4260 Movies

RED/レッド Red (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

DCコミックのインプリント、オマージュ・コミックから出版された、ウォーレン・エリスカリー・ハムナーによる同名ミニ・シリーズを基に製作された作品。
命を狙われた元CIA工作員と仲間達が、国家的な陰謀に巻き込まれながら立ち向かう姿を描く、ブルース・ウィリスモーガン・フリーマンジョン・マルコヴィッチヘレン・ミレンメアリー=ルイーズ・パーカーカール・アーバンブライアン・コックス他共演、監督ロベルト・シュヴェンケによるアクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロベルト・シュヴェンケ
製作総指揮
ジェイク・マイヤーズ

グレゴリー・ノヴェック
製作
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ

マーク・ヴァーラディアン
原作
ウォーレン・エリス

カリー・ハムナー
脚本
ジョン・ホーバー

エリック・ホーバー
撮影:フローリアン・ボールハウス
編集:トム・ノーブル
音楽:クリストフ・ベック

出演
フランク・モーゼズ:ブルース・ウィリス

ジョー・マシスン:モーガン・フリーマン
マーヴィン・ボッグス:ジョン・マルコヴィッチ
ヴィクトリア:ヘレン・ミレン
サラ・ロス:メアリー=ルイーズ・パーカー
ウィリアム・クーパー:カール・アーバン
イヴァン・シマノフ:ブライアン・コックス
アレクサンダー・ダニング:リチャード・ドレイファス
ロバート・スタントン:ジュリアン・マクマホン
シンシア・ウィルクス:レベッカ・ピジョン
ヘンリー:アーネスト・ボーグナイン
ガブリエル・シンガー:ジェームズ・レマー

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメント

2010年製作 111分
公開
北米:2010年10月15日
日本:2011年1月29日
製作費 $58,000,000
北米興行収入 $90,356,860
世界 $186,100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
オハイオ州、パルマ・ハイツ
CIAのフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)は、年金課の担当サラ・ロス(メアリー=ルイーズ・パーカー)と電話で話すのを楽しみにしていたため、届いた小切手を破っては彼女とコンタクトを取っていた。

ある夜、フランクの家に武装した二人が押し入るが、彼は彼らを簡単に倒す。

その後、フランクは別の者達に襲われるが、彼は反撃し全滅させ家を立ち去る。

カンザスシティ
サラの家に侵入したフランクは、驚いた彼女に、何者かに襲われ電話が盗聴されていたことを伝え、抵抗されながら逃亡する。

その頃、CIAのウィリアム・クーパー(カール・アーバン)は、次の標的が元情報分析官フランクだと知らされる。

ニューオーリンズ
モーテルに部屋を取ったフランクは、サラに自分が元CIAだと伝えるが、彼女は当然それを信じない。

その後フランクは、老人介護ホームにいた元上司ジョー・マシスン(モーガン・フリーマン)の元に向かい、”恋”をしたことと、武装部隊に襲われたことを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「RED/レッド Red」(2010)
・「REDリターンズ」(2013)

*(簡略ストー リー)

CIAのフランク・モーゼズは、年金課のサラと電話で会話をしたいがために、送られてきた小切手を破っては、彼女とコンタクトを取っていた。
そんなフランクは、ある夜、武装した殺人部隊に襲われ、彼はそれを逃れサラの元に向かう。
サラを危険から守るために、連れ去ってしまったフランクは、元上司のマシスンの元に向かう。
自分を狙った者が、女性記者を殺害したことを知ったフランクは、手がかりを得ようとしてサラと共にニューヨークに向かう。
その間、CIAのクーパーは、上司ウィルクスからフランク殺害を命ぜられて彼を追う。
記者の母親から手がかりを得たフランクは、自分を含めた殺害リストを見つけるが、マシスンが殺されたことを知る。
フランクは、元同僚で陰謀妄想家のマーヴィンの元に向かい、リストの生き残りのパイロット、シンガーに会うが、彼は狙撃されてしまう。
クーパーの襲撃を逃れたフランクらは、ロシアの秘密工作員シマノフや、その元恋人でMI6の元諜報員ヴィクトリアを仲間に引き入れる。
CIA本部に侵入したフランクは、今回の件が、かつて参加した、グアテマラの事件に関係していることを知るのだが・・・。
__________

引退した元工作員らが再びチームを結成して、自分達を落とし入れようとする陰謀に立ち向かうという、経験豊富なベテランと、優秀だが未熟さもある若手工作員の激しいバトルが見応えあり、アクションも十分に楽しめる痛快娯楽作に仕上がっている。

名だたるスター、そして名優の競演も話題となり、個性的なキャラクターを演ずる各人が、非常に楽しそうに演じているのが印象的だ。

北米興行収入は約9000万ドルに留まるものの、全世界では約1億8000万ドルのヒットとなった。

それほど派手でないアクションも、くどいところはなく、クリストフ・ベックの軽快な音楽も心地よい。

コメディ色が強く、陰謀や裏切りも陰鬱には描かれていないため、クライマックスの敵対した新旧工作員の友情も実に爽やかだ。

ドラマ内で年寄り扱いされるものの、全くそれを感じさせないタフな元CIA工作員ブルース・ウィリス、その元上司で、二度復活するかと期待もしたモーガン・フリーマン、主人公の元同僚で、妄想狂の男を怪演するジョン・マルコヴィッチ、こちらも演技派らしからぬ、派手な銃撃戦なども披露するヘレン・ミレン、地味な役柄が多いメアリー=ルイーズ・パーカーが、陰謀に巻き込まれる一般人として好演し、若手の腕利き工作員カール・アーバンの体を張った熱演も注目で、ロシアの秘密工作員のブライアン・コックスもいい味を出している。
武器の密売人で、陰謀の黒幕のリチャード・ドレイファス、陰謀の首謀者にされる副大統領のジュリアン・マクマホンCIAの裏切り者レベッカ・ピジョン、パイロットのジェームズ・レマー、そして、90歳を超えているアーネスト・ボーグナインの出演は感動ものだ!


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020