4553 Movies

ノクターナル・アニマルズ Nocturnal Animals (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1993年に発表された、オースティン・ライトの小説”Tony and Susan”を基に製作された作品。
成功者であるアート・ギャラリーのオーナーが、別れた夫から送られてきた著作に惹きつけられながら混乱していく姿を描く、製作、監督、脚本トム・フォード、主演エイミー・アダムスジェイク・ギレンホールマイケル・シャノンアーロン・テイラー=ジョンソンアイラ・フィッシャーアーミー・ハマーローラ・リニーマイケル・シーンアンドレア・ライズボロー他共演の心理スリラー。


スリラー/ホラー

エイミー・アダムス / Amy Adams / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:トム・フォード

製作
トム・フォード
ロバート・サレルノ
原作:オースティン・ライトTony and Susan
脚本:トム・フォード
撮影:シェイマス・マクガーヴェイ
編集:ジョーン・ソーベル
音楽:アベル・コジェニオウスキ

出演
スーザン・モロー:エイミー・アダムス
トニー・ヘイスティングス/エドワード・シェフィールド:ジェイク・ギレンホール
ボビー・アンディーズ警部補:マイケル・シャノン
レイ・マーカス:アーロン・テイラー=ジョンソン
ローラ・ヘイスティングス:アイラ・フィッシャー
ハットン・モロー:アーミー・ハマー
アン・サットン:ローラ・リニー
カルロス・ホルト:マイケル・シーン
アレシア・ホルト:アンドレア・ライズボロー
インディア・ヘイスティングス:エリー・バンバー
ターク/スティーヴ・アダムズ:ロバート・アラマヨ
サマンサ・ヴァン・ヘルシング:クリスティン・バウアー・ヴァン・ストラテン
ルー・ベイツ:カール・グルスマン
セイジ・ロス:ジェナ・マローン
アレックス:ゾウイ・アシュトン
サマンサ・モロー:インディア・メニューズ
グレイヴス警部補:グレアム・ベッケル
クリストファー:ニール・ジャクソン

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2016年製作 115分
公開
北米:2016年11月18日
日本:2017年11月3日
製作費 $22,500,000
北米興行収入 $10,663,360
世界 $30,311,860


アカデミー賞
第89回アカデミー賞

・ノミネート
助演男優賞(マイケル・シャノン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
アート・ギャラリーのオーナーであるスーザン・モロー(エイミー・アダムス)は、何不自由ない生活を送っていたものの、夫ハットン(アーミー・ハマー)との結婚生活は冷めきっていた。

ある日、小包が届いたことをアシスタントのクリストファー(ニール・ジャクソン)から知らされたスーザンは、それを開けようとして指を切ってしまう。

開封を頼んだクリストファーに、中に入っていた手紙を読んでもらったスーザンは、19年前に別れた夫で小説家のエドワード・シェフィールドから送られたものだと知る。

それは、自分との別れが着想となった、以前とは作風が違うという出版前の校正刷りだった。

仕事で水曜までロサンゼルスにいるので、ぜひ会いたいという内容が手紙には書かれていた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
アート・ギャラリーのオーナーであるスーザン・モローは、成功者として何不自由ない生活をしていたが、夫ハットンとの関係も冷めて満たされない日々を送っていた。
そんなスーザンは、19年前に別れた夫で作家を志していたエドワードから送られてきた著作を読み始める。
エドワードの才能を認めることができずに別れたスーザンだったが、家族が悪党に嫌がらせを受けて殺人事件にまで発展する著作の内容に、衝撃を受けると共に惹きつけられる。
過去を想いながら著作を読み続けるスーザンは、出版前の著作を自分に送ったエドワードの真意が理解できずに、次第に不安が募り苦悩する・・・。
__________

ファッション界など各方面に多大な影響を与えるトム・フォードが、「シングルマン」(2009)に続き製作、監督、脚本を担当した作品。

現在と過去、そして小説の中の物語が入れ替わりながら描かれる内容であり、過去の行いを後悔する主人公が、元夫が送ってきた著作に惹きつけられるものの、その真意が理解できずに混乱していく姿を描く心理スリラー。

オースティン・ライトの原作のタイトルが”Tony and Susan”であることがポイントで、主人公のスーザンは、著者である別れた夫の”エドワード”の真意を探るために、著作の登場人物である”トニー”に彼を投影して読み進めるために次第に混乱していく様が、繊細なタッチで描かれている。

恐ろしい内容が展開する著作の物語と、トム・フォードらしい洗練されたセンスで描かれる現実の世界との対比に注目したい。
著作の中の妻子の死体が発見される場面で、廃棄物である真っ赤なソファーに横たわる遺体のショットの美しさは、悲惨な現場であるにも拘らず、まるで芸術作品のようだ。

第89回アカデミー賞では、肺癌による死期を知りながら、正義を貫こうとして被害者に協力する警部補を好演したマイケル・シャノンが、助演男優賞にノミネートされた。

第73回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞にノミネートされ、審査員大賞を受賞した。

シングルマン」(2009)でも音楽を担当した、アベル・コジェニオウスキの美しい楽曲も印象に残る。

主演のエイミー・アダムスは、満たされぬ日々の中で、送られてきた元夫の著作を読み、衝撃を受けて惹きつけられながら、彼の真意が理解できずに苦悩する女性を見事に演じている。

主人公の元夫エドワードと、彼女がエドワードを投影しながら読み進める著作の主人公を熱演するジェイク・ギレンホール、彼に嫌がらせをして妻子(アイラ・フィッシャーエリー・バンバー)を殺害する物語の中の犯人アーロン・テイラー=ジョンソン、主人公の夫アーミー・ハマー、主人公の母親ローラ・リニー、主人公の友人である夫妻マイケル・シーンアンドレア・ライズボロー、物語の中の犯人ロバート・アラマヨカール・グルスマン、ギャラリーのスタッフ、クリスティン・バウアー・ヴァン・ストラテンジェナ・マローンゾウイ・アシュトン、主人公の娘インディア・メニューズ、警部補のグレアム・ベッケル、主人公のアシスタントのニール・ジャクソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021