4350 Movies

モンスター上司 Horrible Bosses (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

友人同士の三人が憎きボスの耐え難い仕打ちに悩まされ、その殺害計画を実行した結果の騒動を描く、主演ジェイソン・ベイトマンチャーリー・デイジェイソン・サダイキスジェニファー・アニストンコリン・ファレルケヴィン・スペイシードナルド・サザーランドジェイミー・フォックス他共演、監督セス・ゴードンによる爆笑コメディ。


コメディ

ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:セス・ゴードン
製作総指揮
トビー・エメリッヒ

リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
サミュエル・J・ブラウン
ダイアナ・ポコーニイ
製作
ブレット・ラトナー

ジェイ・スターン
原案:マイケル・マーコウィッツ
脚本
ジョナサン・ゴールドスタイン

マイケル・マーコウィッツ
ジョン・フランシス・デイリー
撮影:デヴィッド・ヘニングス
編集:ピーター・テシュナー

音楽:クリストファー・レナーツ

出演
ニック・ヘンドリックス:ジェイソン・ベイトマン

デイル・アーバス:チャーリー・デイ
カート・バックマン:ジェイソン・サダイキス
ジュリア・ハリス医師:ジェニファー・アニストン
ボビー・ペリット:コリン・ファレル
デイヴ・ハーケン:ケヴィン・スペイシー
ジャック・ペリット:ドナルド・サザーランド
ディーン・MF・ジョーンズ:ジェイミー・フォックス
水仕事の男:ヨアン・グリフィズ
ルー・シャーマン:ボブ・ニューハート
ステイシー:リンゼイ・スローン
ケニー・ソマーフェルド:P・J・バーン
ロンダ・ハーケン:ジュリー・ボーエン
マージ・エマーマン:セリア・フィンケルスタイン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2011年製作 98分
公開
北米:2011年7月8日
日本:2011年10月29日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $117,538,560
世界 $209,638,560


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
出世を目指す金融マンのニック・ヘンドリックス(ジェイソン・ベイトマン)は、朝6時に出社するものの、2分遅刻してしまう。

最悪なボスのデイヴ・ハーケン(ケヴィン・スペイシー)に呼び出されたニックは、たった2分の遅刻で、いびられて嫌味を言われるが、昇進が近いと信じてそれに耐える。

歯科助手のデイル・アーバス(チャーリー・デイ)は、婚約者のステイシー(リンゼイ・スローン)がいたのだが、口腔外科医/D.D.S.のボス、ジュリア・ハリス(ジェニファー・アニストン)から、信じ難いセクハラを受けていた。

科学薬品会社の経理を担当するカート・バックマン(ジェイソン・サダイキス)は、人のいい社長ジャック・ペリット(ドナルド・サザーランド)に気に入られ、ヤク中のドラ息子ボビー(コリン・ファレル)ではなく、自分が会社を任される可能性もあった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「モンスター上司」(2011)
・「モンスター上司2」(2014)

*(簡略ストー リー)
金融マンのニック・ヘンドリックスは、ボスのハーケンにいびられながらも、昇進のためにそれに耐えていた。
歯科助手のデイル・アーバスは、ボスの歯科医ジュリアからの、信じ難いセクハラを受けて悩む。
科学薬品会社の経理担当カート・バックマンは、気のいい社長ペリットに気に入られていたが、彼が急死してしまう。
そして、後を継いだヤク中のドラ息子ボビーの横暴さに、ニックは頭を抱える。
三人は、集まって愚痴ばかりこぼしていたが、職場を辞めることも出来ずにいた。
しかし、ついに我慢の限界に達した三人は、ボス達を殺すことを考えて、殺し屋を雇おうとする。
デイルがネットで探した男は、ただの変態で、その後、三人は、危険地帯のバーで、怪しげな凶悪犯風のジョーンズに話しかけられる。
ジョーンズは、殺しのコンサルタントだと言うことなのだが、彼は、それぞれが、お互いのボスを殺すことを提案して、三人は、それを実行に移すのだが・・・。
__________

サラリーマンの”永遠のテーマ”、憎き上司の撃退劇を、殺人にまでエスカレートして過激に描くブラック・コメディ。

悪人でない主人公の三人が、三流詐欺師の助言に従い、出来もしない殺人計画を実行しようとする間抜けさは最高に笑える。

コメディアンに加え、実力派スターらが集結し、大いに楽しんでいる姿が実に愉快で、特に、恨みを買う三人のボスの熱演が見ものだ。

北米興行収入は約1億1800万ドル、全世界では2億ドルを超すヒットとなった。

大スターから脇役まで、そのキャラクターなどのバランスがいいことと、当然のごとく手抜きもない、セス・ゴードンの軽快な演出も注目だ。

どうしようもない、最悪上司に頭を抱える三人、昇進を夢見るジェイソン・ベイトマン、お人好しの歯科助手チャーリー・デイ、女好きの楽天家ジェイソン・サダイキス、それぞれのボス、嫌味で嫉妬深いケヴィン・スペイシー、魔女のような脅威のセクハラ歯科医ジェニファー・アニストン、バカ息子社長を怪演するコリン・ファレル、その父で、冒頭だけ登場のドナルド・サザーランド、こちらもいい雰囲気で演じている、三人に助言する、見かけだけ凄味のある詐欺師ジェイミー・フォックス、殺し屋と間違えられる変態男ヨアン・グリフィズ、ニック(J・ベイトマン)の新しいボス、ボブ・ニューハート、デイル(C・デイ)の恋人役のリンゼイ・スローン、三人の友人役P・J・バーン、ハーケン(K・スペイシー)の妻ジュリー・ボーエンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020