4237 Movies

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 Journey 2: The Mysterious Island (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジュール・ヴェルヌの”地底旅行”を題材にヒットした「センター・オブ・ジ・アース」(2008)の続編で、今回は、1874年に発表された”神秘の島”を基にした内容になっている。
消息を絶っていた祖父がジュール・ヴェルヌの小説に描かれた”神秘の島”を発見した可能性を知った少年が、義父と共に現地に向かい繰り広げる冒険を描く、監督ブラッド・ペイトン、主演ドウェイン・ジョンソンジョシュ・ハッチャーソンマイケル・ケインヴァネッサ・ハジェンズ他共演のアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ブラッド・ペイトン
製作総指揮
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
サミュエル・J・ブラウン
マーカス・ビシディ
エヴァン・ターナー
製作
トリップ・ヴィンソン

シャーロット・ハギンズ
ボー・フリン
原作:ジュール・ヴェルヌ神秘の島
原案
マーク・ガン
ブライアン・ガン
リチャード・オウテン

脚本
マーク・ガン
ブライアン・ガン
撮影:デヴィッド・タッターサル

編集:デビッド・レニー
音楽:アンドリュー・ロッキングトン

出演
ハンク・パーソンズ:ドウェイン・ジョンソン

ショーン・アンダーソン:ジョシュ・ハッチャーソン
カイラニ:ヴァネッサ・ハジェンズ
アレキサンダー・アンダーソン:マイケル・ケイン
ガバト:ルイス・ガスマン
リズ・アンダーソン・パーソンズ:クリスティン・デイヴィス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2012年製作 94分
公開
北米:2012年2月10日
日本:2012年3月31日
製作費 $79,000,000
北米興行収入 $103,812,240
世界 $325,860,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
地底探検の冒険旅行から4年、17歳になったショーン・アンダーソン(ジョシュ・ハッチャーソン)は、人工衛星施設に侵入してバイクで逃走し、警察に追われて取り押さえられる。

義父であるハンク・パーソンズ(ドウェイン・ジョンソン)に引き取られて帰宅したショーンは、不仲の彼や母リズ(クリスティン・デイヴィス)に謝罪することもなく部屋に閉じこもる。

ある暗号文を手に入れたショーンは、それを解読しようとしていた。

翌日、何んとか打ち解けようとするハンクは、ショーンの部屋に向かい、彼が解読しようとしている文がモールス符号だと指摘する。

ようやく話をする気になったショーンは、数日前に受信した暗号文をより感度の良い場所でキャッチするために、衛生施設に侵入したことをハンクに話す。

ハンクは、それを一緒に解くことを提案し、その内容で、”島”を見つけた者がいることが分かったショーンは興奮する。

ショーンとハンクは、ジュール・ヴェルヌの”神秘の島”、ロバート・スティーブンソンの”宝島”、そして、ジョナサン・スウィフトの”ガリヴァー旅行記”の三冊に登場する島にヒントがあると気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「センター・オブ・ジ・アース」(2008)
・「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」(2012)

*(簡略ストー リー)
ジュール・ヴェルヌの小説に描かれた、地底の冒険を体験して数年、17歳になったショーン・アンダーソンは、消息が分からなかった祖父のアレキサンダーからの暗号文を受取る。
それを、反りの合わない義父ハンクと解読したショーンは、祖父が、J・ヴェルヌの”神秘の島”に登場する島を見つけたことを確信し、位置を確認してパラオに向かう。
ハンクとショーンは、現地のガイド、ガバトと娘カイラニのヘリコプターに乗り目的地に向かうも意のの、嵐の中に突入して墜落してしまう。無事だった4人は、美しい自然と、大小が逆転した生物が生息することなどを知り、そこが、”神秘の島”だと確信する。
その後、巨大トカゲに襲われた4人だったが、島で暮らすショーンの祖父アレキサンダーに救われる。
4人は、アレキサンダーの案内で、失われた都”アトランティス”に案内されるが、島が沈没する危機を察知する。
そこで4人は、島から脱出するために、小説の”神秘の島”に登場する、ネモ船長の潜水艦”ノーチラス”を捜そうとするのだが・・・。
__________

スマッシュ・ヒットとなった前作の、主人公を演じたブレンダン・フレイザーから、ドウェイン・ジョンソンに交代して、よりパワーアップしたように感じる。

3D作品ということで、それを生かそうとした映像の出来は素晴らしく、2Dでも十分に楽しめる。

北米興行収入は1億ドルを突破し、全世界では、前作を大きく上回る約3億2600万ドルの大ヒットとなった。
*前作
北米興行収入 $101,702,060
世界 $241,995,150

邦題は、原作の地底旅行の原題「センター・オブ・ジ・アース」を使っているのが気になり、「ハムナプトラ」的で非常に違和感がある。次回作が製作されるのは確実なのに、どうするつもりなのだろうか???

アクションにも拘らず、肉体美を誇張することもないドウェイン・ジョンソンは、大スターの風格さえも感じられる、人間味溢れるタフガイを熱演している。

前作に続き登場するジョシュ・ハッチャーソンは、大人になる過程で体験する冒険旅行で成長して、恋人もゲットする少年を好演している。

彼の出演で、作品が数段ランクアップされる雰囲気になる、冒険家でショーン(J・ハッチャーソン)の祖父マイケル・ケイン、ショーンの勇気や冒険心に惹かれるガイドの娘ヴァネッサ・ハジェンズ、その父親をユーモラスに演ずるルイス・ガスマン、ショーンの母親クリスティン・デイヴィスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020