4503 Movies

女神の見えざる手 Miss Sloane (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

銃規制強化法案に反対する強大な権力に立ち向かうロビイストの闘いを描く、監督ジョン・マッデン、主演ジェシカ・チャステインマーク・ストロングググ・バサ=ローアリソン・ピルマイケル・スタールバーグサム・ウォーターストンジョン・リスゴー他共演の政治ドラマ。


ドラマ

ジェシカ・チャステイン / Jessica Chastain / Pinterest
マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・マッデン
製作
ベン・ブラウニング
クリス・サイキエル
アリエル・ゼトゥン
製作総指揮
クロード・レジェ
ジョナサン・ヴァンガー
パトリック・チュウ
脚本:ジョナサン・ペレラ
撮影:セバスチャン・ブレンコフ
編集:アレクサンダー・バーナー
音楽:マックス・リヒター

出演
マデリン”エリザベス”スローン:ジェシカ・チャステイン
ロドルフォ・シュミット:マーク・ストロング
エズメ・マヌチャリアン:ググ・バサ=ロー
ジェーン・モロイ:アリソン・ピル
パット・コナーズ:マイケル・スタールバーグ
ジョージ・デュポン:サム・ウォーターストン
ロナルド・M・スパーリング上院議員:ジョン・リスゴー
ダニエル・ポスナー:デヴィッド・ウィルソン・バーンズ
ロバート・フォード:ジェイク・レイシー
R・M・ダットン:ラウール・バネジャ
ビル・サンフォード:チャック・シャマタ
アレックス:ダグラス・スミス
クララ・トムソン:メーガン・フェイヒー
ローレン:グレース・リン・カン
ロス:アル・ムカダム
フランクリン・ウォルシュ:ノア・ロビンズ
シンシア・グリーン:ルーシー・オーウェン
リトル・サム:セルジオ・ディ・ジオ
ビッグ・サム:ジョー・ピングー
フランク・マギル:マイケル・クラム
ジョン・オニール:ディラン・ベイカー
ラミレス:ザック・スマドゥ
トラヴィス:オースティン・ストラグネル
プル・ウォルシュ:アレクサンドラ・カスティージョ
バズカット:ジャック・マーリー
エヴリン・サマー:クリスティーン・バランスキー
スペンサーJr.:アーロン・ヘイル
グレタ:グレタ・オニーオグ

アメリカ/フランス 映画
配給 ヨーロッパ・コープ
2016年製作 127分
公開
北米:2016年11月25日
日本:2017年10月20日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $3,500,610
世界 $9,101,550


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ワシントンD.C.
”ピーターソン・ワイアット”のロビイストであるマデリン”エリザベス”スローン(ジェシカ・チャステイン)は、社の顧問弁護士のダニエル・ポスナー(デヴィッド・ウィルソン・バーンズ)と共に、ロナルド・M・スパーリング上院議員(ジョン・リスゴー)が議長を務める議会聴聞に出席する。

連邦議会上院 第4集会室。
宣誓したスローンは、名前と生年月日の確認後、前勤務先の”コール・クラヴィッツ&ウォーターマン”での仕事の内容を訊かれれる。

スローンは、弁護人の助言によりと前置きし、憲法、修正第5条に基づき答えることを拒否する。

クライアントだったインドネシアから、パーム油のアメリ家への輸入課徴金に対する反対キャンペーンの仕事を受けたか訊かれたスローンは、同じ回答をする。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
”コール・クラヴィッツ&ウォーターマン”のロビイストであるマデリン”エリザベス”スローンは、銃製造団体の代表サンフォードから、銃規制強化法案を潰す目的で女性票を取り込むロビー活動を依頼される。
それを断ったスローンは、法案賛成派のロビー会社”ピーターソン・ワイアット”CEOのシュミットに誘われる。
スタッフを連れてシュミットに雇われたスローンは、法案可決に必要な票獲得のために、あらゆる方法を使い活動を始めるのだが・・・。
__________

恋におちたシェイクスピア」(1998)などの話題作で知られるジョン・マッデンが演出し、「ペイド・バック」(2011)で彼と組んだジェシカ・チャステインが主演を務めた作品。

銃規制強化法案に反対する強大な権力に立ち向かうロビイストの戦いを描く政治ドラマ。

日本人からすると荒唐無稽に思われるような内容ではあるが、アメリカや世界では活発に行われているロビー活動の世界の内幕を描く作品。

諜報工作のようなロビイストの活動が、ドラマであるためにやや大袈裟に描かれているのは仕方ないとして、クライマックスのどんでん返しを含めて、娯楽作と考えれば面白味があるが、脚本と演出が凝り過ぎたご都合主義的な内容が気になる。

魅力的な出演陣の中で、圧倒的な存在感で迫力を感じさせる剛腕ロビイストを演じ、ゴールデングローブ賞の主演賞にノミネートされたジェシカ・チャステインの演技は見応えあるが、それに支えられているだけとも言える。

これだけのスタッフ、キャストにも拘わらず、限定公開され、その後、拡大されたものの、興行的には成功しなかった作品。

製作費 $13,000,000
北米興行収入 $3,500,610
世界 $9,101,550

主人公を雇い銃規制強化法案可決に向けて活動するマーク・ストロング、高校時代の銃乱射事件のトラウマを抱えながら主人公の下で行動するググ・バサ=ロー、元主人公のアシスタントであり、終盤でスパイだったことが分かるアリソン・ピル、その上司である銃規制法案を潰そうとするロビイストのマイケル・スタールバーグ、その上司であるCEOサム・ウォーターストン、彼に動かされていた、聴聞会を開く上院議員ジョン・リスゴー、主人公の弁護士デヴィッド・ウィルソン・バーンズ、主人公の相手をするエスコートサービスのジェイク・レイシー、デュポン(サム・ウォーターストン)の部下ラウール・バネジャ、銃製造団体の代表チャック・シャマタ、主人公の部下であるスタッフのダグラス・スミスメーガン・フェイヒーグレース・リン・カンアル・ムカダムノア・ロビンズ、主人公を裏切る部下ルーシー・オーウェン、監視のプロであるハッカーのセルジオ・ディ・ジオジョー・ピングー、路上で襲われたエズメ(ググ・バサ=ロー)を銃で救い法案反対派に英雄視されるマイケル・クラム、テレビのディベート番組のホスト、ディラン・ベイカー、主人公に取材を申し込む記者アレクサンドラ・カスティージョ、女性団体の代表クリスティーン・バランスキーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021