4545 Movies

ファミリービジネス Family Business (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

窃盗犯の祖父から受け継いだ血で結ばれた3代の犯罪ファミリーが巻き起こす騒動を描く、監督シドニー・ルメット、主演ショーン・コネリーダスティン・ホフマンマシュー・ブロデリックロザンナ・デ・ソート他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:シドニー・ルメット
製作:ローレンス・ゴードン
製作総指揮
アーノン・ミルチャン
ジェニファー・オグデン
バート・ハリス
原作:ヴィンセント・パトリック”Family Business”
脚本:ヴィンセント・パトリック
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
編集:アンドリュー・モンドシェイン
音楽:サイ・コールマン

出演
ジェシー・マクマレン:ショーン・コネリー
ヴィトー・マクマレン:ダスティン・ホフマン
アダム・マクマレン:マシュー・ブロデリック
エレイン・マクマレン:ロザンナ・デ・ソート
マージ:ジャネット・キャロル
クリスティン:ヴィクトリア・ジャクソン
ミッシェル・デンプシー:デボラ・ラッシュ
ジミー・チュウ:B・D・ウォン
ダニー・ドヒーニ:ビル・マッカチオン
トーレス:ルイス・ガスマン
判事:ジェームズ・トールカン
マリー:マリリン・ソコル

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1989年製作 113分
公開
北米:1989年12月15日
日本:1990年1月20日
北米興行収入 $12,195,700


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
食肉業者のヴィトー・マクマレン(ダスティン・ホフマン)は、”過越”を祝うために妻エレイン(ロザンナ・デ・ソート)の両親の元に向かう。

義父母に迎えられたヴィトーは、既に食卓に着いていた息子のアダム(マシュー・ブロデリック)に気づく。

アダムが祈りを捧げて、食事が始まる。

かかってきた電話に出たアダムは、祖父ジェシー(ショーン・コネリー)から、留置場から出るための保釈金を払ってほしいと頼まれる。

何も話さなかったアダムは、ヴィトーから電話のことを訊かれ、ジェシーがバーで非番の警官を殴ったために逮捕され、その保釈金のことだと伝える。

ヴィトーから、悪党のジェシーには近づくなと言われたアダムだったが、父を説得して800ドルを借りる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1985年に発表された、ヴィンセント・パトリックの小説”Family Business”を基に製作された作品。
ヴィンセント・パトリックは、本作の脚本も担当した。

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
窃盗犯の祖父ジェシー・マクマレンを父ヴィトーよりも慕う孫のアダムは、ある新発見の酵母を盗みだせば100万ドルで売れることを話す。
その話に乗ったジェシーから仲間に加わるよう説得されたヴィトーは、アダムを守るために仕方なくそれに同意する。
計画を練って研究所に忍び込み、酵母が入った試験管とデータ帳を盗み出した3人だったが、逃げ遅れたアダムが逮捕されてしまう。
孫、そして息子を救おうとするジェシーとヴィトーは、対立しながら対策を考えるのだが・・・。
__________

監督はシドニー・ルメットローレンス・ゴードンアーノン・ミルチャンなどが製作に参加し、ショーン・コネリーダスティン・ホフマンの実力派のベテランに加え、若手期待のマシュー・ブロデリックが共演したことで話題になった作品。

個性的なキャラクターである3代の親子の駆け引きが、ユーモアを交えて軽快に描かれてはいるが、シドニー・ルメット作品にしては演出に深みがなく平凡で、肩の凝らないコメディとして楽しむ程度の作品に終わっている。

批評家、一般の評価は低く、これだけのスタッフ、キャストにも拘らず興行的にも成功しなかった作品。
*北米興行収入 $12,195,700

印象に残る曲ではあるものの、内容と合わない雰囲気のサイ・コールマン音楽もドラマの邪魔をしているように思える。

孫であり息子のマシュー・ブロデリックは違和感ないが、ショーン・コネリーダスティン・ホフマンが全く親子に見えない。
ドラマの中では20歳くらい離れた設定であり、メイクで年齢差を見せようとしているが、実際には7歳しか違わない二人は兄弟にしか思えない。

そんな中で、人間味あふれる祖父を好演するショーン・コネリーは実に魅力的であり、1980年代に復活し、「アンタッチャブル」(1987)でオスカーを受賞した実力を見せてくれる。

実業家ではあるが、今一、親として頼りない父親を演ずるダスティン・ホフマン、その息子で新鮮な演技を見せるマシュー・ブロデリック、その母親ロザンナ・デ・ソート、主人公の恋人ジャネット・キャロル、アダム(マシュー・ブロデリック)の恋人ヴィクトリア・ジャクソン、弁護士のデボラ・ラッシュ、酵母研究をする大学教授のB・D・ウォン、バーのオーナー、ビル・マッカチオン、精肉市場で働く従業員のルイス・ガスマン、事務員のマリリン・ソコル、判事のジェームズ・トールカンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021