4508 Movies

マーウェン Welcome to Marwen (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

実在のミニチュア模型写真家マーク・ホーガンキャンプが暴行事件による心の傷から回復していく様子と周囲の人々との関係を描く、製作、監督ロバート・ゼメキス、主演スティーヴ・カレルレスリー・マンダイアン・クルーガーメリット・ウェヴァージャネール・モネイ他共演の実録ドラマ。


ドラマ

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ゼメキス

製作
ロバート・ゼメキス
ジャック・ラプケ
スティーヴ・スターキー
製作総指揮
ジャクリーン・レヴィン
ジェフ・マルムバーグ
脚本
ロバート・ゼメキス
キャロライン・トンプソン
撮影:C・キム・マイルズ
編集:ジェレマイア・オドリスコル
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
マーク・ホーガンキャンプ/ホーギー大尉:スティーヴ・カレル
ニコル:レスリー・マン
デジャ・ソリス:ダイアン・クルーガー
ロバータ:メリット・ウェヴァー
ジュリー:ジャネール・モネイ
カラーラ:エイザ・ゴンザレス
アナ:グェンドリン・クリスティー
カート/親衛隊少将クルト・マイヤー:ニール・ジャクソン
シュゼット:レスリー・ゼメキス
エルサ:シボーン・ウィリアムズ
ルイス/ルートヴィヒ・トップ親衛隊大尉:フォーク・ヘンチェル
カール/ベンツ中尉:マット・オリアリー
ルディ/ルドルフ:ニコライ・ウィッチ
スティーヴィー/ステファン:パトリック・ロッカス
ヴァーン/ヴェルナー:アレクサンダー・ロウ
ラリー/修道士:エリック・キーンリーサイド
ウェンディ:ステファニー・フォン・フェッテン
デマリウス・ジョンソン:コンラッド・コーツ
マーサ・J・ハーター判事:ヴィーナー・スード

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2018年製作 116分
公開
北米:2018年12月21日
日本:2019年7月19日
製作費 $39,000,000
北米興行収入 $10,763,520
世界 $13,061,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
第二次大戦下。
アメリカ陸軍航空軍の戦闘機”P-40”パイロットのホーガンキャンプ/ホーギー大尉(スティーヴ・カレル/フィギュア)は、対空砲火で被弾して沼地に不時着する。

靴が燃えてしまったホーギーは、道路で横転するドイツ軍の車両に気づき、その場のカバンの中にあったハイヒールを履く。

暫く歩いたホーギーは、現れたルートヴィヒ・トップ親衛隊大尉(フォーク・ヘンチェル)らに銃を向けられ、ハイヒールを履いていることで笑われる。

トップに近づき股間を蹴ったホーギーは、ナイフで顔面を傷つけられて倒れ、痛めつけられる。

そこに現れたウェンディ(ステファニー・フォン・フェッテン)ら女性武装部隊”ホーギーズ”は、トップらを射殺してホーギーを助ける。
____________

ニューヨーク州キングストン
フィギュアの撮影をしていたマーク・ホーガンキャンプスティーヴ・カレル)は、トラックが付近を通ったために、振動でホーギーらのフィギュアが倒れて撮影ができなくなる。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク州キングストン
5人の男から暴行を受けたマーク・ホーガンキャンプは、そのショックで記憶を失い心に傷を負った。
リハビリのためにミニチュア模型とフィギュアの撮影を始めたマークは、第二次大戦下のベルギーの架空の町”マーウェン”を作る。
マークは、戦地に不時着したアメリカ兵パイロットのホーギー大尉と、周囲の人々などをモデルにした女性武装部隊”ホーギーズ”とナチの戦いを再現して撮影を続けていた。
ある日、向かいに越してきたニコルが気になる存在となったマークは、彼女をモデルにしたフィギュアの撮影も初めて、マーウェンの世界で恋が芽生えるのだが・・・。
__________

2010年のドキュメンタリー映画”Marwencol”にインスピレーションを受けて製作された作品。

実在のミニチュア模型写真家マーク・ホーガンキャンプが、暴行事件による心の傷から回復していく様子と周囲の人々との関係を描くドラマ。

現実と共に進行するファンタジックなミニチュアの世界の見事な映像と、悲哀を感じさせるストーリーは実に興味深いが、主人公の心情をうまく伝えきれない脚本は陳腐な箇所が多く、全体的な作品イメージを台無しにしている。

製作を兼ねたロバート・ゼメキスの演出、人気スター、スティーヴ・カレルの主演作ということで大いに期待された作品だったが、批評家、一般から酷評され、興行的にも大失敗作となってしまった。

主演のスティーヴ・カレルは、周囲の人々に励まされながら新しい生き方を見つける、心に傷を負った主人公マーク・ホーガンキャンプを個性を活かし好演している。

主人公とミニチュアの世界では愛し合うが、現実では友人以上にはなれない隣人のレスリー・マン、主人公を苦しめるマーウェンの魔女ダイアン・クルーガー、主人公の友人である模型店の経営者で、マーウェンを守る女性武装部隊”ホーギーズ”の一員メリット・ウェヴァー、主人公のリハビリのソーシャルワーカーでホーギーズのジャネール・モネイ、主人公と共にバーで働くホーギーズのエイザ・ゴンザレス、主人公の介護人であるロシア人でホーギーズのグェンドリン・クリスティー、主人公が好きな女優でホーギーズのレスリー・ゼメキス(ロバート・ゼメキス夫人)、ヒロイン”ニコル”の元恋人でミニチュアの世界の親衛隊少将ニール・ジャクソン、ミニチュアの世界の乳搾りの女性シボーン・ウィリアムズ、主人公を襲った犯人で、ミニチュアの世界の親衛隊大尉フォーク・ヘンチェル、その仲間とドイツ兵マット・オリアリー、ニコライ・ウィッチ、パトリック・ロッカス、アレクサンダー・ロウ、主人公が働くバーのオーナーとマーウェンの修道士のエリック・キーンリーサイド、バーで働き暴行された主人公を見つけた女性とホーギーズのステファニー・フォン・フェッテン、主人公の弁護士コンラッド・コーツ、主人公の裁判の判事ヴィーナー・スードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021