4505 Movies

ビリーブ 未来への大逆転 On the Basis of Sex (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アメリカ史上初の男女平等裁判に挑んだルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判事)の闘いの日々を描く、監督ミミ・レダーフェリシティ・ジョーンズアーミー・ハマージャスティン・セローキャシー・ベイツサム・ウォーターストンケイリー・スピーニージャック・レイナースティーヴン・ルート他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ミミ・レダー

製作
ロバート・W・コート
ジョナサン・キング
製作総指揮
ジェフ・スコール
ダニエル・スティープルマン
ベッツィー・ダンバリー
カレン・ループ
脚本:ダニエル・スティープルマン
撮影:マイケル・グレイディ
編集:ミシェル・テゾーロ
音楽:マイケル・ダナ

出演
ルース・ベイダー・ギンズバーグフェリシティ・ジョーンズ
マーティン・D・ギンズバーグアーミー・ハマー
メルヴィン”メル”ウルフ:ジャスティン・セロー
ドロシー・ケニヨンキャシー・ベイツ
アーウィン・グリスウォルドサム・ウォーターストン
ジェーン・C・ギンズバーグケイリー・スピーニー
ジェームズ・スティーヴン・ギンズバーグ:カラム・ショーニカー
ジェームズ・H・ボザース:ジャック・レイナー
アーネスト・ブラウン教授:スティーヴン・ルート
ジェラルド・ガンサー教授:ロナルド・グットマン
チャールズ・モリッツ:クリス・マルケイ
ウィリアム・エドワード・ドイル判事:ゲイリー・ワーンツ
フレッド・ドーハティ判事:フランシス・X・マッカーシー
ウィリアム・ジャドソン・ホロウェイJr.判事:ベン・カールソン
ハリエット・グリスウォルド:ウェンディ・クルーソン
トム・ミラー:ジョン・ラルストン
ワイランド・リードベター医師:アーサー・ホールデン
エミリー・ヒックス:アンジェラ・ガルッポ
抗議行動のリーダー:アーレン・アグエイヨ=スチュワート
ミリセント:ホリー・ゴーティエ=フランケル
グリーン:トム・アーウィン
本人:ルース・ベイダー・ギンズバーグ

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2018年製作 120分
公開
北米:2018年12月25日
日本:2019年3月22日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $24,704,840
世界 $38,755,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1956年、ハーバード・ロー・スクール
1回生のルース・ベイダー・ギンズバーグフェリシティ・ジョーンズ)は、弁護士になる夢があった。

ルースは、ほぼ全員が男子学生の中で、学部長アーウィン・グリスウォルドサム・ウォーターストン)のスピーチを聞く。

その夜ルースは、夫マーティンアーミー・ハマー)に幼い娘ジェーンを任せて、学部長主催のパーティーに出席する。

食事が始まり、女性が入学を許可されて6年目だと話すグリスウォルドは、9人の新入女子学生を歓迎する。

グリスウォルドは、女子学生に自己紹介をさせて、男性の席を奪ってまで入学した理由を話すよう指示する。

くだらない理由を述べた学生の発言を遮るグリスウォルドは、ルースの話を聞く。

夫のマーティンが法科の2年生だと言うルースは、夫を理解できる良き妻になるためだと、グリスウォルドが満足しそうもない理由を語る。

帰宅したルースは、女性を見下す学部長の態度などを批判するものの、マーティンに励まされる。

アーネスト・ブラウン教授(スティーヴン・ルート)の契約法入門の講義を受けたルースは、挙手するものの指名してもらえない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1956年。
ハーバード・ロー・スクールに入学したルース・ベイダー・ギンズバーグは、同じ法学生の夫マーティンと共に弁護士になる夢があった。
3年後、ガンを克服したマーティンニューヨークで弁護士となったために、ルースコロンビア・ロー・スクールに編入して首席で卒業する。
しかし、学業優秀でも女であることで弁護士の職を得られないルースは、ラトガース・ロー・スクールの教授となる。
弁護士になることを諦めることができないルースは、ある日、マーティンから、税法上の判例(Moritz v. Commissioner)を知らされる。
独身男性ということで、老いた母親の介護のための税金控除を拒否されたモリッツのケースが男性差別だと確信したルースは、マーティンACLU/アメリカ自由人権協会の旧友メルらの協力を得て、連邦裁判所にそれを違法と認めさせようとするのだが・・・。
__________

アメリカ史上初の男女平等裁判に挑んだ、後の連邦最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグの闘いの日々を描くドラマ。

ミミ・レダーにとっては「ザ・エッグ」以来9年ぶりの監督作品であり、当初の主演候補はナタリー・ポートマンだったが、フェリシティ・ジョーンズが起用された。

男女平等という考えにほど遠かった1950年代半ばから、1970年代の時代の移り変わりと共に、弁護士になることを夢見る主人公が、法の下だけでなく性差別のシステム自体を崩せると考え、信念を貫き通す姿を、人間の力強さと共に描いた骨太のドラマに仕上がっている。

実力派スターの説得力ある演技に加え、ミミ・レダーのシャープな演出が見どころの作品であり、マイケル・ダナの軽快な音楽も印象に残る。

アメリカ社会に大きな影響を与えたルース・ベイダー・ギンズバーグの功績を称える作品でもあり、最高裁判所に向かう本人が登場するクライマックスの演出も注目だ。

自身も”オックスフォード大学ウォーダム校”を卒業したエリートであり、知性を感じさせる主演のフェリシティ・ジョーンズは、信念の人として尊敬されるルース・ベイダー・ギンズバーグを見事に演じ切っている。

主人公である妻を支える税法の専門家マーティン・D・ギンズバーグアーミー・ハマー、主人公に協力するACLU/アメリカ自由人権協会の代表ジャスティン・セロー、主人公に厳しく接するものの、陰で後押しする活動家である弁護士ドロシー・ケニヨンキャシー・ベイツハーバード・ロー・スクールの学部長、そして訟務長官となる女性を蔑視する人物アーウィン・グリスウォルドサム・ウォーターストン、その妻ウェンディ・クルーソン、主人公の娘ジェーン・C・ギンズバーグケイリー・スピーニー、その弟ジェームズ・スティーヴン・ギンズバーグのカラム・ショーニカー、司法省の弁護士ジャック・レイナー、彼に裁判を担当させる前ハーバード・ロー・スクール教授のスティーヴン・ルート、主人公の恩師であり、模擬裁判で協力するジェラルド・ガンサー教授のロナルド・グットマン、主人公と共に闘う、税法上の判例(Moritz v. Commissioner)の当事者チャールズ・モリッツのクリス・マルケイ、裁判を担当するウィリアム・エドワード・ドイル判事のゲイリー・ワーンツ、フレッド・ドーハティ判事のフランシス・X・マッカーシーウィリアム・ジャドソン・ホロウェイJr.判事のベン・カールソンマーティンの上司ジョン・ラルストンマーティンの主治医アーサー・ホールデン、主人公の学友アンジェラ・ガルッポ、抗議行動のリーダー役アーレン・アグエイヨ=スチュワート、主人公の秘書ホリー・ゴーティエ=フランケル、主人公を採用しない法律事務所の経営者トム・アーウィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021