4383 Movies

バイオハザードIV アフターライフ Resident Evil: Afterlife (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

日本のゲームメーカー”カプコン”のゲームソフト”バイオハザード”を原案にして製作された映画「バイオハザード」シリーズ第4作。
ウィルス感染のない安息の地”アルカディア”に生存者と共に向かおうとする女戦士の戦いを描く、製作、監督、脚本ポール・W・S・アンダーソン、主演ミラ・ジョヴォヴィッチアリ・ラーターウェントワース・ミラーボリス・コジョーショーン・ロバーツ他共演のSFホラー・アクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:ポール・W・S・アンダーソン

製作
ポール・W・S・アンダーソン
ジェレミー・ボルト
ドン・カーモディ
ベルント・アイヒンガー
サミュエル・ハディダ
ロバート・クルツァー
製作総指揮
ヴィクター・ハディダ
マーティン・モスコウィック
原案:カプコンバイオハザード
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:グレン・マクファーソン
編集:ニーヴン・ハウィー
音楽:トムアンドアンディ

出演
アリス・アバーナシー/クローン:ミラ・ジョヴォヴィッチ
クレア・レッドフィールド:アリ・ラーター
クリス・レッドフィールド:ウェントワース・ミラー
Kマート:スペンサー・ロック
ルーサー・ウエスト:ボリス・コジョー
アルバート・ウェスカー:ショーン・ロバーツ
ベネット・シンクレア:キム・コーツ
クリスタル・ウォルターズ:ケイシー・バーンフィールド
エンジェル・オーティス:セルヒオ・ペリス=メンチェータ
キム・ヤン:ノーマン・ヤン
ウェンデル:フルヴィオ・セセラ
ジル・バレンタイン:シエンナ・ギロリー
第1感染者:中島美嘉

ドイツ/フランス 映画
配給 スクリーン・ジェムズ
2010年製作 97分
公開
北米:2010年9月10日
日本:2010年9月10日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $60,128,570
世界 $296,221,660


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
東京、渋谷。
雨の中、傘もささずに交差点に立つ女性(中島美嘉)は、サラリーマンに襲い掛かる。

4年後。
T-ウィルスの感染で東京は壊滅した。

”アンブレラ・コーポレーション”東京本部の地下研究施設では、上級幹部アルバート・ウェスカー(ショーン・ロバーツ)が、警備との連絡が取れなくなったという報告を受ける。

侵入者にに気づいたウェスカーは警戒させるが、現れたアリス・アバーナシー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、難なく警備隊を倒す。

クローンだったアリスは援軍に射殺されるが、別のクローンが次々と現れる。

クローンとの攻防で生き残ったウェスカーは、ヘリコプターでその場から脱出して、地下施設を爆破する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「バイオハザード」(2002)
・「バイオハザードII アポカリプス」(2004)
・「バイオハザードIII」(2007)
・「バイオハザードIV アフターライフ」(2010)
・「バイオハザードV リトリビューション」(2012)
・「バイオハザード: ザ・ファイナル」(2016)

*(簡略ストー リー)
T-ウィルスの感染で壊滅した東京。
”アンブレラ・コーポレーション”の東京本部、地下研究施設の上級幹部ウェスカーは、アリス・アバーナシーとクローンの攻撃を受けてヘリコプターで脱出する。
ウェスカーに襲い掛かり富士山に墜落したアリスは、九死に一生を得て、安息の地アラスカの”アルカディア”に向かう。
何もないその場がアルカディアだと思えないアリスは、砂漠で共に戦ったものの、記憶を失っていたクレアに再会し、彼女と共にロサンゼルスに向かう。
無数のアンデッドに囲まれた刑務所の屋上に生存者のルーサーらがいることに気づいたアリスは、その場に強引に着陸する。
そこでアリスは、アルカディアが、海に浮かぶ船であることをルーサーらから知らされ、その場に向かおうとするのだが・・・。
__________

世界で唯一の安全地帯、安息の地”アルカディア”を目指す主人公の女戦士と生存者達の戦いを描くSFホラー・アクション。

2、3作の演出をアレクサンダー・ウィットラッセル・マルケイに任せていたポール・W・S・アンダーソンが監督に復帰し、もちろん製作と脚本も兼ねている。

CG映像は益々、洗練され、スタイリッシュなアクションなども見もので、視覚的に楽しめる作品に仕上がっている。

進化により更にパワーアップされた、主人公の身体能力が存分に発揮された迫力映像が見所の作品でもある。

北米興行は約6000万ドル、全世界では、前作の2倍強となる3億ドルに迫る大ヒットとなった。

ごたごたした難しい解釈もない単純明快な内容は非常に解り易く、無駄のないポール・W・S・アンダーソンの演出は実に心地よい。

毎回触れるが、作品ごとに変わる主人公を演ずるミラ・ジョヴォヴィッチの役柄のイメージ作りが見事で、無敵の強さと美貌を兼ね備えた女戦士を本作でも熱演している。

前作に続く出演の記憶を失った生存者アリ・ラーター、その兄で、軍特殊部隊員であったが殺人犯と間違われて刑務所に監禁されていたウェントワース・ミラー、前作に続く出演の生存者スペンサー・ロックNBA選手だった刑務所の生存者ボリス・コジョー、”アンブレラ・コーポレーション”東京本部の上級幹部ショーン・ロバーツ、刑務所の生存者で映画プロデューサーのキム・コーツ、同じく生存者のケイシー・バーンフィールドセルヒオ・ペリス=メンチェータノーマン・ヤンフルヴィオ・セセラ、エンドロール以後に登場する、アンブレラにマインドコントロールされるアルカディア攻撃部隊のリーダーとして、2作目以来の出演となるシエンナ・ギロリー、東京の第1感染者、中島美嘉などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021