4505 Movies

ライフ・オブ・ザ・パーティー Life of the Party (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

夫に捨てられるものの奮起して大学に復学した女性の奮闘を描く、製作、脚本、監督ベン・ファルコーン、製作、脚本、主演メリッサ・マッカーシーモリー・ゴードンギリアン・ジェイコブズマーヤ・ルドルフマット・ウォルシュジュリー・ボーウェン他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ベン・ファルコーン

製作
ベン・ファルコーン
メリッサ・マッカーシー
クリス・ヘンチー
製作総指揮
トビー・エメリッヒ
デヴィッド・シーゲル
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
脚本
ベン・ファルコーン
メリッサ・マッカーシー
撮影:ジュリオ・マカット
編集:ブライアン・オールズ
音楽:フィル・アイズラー

出演
ディアナ・マイルズ:メリッサ・マッカーシー
マディー・マイルズ:モリー・ゴードン
ヘレン:ギリアン・ジェイコブズ
クリスティン・ダヴェンポート:マーヤ・ルドルフ
ダニエル”ダン”マイルズ:マット・ウォルシュ
マーシー・ストロング:ジュリー・ボーウェン
デビー:ジェシー・エニス
アマンダ:アドリア・アルホナ
ジェニファー:デビー・ライアン
マイケル”マイク”クック:スティーヴン・ルート
サンディ・クック:ジャッキー・ウィーヴァー
ジャック・ストロング:ルーク・ベンワード
リオノア:ハイディ・ガードナー
タイラー:ジミー・O・ヤン
ウェイン・トルザック:クリス・パーネル
フランク・ダヴェンポート:デーモン・ジョーンズ
トリーナ:ヤニ・スモーネ
デイル:ベン・ファルコーン
調停人:カレン・マルヤマ
ランス:ナット・ファクソン
ギルドレッド:サラ・ベイカー
ビル:スティーヴ・マロリー
エイミー:コートニー・パターソン
老人/ヴィンス:スティーヴ・ファルコーン
老人/デニス:マイケル・D・マッカーシー
本人:クリスティーナ・アギレラ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2018年製作 105分
公開
北米:2018年5月11日
日本:未公開
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $53,059,910
世界 $65,859,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アトランタ
ディアナ・マイルズ(メリッサ・マッカーシー)は、自分も通ったディケーター大学の4年生になる娘のマディー(モリー・ゴードン)を、夫のダニエル”ダン”(マット・ウォルシュ)と共に寮に送る。

ダンは卒業したものの中退したディアナは、マディーを励まして家に向かおうとする。

夫婦でイタリア旅行を予定していたディアナは、ダンからいきなり離婚したいと言われ、不動産業者のマーシー・ストロング(ジュリー・ボーウェン)を愛していることを知らされる。

動揺して車を降りたディアナは、ダンから家も売ると言われたために憤慨し、車のドアを蹴ってその場を去る。

Uber”で車を呼んだディアナは、ドライバーのデイル(ベン・ファルコーン)に同情され、両親マイケル”マイク”クック(スティーヴン・ルート)とサンディ(ジャッキー・ウィーヴァー)の家に送ってもらう。

サンディと共にディアナを慰めるマイクは、妊娠中の妻を残り1年で中退させた過去の話をもちだして、ダンを非難する。

中退は2人で決めたことで、お金が必要だったので、1人しか卒業できないならダンが行くべきだったと話すディアナは、興奮したマイクが銃を手にし暴発させたために驚く。

その後、帰宅したディアナは、ダンのものを庭に運び燃やしてしまう。

翌日ディアナは、親友クリスティン・ダヴェンポート(マーヤ・ルドルフ)と共に、酒を飲みながらラケットボールを楽しむ。

その夜、アルバムを見ていたディアナは、大学時代の考古学クラブのことなどを思いだす。

マディーを訪ねたディアナは、ダンと離婚することを知らせて、彼がマーシーと愛し合っていることも伝える。

ディアナは、考古学の学位をとるために大学に復学することをマディーに話し、彼女を驚かせる。

マディーの友人ヘレン(ギリアン・ジェイコブズ)、デビー(ジェシー・エニス)、アマンダ(アドリア・アルホナ)と話したディアナは、自分も大学に通うことを彼女らに伝える。

ヘレンが皆より年上に思えたディアナは、スカイダイビング中に意識がなくなり、彼女が8年間昏睡状態だったことを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アトランタ
ディアナ・マイルズは、夫ダンから離婚話を持ち出されてショックを受ける。
妊娠したために中退したディケーター大学に復学することを決めたディアナは、4年生の娘マディーと共に同じキャンパスで学ぶことになる。
考古学の学位をとろうとするディアナは、マディーの友人と仲良くなり、男子学生のジャックとの恋も芽生え、大学生活を楽しむのだが・・・。
__________

ベン・ファルコーンメリッサ・マッカーシー夫妻が、製作と脚本を担当し、それぞれが監督と主演をこなした作品。
ベン・ファルコーンは”Uber”のドライバー役で、更に2人の父親も出演もしている。

夫に捨てられ、奮起して大学に復学した女性の奮闘を描くコメディ。

人気スターの各個性を活かしたユーモラスな内容は楽しめるものの、メリハリに欠けるベン・ファルコーンの演出は平凡で、批評家の評価も低く、メリッサ・マッカーシーとのコンビ作品としては興行的におもわしくなかった。
北米興行収入 $53,059,910
世界 $65,859,910

主演のメリッサ・マッカーシーは、夫に捨てられるものの、奮起して大学に復学し、騒動を起こしながらも学生生活を楽しむ主人公を愉快に演じている。

当初は迷惑に思っていたものの、母とのキャンパスライフを楽しむ主人公の娘モリー・ゴードン、その友人で8年間昏睡状態だった経験があるギリアン・ジェイコブズ、同じくジェシー・エニス、アドリア・アルホナ、主人公の親友マーヤ・ルドルフ、その夫デーモン・ジョーンズ、主人公の夫マット・ウォルシュ、彼と結婚する不動産業者のジュリー・ボーウェン、その息子で主人公と付き合う男子学生ルーク・ベンワード、主人公を嫌う女子学生のデビー・ライアン、主人公の両親スティーヴン・ルートジャッキー・ウィーヴァー、主人公のルームメイト、ハイディ・ガードナー、主人公の娘のボーイフレンド、ジミー・O・ヤン、主人公の同級生である考古学教授クリス・パーネル、”Uber”の運転手ベン・ファルコーン、離婚調停の調停人カレン・マルヤマ、主人公の友人ナット・ファクソンサラ・ベイカー、スティーヴ・マロリー、コートニー・パターソン、老人のスティーヴ・ファルコーン(ベン・ファルコーンの実父)、同じくマイケル・D・マッカーシー(メリッサ・マッカーシーの実父)、そしてクリスティーナ・アギレラが本人役で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021