑の件で選挙への介入を追及されたギャングのボス、トーマス・リエンツィ(マーティン・ガベル)は、それを否定する。

新聞社”ザ・デイ”。
記者ウィルブラント(オードリー・クリスティ)らが、裸の女性が死体で見つかった話をする中、記者のジョージ・バロウズ(ウォーレン・スティーヴンス)は、編集長のエド・ハッチソン(ハンフリー・ボガート)に呼ばれる。

ザ・デイの創業者ジョン・ギャリソンの未亡人である発行人マーガレット(エセル・バリモア)は、ザ・デイを売却するつもりだった。

それを知った編集部のフランク・アレン(エド・ベグリー)は驚き、スポーツ記者のハリー・トンプソン(ポール・スチュワート)は信じようとしない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
新聞社”ザ・デイ”の発行人マーガレット・ギャリソンと娘たちは、社の売却を決める。
それを知った編集長のエド・ハッチソンは、思い留まるようにとマーガレットを説得し、ザ・デイの消滅を阻止しようとする。
ショーガールの殺害事件などが世間を騒がせる中、それにギャングのボス、リエンツィが関与している可能性を知ったハッチソンは、正義を貫くために、危険を覚悟して取材し報道しようとするのだが・・・。
__________

キー・ラーゴ」(1948)などの脚本家として活躍し、1950年のケイリー・グラント主演作「危機の男」で監督デビューしたリチャード・ブルックスが、ハンフリー・ボガートを主演に起用し、脚本を兼ねて監督した作品。

買収問題の混乱の中で、報道の自由と正義を貫こうとする、新聞社の編集長と記者たちの巨悪との戦いを描く、社会派ドラマであるフィルム・ノワールの秀作。

廃刊の可能性がある歴史ある新聞社が、その危機の中で社会悪の追及を続けようとする姿を、リチャード・ブルックスのシャープで力強い演出と見事な脚本により描かれた見応えある作品。

各専門記者が活躍する新聞社の内情や、社会情勢を考慮しながら部下をまとめる”指揮官”として、その役目を果たそうとする編集長の戦いがリアルに描かれている。

主演のハンフリー・ボガートは、離婚問題を抱え、社の買収の混乱にも拘わりながら、社会正義のために信念を貫こうとする悪に屈しない編集長を見事に演じている。

新聞社の発行人であり、買収問題で苦悩しながら編集長を信じて支えるエセル・バリモア、仕事一筋の主人公との関係を断とうとするものの、編集長としての彼の社会への貢献を認める元妻キム・ハンター、主人公の忠実な部下である編集部のエド・ベグリー、ギャングに痛めつけられる記者のウォーレン・スティーヴンス、主人公と対決するギャングのボス役マーティン・ガベル、彼と関係していたショーガールの兄で、主人公に情報を提供するジョー・デ・サントス、彼に接触するスポーツ記者のポール・スチュワート、発行人の娘で新聞社の売却に賛成するジョイス・マッケンジーフェイ・ベイカー、その弁護士カールトン・ヤングセルマー・ジャクソン、ショーガール殺害事件を取材する記者のオードリー・クリスティ、ギャングのボスを調べる記者ジム・バッカス、判事のフェイ・ループ、レストランのウェイター長パーリー・ベアー、新聞社のカメラマン役ジョン・ドーセット、資料室のフローレンス・シャーリー、殺されたショーガールの母親カシア・オルザゼフスキ、新聞社を買収するライバル紙の社主レイモンド・グリーンリーフ、殺されたショーガールと関係した新聞社の広告主トム・パワーズ、新聞社の広告担当者トーマス・ブラウン・ヘンリー、主人公の元妻の婚約者で広告会社の経営者フィリップ・テリー、ギャングの殺し屋ジョセフ・ソイヤー、ギャングのボスの弁護士ローレンス・ドブキン、警部のクランシー・クーパー、記者のウィリス・ボーシェイ、ライバル社の編集長ジョセフ・クレハン、コピーボーイで端役で登場するジェームズ・ディーン、ニュースルーム・レポーターのノーマン・リーヴィットなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021