4234 Movies

ロミオ+ジュリエット Romeo + Juliet (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲”ロミオとジュリエット”を大胆な発想で現代劇として描いた、バズ・ラーマン演出の恋愛悲劇。
注目の主演はレオナルド・ディカプリオクレア・デインズジョン・レグイザモピート・ポスルスウェイト他共演。


ドラマ(ロマンス)

レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:バズ・ラーマン
製作
バズ・ラーマン

ガブリエラ・マルチネリ
脚本
バズ・ラーマン

クレイグ・ピアース
撮影:ドナルド・マカルパイン
編集:ジル・ビルコック
美術・装置
キャサリン・マーティン

ブリジット・ブロシュ
音楽:ネリー・フーパー

出演
ロミオ・モンタギュー:レオナルド・ディカプリオ

ジュリエット・キャピュレット:クレア・デインズ
ティボルト・キャピュレット:ジョン・レグイザモ
マキューシオ・エスカル:ハロルド・ペリノー
ロレンス神父:ピート・ポスルスウェイト
テッド・モンタギュー:ブライアン・デネヒー
キャロライン・モンタギュー:クリスティナ・ピクルス
フルヘンシオ・キャピュレット:ポール・ソルヴィノ
グロリア・キャピュレット:ダイアン・ヴェノーラ
デイヴ・パリス:ポール・ラッド
ベンヴォーリオ・モンタギュー:ダッシュ・ミホク
薬剤師:M・エメット・ウォルシュ
乳母:ミリアム・マーゴーリス
プリンス警部:ヴォンディ・カーティス=ホール
バルサザー・モンタギュー:ジェシー・ブラッドフォード
サンプソン・モンタギュー:ジェイミー・ケネディ

アメリカ/オーストラリア 映画
配給 20世紀FOX

1996年製作 120分
公開
北米:1996年11月1日
日本:1997年4月19日
製作費 $14,500,000
北米興行収入 $46,338,730
世界 $147,555,000


アカデミー賞 ■
第69回アカデミー賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ヴェローナ。
勢力を二分する豪族、モンタギューとキャピュレット両家の争いは激化していた。

ティボルト・キャピュレット(ジョン・レグイザモ)らは、スタンドでベンヴォーリオ・モンタギュー(ダッシュ・ミホク)らと相対して銃を抜き騒ぎとなる。

テッド・モンタギュー(ブライアン・デネヒー)とフルヘンシオ・キャピュレット(ポール・ソルヴィノ)は、警察に呼び出され、プリンス警部(ヴォンディ・カーティス=ホール)から警告を受ける。

モンタギュー家の一人息子ロミオ(レオナルド・ディカプリオ)は、そんな争いに興味を示さず、かなわぬ恋に悩んでいた。

一方、キャピュレット家の一人娘ジュリエット(クレア・デインズ)の母親グロリア(ダイアン・ヴェノーラ)は、裕福な紳士デイヴ・パリス(ポール・ラッド)と娘の結婚を望んでいた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ヴェローナ。
勢力を二分する豪族、モンタギューとキャピュレット両家の争いは激化していた。
モンタギュー家の一人息子ロミオは、そんなことには関心がなく、かなわぬ恋に悩み、キャピュレット家の一人娘ジュリエットの母グロリアは、娘と裕福なパリスとの結婚を望んでいた。
ある日、ロミオは親友マキューシオに誘われて、キャピュレット家の仮装舞踏会に忍び込む。
ロミオは、その場で少女ジュリエットに出会い、二人はその瞬間に惹かれ合ってしまう。
両家の争いの中で、お互いの立場を理解しながらも愛し合う二人の運命には・・・。
__________

何度も映画化された恋愛劇を、独特の世界観と映像センスで描写する、ハリウッド進出を果たした若きバズ・ラーマンの感性が光る作品。

現代劇ではあるが、その台詞などは古典劇の言い回しをそのまま使っているところなどが実に興味深い。
荒れた若者や暴力社会が映し出されるものの、どことなく気品が感じられる雰囲気にも注目。

第69回アカデミー賞では、翌年バズ・ラーマンと結婚するキャサリン・マーティンが美術賞にノミネートされた。

北米興行収入は約4600万ドルに終わるものの、全世界では約1億4800万ドルのヒットとなった。

注目の主演レオナルド・ディカプリオは、既にその実力を認められていたが、本作の熱演により才能更に高く評価され、大きく飛躍することになる。

20歳は過ぎているものの、少年のように見えるレオナルド・ディカプリオは、男の目から見ても嫌みなく受け入れられる素晴らしい役者に思える。

こちらも実力を兼ね備えた子役として評価されていた、ジュリエット役を好演するクレア・デインズ、同家の暴れ者的存在のジョン・レグイザモ、ロミオの親友ハロルド・ペリノー、二人の恋の協力者である神父ピート・ポスルスウェイト、ロミオの両親役ブライアン・デネヒークリスティナ・ピクルス、ジュリエットの両親ポール・ソルヴィノダイアン・ヴェノーラ、ジュリエットの結婚相手ポール・ラッド、ロミオのいとこ役であるダッシュ・ミホクジェシー・ブラッドフォードジェイミー・ケネディ、薬剤師のM・エメット・ウォルシュ、ジュリエットの乳母ミリアム・マーゴーリス、警部ヴォンディ・カーティス=ホールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020