4373 Movies

モンスター上司2 Horrible Bosses 2 (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

オールスター・キャストでヒットした「モンスター上司」(2011)の続編。
憎き上司から解放され事業を始めた三人組が巻き起こす騒動を描く、監督、原案、脚本ショーン・アンダース、主演ジェイソン・ベイトマンジェイソン・サダイキスチャーリー・デイジェニファー・アニストンケヴィン・スペイシージェイミー・フォックスクリス・パインクリストフ・ヴァルツ他共演のコメディ。


コメディ

ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ショーン・アンダース

製作
ブレット・ラトナー
ジェイ・スターン
クリス・ベンダー
製作総指揮
トビー・エメリッヒ
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
サミュエル・J・ブラウン
ジョン・チェン
ダイアナ・ポコーニイ
キャラクター創造:マイケル・マーコウィッツ
原案
ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
ショーン・アンダース
ジョン・モリス
脚本
ショーン・アンダース
ジョン・モリス
撮影:ジュリオ・マカット
編集:エリック・キサック
音楽:クリストファー・レナーツ

出演
ニック・ヘンドリックス:ジェイソン・ベイトマン
カート・バックマン:ジェイソン・サダイキス
デール・アーバス:チャーリー・デイ
ジュリア・ハリス医師:ジェニファー・アニストン
デヴィッド・ハーケン:ケヴィン・スペイシー
ディーン”MF”ジョーンズ:ジェイミー・フォックス
レックス・ハンソン:クリス・パイン
バート・ハンソン:クリストフ・ヴァルツ
ハッチャー:ジョナサン・バンクス
ステイシー・アーバス:リンジー・スローン
マイク:キーガン・マイケル・キー
レイチェル:ケリー・ステイブルス
スキップ:ジェリー・ランバート
ロズ:レノン・パーハム
キム:スージー・ナカムラ
ブレイク:ブランドン・リチャードソン
ラング:キーリー・ヘゼル
セックス依存症の警官:ブルーノ・アマート
オーディオエージェント:アンディ・バックリー
プロデューサー:サム・リチャードソン
ピンクベリーの重役:ロブ・ヒューベル
セックス依存症:ブレンダン・ハント
セックス依存症:レベッカ・フィールド
ジョガー:シェルビー・チェスネス
無責任な男:ウィル・フォーテ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2014年製作 108分
公開
北米:2014年11月26日
日本:未公開
製作費 $42,000,000
北米興行収入 $54,445,360
世界 $107,645,360


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
憎き上司たちから解放されたニック・ヘンドリックス(ジェイソン・ベイトマン)、デール・アーバス(チャーリー・デイ)、カート・バックマン(ジェイソン・サダイキス)は、独立して起業することを考える。

三人は、新開発のシャワーヘッド”シャワー・バディ”をテレビ番組で紹介して出資者を募る。

大手流通会社”ボールダー物流”からの問い合わせを受けたニック、デール、カートは会社に向かい、経営者バート・ハンソン(クリストフ・ヴァルツ)の息子レックス(クリス・パイン)に歓迎される。

シャワー・バディを気に入っていたレックスは、開発費を一括で払い、製品を中国で製造することを提案し、譲れない条件だと三人に伝える。

話し合った三人は提案を断り、自分たちで製造して販売することをレックスに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「モンスター上司」(2011)
・「モンスター上司2」(2014)

*(簡略ストー リー)
憎き上司から解放されたニック、デール、カートの三人は自分たちでビジネスを始めることを考え、新開発の”シャワー・バディ”を発表し出資者を募る。
大手物流会社の経営者ハンソン親子と話した三人は、製品10万個の発注を受け、会社兼工場を準備して製造を始める。
10万個の製品を完成させたニックらだったが、ハンソン親子に騙され、50万ドルの借金を返済できなくなり窮地に陥る。
悩んだ結果、三人は、レックスを誘拐して身代金を要求する計画を実行するのだが・・・。
__________

オールスター・キャストでヒットした「モンスター上司」(2011)の続編。
ようやく上司から解放されたマヌケな三人組が、厳しいビジネスの世界で騙された末に巻き起こす騒動を描く爆笑コメディ。

人気スター、実力派を揃えた前作のキャストの多くがそのまま出演し、更に主人公の”敵”になる実業家親子としてクリストフ・ヴァルツクリス・パインが加わり、セス・ゴードンに代わり、原案、脚本を担当するショーン・アンダースが演出した作品。

不慣れなビジネス界で痛い目に遭う三人組が、仕方なく収監中の元上司に助言を求めるものの相手にされず、騒動の末に、結局はその上司のおかげで事業を成功させるというオチが可笑しい。

北米興行収入は約5400万ドル、全世界では1億ドルを超えるヒットとなったが、前作と比べると半減してしまった。
*前作
北米興行収入 $117,538,560
世界 $209,638,560

厳しく汚いビジネスの世界で騙され資金難に陥り、誘拐計画を実行するマヌケな三人組ジェイソン・ベイトマンジェイソン・サダイキスチャーリー・デイ、彼らに関わるセックス依存症の歯科医ジェニファー・アニストン、主人公三人の元上司で収監中のケヴィン・スペイシー、三人組に犯罪の指南をする詐欺師ジェイミー・フォックス、三人組を騙すビジネスマンのクリストフ・ヴァルツ、その息子で父を陥れるために三人組の自分の誘拐計画に加担するクリス・パイン、誘拐事件の担当刑事ジョナサン・バンクス、デール(チャーリー・デイ)の妻リンジー・スローン、レックス(キーリー・ヘゼル)の秘書キーリー・ヘゼル、セックス依存症の警官ブルーノ・アマート、同じく集会のメンバー、ブレンダン・ハントレベッカ・フィールド、”ピンクベリー”の重役ロブ・ヒューベル、レックス(スージー・ナカムラ)の家政婦スージー・ナカムラ、他キーガン・マイケル・キーケリー・ステイブルスジェリー・ランバートレノン・パーハムアンディ・バックリーサム・リチャードソンウィル・フォーテなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021