4373 Movies

ランペイジ Rampage (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ミッドウェイゲームズ”のアーケードゲーム”Rampage”を基に製作された作品。
遺伝子操作で巨大化した動物に立ち向かう霊長類学者の活躍を描く、製作、監督ブラッド・ペイトン、製作総指揮、主演ドウェイン・ジョンソンナオミ・ハリスマリン・アッカーマンジェイク・レイシージェフリー・ディーン・モーガン他共演のSFモンスター・アクション。


アクション/アドベンチャー

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ブラッド・ペイトン

製作
ボー・フリン
ジョン・リカード
ブラッド・ペイトン
ハイラム・ガルシア
製作総指揮
マーカス・ヴィシディ
ドウェイン・ジョンソン
ダニー・ガルシア
ジェフリー・フィアソン
トビー・エメリッヒ
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
原作:ミッドウェイゲームズRampage
原案:ライアン・イングル
脚本
ライアン・イングル
カールトン・キューズ
ライアン・J・コンダル
アダム・スティキエル
撮影:ジャロン・プレサント
編集
ジム・メイ
ボブ・ダクセイ
音楽:アンドリュー・ロッキングトン

出演
デイヴィス・オコイエ:ドウェイン・ジョンソン
ケイト・コールドウェル博士:ナオミ・ハリス
クレア・ワイデン:マリン・アッカーマン
ブレット・ワイデン:ジェイク・レイシー
ハーヴェイ・ラッセル:ジェフリー・ディーン・モーガン
バーク:ジョー・マンガニエロ
ネルソン:P・J・バーン
ケリー・アトキンズ博士:マーリー・シェルトン
ブレイク大佐:デミトリアス・グロッセ
コナー:ジャック・クエイド
エイミー:ブリアンヌ・ヒル
ザミット:マット・ジェラルド
パーク捜査官:ウィル・ユン・リー
ギャリック:ユライア・フェイバー
テイラー:ブルース・ブラックシアー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2018年製作 107分
公開
北米:2018年4月13日
日本:2018年5月18日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $101,028,230
世界 $428,028,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1993年、”CRISPR/クリスパー”という新技術で、ゲノム編集により不治の病の治療が可能になった。

2016年、その悪用を防ぐために、アメリカ政府はゲノム編集を”大量破壊兵器”と認定した。

遺伝子操作の実験を行う企業”エナジン”が所有する宇宙ステーション”アテナ1”は、実験用のラットが突然変異を起こしてしまう。

その結果クルーは殺され、宇宙ステーションも大きなダメージを受け、唯一生き残ったケリー・アトキンズ博士(マーリー・シェルトン)は脱出しようとする。

エナジンのCEOクレア・ワイデン(マリン・アッカーマン)は、サンプルを回収しなければ帰還させないとアトキンズに伝える。

仕方なく指示に従ったアトキンズは、サンプルを回収するものの、巨大ラットに襲われる。

脱出ポッドに逃げ込んだアトキンズは、宇宙ステーションから切り離すものの、ラットに傷つけられたハッチの窓に亀裂が入り割れる。

ポッドは大気圏で大破し、サンプルは地上に向かう。

SDWS/サンディエゴ野生動物保護区
霊長類学者のデイヴィス・オコイエ(ドウェイン・ジョンソン)は、アシスタントのネルソン(P・J・バーン)とコナー(ジャック・クエイド)そしてエイミー(ブリアンヌ・ヒル)と共にゴリラに近づき、その一匹パーボと話をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
遺伝子操作の実験を行っていた”エナジン”所有の宇宙ステーションで異常事態が起き、実験のサンプルがポッドで運び出されるものの、大気圏で大破してしまう。
無事だったサンプルの容器は、アメリカ大陸の3か所に落下する。
SDWS/サンディエゴ野生動物保護区の霊長類学者のデイヴィス・オコイエは、自分が育てたホワイト・ニシゴリラのジョージの異変を知り、付近の落下物を確認する。
体が大きくなり凶暴になったジョージを調べたデイヴィスは、事件を知った元エナジンの遺伝子工学者ケイトと共に対処しようとするのだが・・・。
__________

ミッドウェイゲームズ”のアーケードゲーム”Rampage”を基に製作された作品。

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」(2012)、「カリフォルニア・ダウン」(2015)のブラッド・ペイトンドウェイン・ジョンソンが、それぞれ製作にも参加して再びコンビを組んだ作品として大いに話題になった。

遺伝子技術を兵器に利用する陰謀を描きながら、巨大モンスターが暴れ回る迫力映像で迫る、製作費に1億2000万ドルかけたSFアクション超大作。

霊長類学者学者で、元アメリカ陸軍特殊部隊員でもあり、ゴリラにも負けない体格で熱演する、ドウェイン・ジョンソンのパワフルな演技が見どころの作品でもある。

北米興行収入は約1億ドル、全世界では約4億2800万ドルのヒットとなった。

主人公に協力する遺伝子工学者ナオミ・ハリス、遺伝子操作による兵器製造で巨額の利益を得ようとする姉弟マリン・アッカーマンジェイク・レイシー、主人公に協力する政府機関の捜査官ジェフリー・ディーン・モーガン、エナジンに雇われる民間の軍事会社の部隊員ジョー・マンガニエロ、主人公のアシスタント、P・J・バーン、エナジンの宇宙ステーションの科学者マーリー・シェルトン、巨大モンスター退治を指揮する軍の責任者である大佐デミトリアス・グロッセ、主人公の部下ジャック・クエイドブリアンヌ・ヒル、民間軍事会社の部隊員マット・ジェラルドユライア・フェイバー、ブルース・ブラックシアー、FBI捜査官のウィル・ユン・リーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021