4450 Movies

愛しのシバよ帰れ Come Back, Little Sheba (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1950年に上演された、ウィリアム・インジの舞台劇”Come Back, Little Sheba”の映画化。
学生時代の過ちの末に結婚した心に傷を抱える夫婦の苦悩と再生を描く、製作ハル・B・ウォリス、監督ダニエル・マン、主演バート・ランカスターシャーリー・ブーステリー・ムーアリチャード・ジャッケル他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ダニエル・マン

製作:ハル・B・ウォリス
原作:ウィリアム・インジCome Back, Little Sheba
脚本:ケティ・フリングス
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
編集:ウォーレン・ロウ
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
”ドク”デレイニー:バート・ランカスター
ローラ・デレイニー:シャーリー・ブース
マリー・バックホルダー:テリー・ムーア
ターク・フィッシャー:リチャード・ジャッケル
エド・アンダーソン:フィリップ・オバー
コーフマン夫人:リザ・ゴルム
エルモ・ヒューストン:エドウィン・マックス
ブルース・カニンガム:ウォルター・ケリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1952年製作 99分
公開
北米:1952年12月23日
日本:1953年9月20日


アカデミー賞
第25回アカデミー賞

・受賞
主演女優賞(シャーリー・ブース
・ノミネート
助演女優(テリー・ムーア
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
大学生のマリー・バックホルダー(テリー・ムーア)は、デレイニー家を訪ねる。

指圧師”ドク”デレイニー(バート・ランカスター)の妻ローラ(シャーリー・ブース)は、部屋を見に来たマリーを歓迎し、彼女を二階に案内する。

部屋を見せたローラは、眠っているドクのことを話し、一階の裁縫室を貸してもいいと伝えて、他の家も見て検討すると言うマリーを見送る。

ローラは、かつて飼っていた子犬のシバに似た犬を道路で見かけ、起きた来たドクにそのことを話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
学生時代の過ちから結婚して医学を諦めた”ドク”デレイニーは、妻のローラと共に平凡な日々を送っていた。
子供が流産したことで絶望したドクは酒に溺れ、何とか克服して断酒会に通っていた。
そんな彼らの家に、女学生のマリーが部屋を借りに来る。
体の状態が気になり断ろうとしたドクだったが、マリーの姿に学生時代のローラを投影し、彼女に部屋を貸すことにする。
その後、マリーが、相応しい相手とは思えない学生タークとの交際を始めたために、彼女を心配するドクは次第に心が乱れ始める・・・。
__________

ダニエル・マン自身が演出した、ウィリアム・インジの舞台劇”Come Back, Little Sheba”の映画化であり、舞台でも”ローラ・デレイニー”を演じトニー賞を受賞したシャーリー・ブースが同役を演じ、二人にとっては映画デビュー作となった。

絶望を克服しようとする人間の制御できない苦悩を切実に描く、舞台劇らしい役者の演技のぶつかり合いが見どころの作品。

まだ30代のバート・ランカスターは、老けたメイクで50歳過ぎのシャーリー・ブースとの夫婦役を演じているが、どうも釣り合いが取れない雰囲気がある。

パラマウントは若手期待のバート・ランカスターを起用したのだが、シャーリー・ブースと共にドク役でトニー賞を受賞した、彼女と同年代のシドニー・ブラックマーに映画でも演じてほしかったというのが正直な意見だ。

実力派女優シャーリー・ブースは、舞台と同じく本作の演技も絶賛され、映画初出演で見事にアカデミー主演賞を、ゴールデングローブ賞他でも同賞を受賞した。

主人公夫妻の家に下宿する女学生を好演するテリー・ムーア、彼女に言い寄り主人公に嫌われる男子学生のリチャード・ジャッケル、主人公を支える断酒会のリーダー、フィリップ・オバー、同じくエドウィン・マックス、主人公の隣人リザ・ゴルム、マリー(テリー・ムーア)の恋人ウォルター・ケリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021