4373 Movies

オペラの怪人 Phantom of the Opera (1943)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

殺人狂の怪人となりオペラ歌手である娘のために人生を捧げる男を描く、監督アーサー・ルービン、主演クロード・レインズネルソン・エディスザンヌ・フォスターエドガー・バリア他共演のホラー・ミュージカル。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:アーサー・ルービン

製作:ジョージ・ワグナー
原案:ハンス・ジャコビー
原作:ガストン・ルルーオペラ座の怪人
脚色
エリック・テイラー
サミュエル・ホッフェンスタイン
撮影
ハル・モーア
W・ハワード・グリーン
編集:ラッセル・F・シェーンガース
美術・装置
アレクサンドル・ゴリッツェン
ジョン・B・グッドマン
ラッセル・A・ガウスマン
アイラ・S・ウェッブ
音楽:エドワード・ウォード

出演
エリック・クロウデン/オペラ座の怪人:クロード・レインズ
アナトール・ガロン:ネルソン・エディ
クリスティーヌ・デュボワ:スザンヌ・フォスター
ラウル・ドーベール:エドガー・バリア
ビアンカローリ:ジェーン・ファーラー
アミオット:J・エドワード・ブロンバーグ
ルクワ:フリッツ・フェルド
ヴィルヌーヴ:フランク・パグリア
フランツ・リストフリッツ・ライバー
ヴェルシェ:スティーヴン・ジレイ
フェレッティ:レオ・キャリロ
モーリス・プレイエル:マイルス・メンダー
ジェラルド:ヒューム・クローニン
舞台係:ハンク・マン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1943年製作 92分
公開
北米:1943年8月12日
日本:1952年1月24日
製作費 $1,500,000


アカデミー賞
第16回アカデミー賞

・受賞
美術(カラー)・撮影賞(カラー)
・ノミネート
ミュージカル音楽・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
パリオペラ座
歌手アナトール・ガロン(ネルソン・エディ)が主演を務めるオペラの開演を見守る警官のラウル・ドーベール(エドガー・バリア)は、心を寄せる歌手クリスティーヌ・デュボワ(スザンヌ・フォスター)を舞台脇に呼び寄せ愛を伝える。

クリスティーヌに惹かれるアナトールは、二人が気になる。

ラウルから食事に誘われたクリスティーヌは、アナトールに認められている今は、オペラに打ち込みたいことを伝える。

途中で姿を消したことを気にするアナトールは、クリスティーヌを気遣う。

クリスティーヌは、舞台主任のヴェルシェ(スティーヴン・ジレイ)に注意される。

指揮者のヴィルヌーヴ(フランク・パグリア)が二人の話に割って入り、クリスティーヌを部屋に呼ぶ。

ヴィルヌーヴは、警部のラウルと歌手のアナトールに好かれている様子のクリスティーヌが、歌手としての自覚があることを確認する。

外で待っていたバイオリニストのエリック・クロウデン(クロード・レインズ)は、部屋から出てきたクリスティーヌと話し、舞台から離れたことで、体調が悪いのではないかと彼女を気遣う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
パリオペラ座
バイオリニストのエリック・クロウデンは、プリマ・ドンナの代役である歌手で娘のクリスティーヌのために、父であることを隠し、彼女に知られないようにして支援していた。
引退することを勧められたエリックは、クリスティーヌのレッスン代が払えなくなり、曲を音楽出版社に売ろうとする。
ところが、曲を盗まれてと思い込んだエリックは激怒して出版者を殺害し、助手に酸を浴びせられる。
地下に逃げ込んだエリックは、オペラ座に現れる仮面の怪人となり、クリスティーヌをプリマ・ドンナにするために邪魔者を消していくのだが・・・。
__________

1909年から日刊紙”Le Gaulois”に連載された、ガストン・ルルーの小説”オペラ座の怪人”を基に1925年に製作された、ロン・チェイニー主演の「オペラの怪人」のリメイク。

1925年版で製作されたオペラ座(ガルニエ宮)のセットなどは再利用されたが、前作とは大きく変わった内容となっている。

大筋はミュージカル・ドラマであり、ホラーと言う点では、前作で大いに観客を怖がらせたロン・チェイニーの怪人のインパクトはなく、逆に、ヒロインを巡る歌手と警官の関係などを含め、コメディ・タッチのシーンが多く挿入されているところに注目したい。

第16回アカデミー賞では、美術(カラー)、撮影賞(カラー)を受賞し、ミュージカル音楽、録音賞にノミネートされた。

主演のクロード・レインズは、娘を成功させることに人生を捧げ、怪人として狂気の殺人鬼になる男を熱演している。

オペラ歌手としてヒロインに惹かれ、彼女の幸せのために尽くすネルソン・エディ、彼や父であった怪人に支えられながらプリマ・ドンナとなるスザンヌ・フォスター、彼女に惹かれる警部のエドガー・バリア、ヒロインの活躍を妬むプリマ・ドンナのジェーン・ファーラー、オペラ座の支配人J・エドワード・ブロンバーグ、劇場関係者のフリッツ・フェルド、指揮者のフランク・パグリア、作曲家フランツ・リストフリッツ・ライバー、舞台主任のスティーヴン・ジレイ、音楽教師のレオ・キャリロ、音楽出版者のマイルス・メンダー、警官のヒューム・クローニン、舞台係のハンク・マンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021