4186 Movies

恋におちたシェイクスピア Shakespeare in Love (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ウィリアム・シェイクスピアが、自らの恋をきっかけに”ロミオとジュリエット”を完成させるまでを描く、アカデミー作品賞他受賞、監督ジョン・マッデン、主演グウィネス・パルトロージョセフ・ファインズジェフリー・ラッシュコリン・ファースベン・アフレックジュディ・デンチルパート・エヴェレットトム・ウィルキンソン他共演のラブ・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・マッデン
製作総指揮
ボブ・ワインスタイン

ジュリー・ゴールドスタイン
製作
デヴィッド・パーフィット

ドナ・ジグリオッティ
ハーヴェイ・ワインスタイン
エドワード・ズウィック
マーク・ノーマン
脚本
マーク・ノーマン

トム・ストッパード
撮影:リチャード・グレートレックス
美術・装置
マーティン・チャイルズ

ジル・クォーティアー
衣装:サンディ・パウエル
編集:デヴィッド・ギャンブル
音楽:スティーブン・ウォーベック

出演
ヴァイオラ・デ・レセップス/トマス・ケント:グウィネス・パルトロー

ウィリアム・シェイクスピアジョセフ・ファインズ
フィリップ・ヘンズロージェフリー・ラッシュ
ウェセックス卿:コリン・ファース
ネッド・アレンベン・アフレック
エリザベス1世ジュディ・デンチ
クリストファー・マーロウルパート・エヴェレット
ヒュー・フェニマン:トム・ウィルキンソン
エドマンド・ティルニーサイモン・キャロウ
リチャード・バーベッジマーティン・クルーンズ
乳母:イメルダ・スタウントン
ジョン・ウェブスター:ジョー・ロバーツ
ラルフ・バッシュフォード:ジム・カーター

アメリカ/イギリス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(世界)
ミラマックス(北米)
1998年製作 123分
公開
北米:1998年12月3日
イギリス:1999年1月29日
日本:1999年5月1日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $100,241,320
世界 $289,317,790


アカデミー賞 ■
第71回アカデミー賞
・受賞
作品
主演女優(グウィネス・パルトロー)
助演女優(ジュディ・デンチ)
脚本・美術・衣装デザイン・音楽賞
・ノミネート
監督
助演男優(ジョセフ・ファインズ)
撮影・メイクアップ・音響・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1593年、ロンドン
資金難に苦しんでいた芝居小屋”ローズ”の経営者フィリップ・ヘンズロー(ジェフリー・ラッシュ)は、興行主ヒュー・フェニマン(トム・ウィルキンソン)に借金返済を催促される。

ヘンズローは、思わず人気劇作家ウィリアム・シェイクスピア(ジョセフ・ファインズ)の新作、”ロミオとエセル,海賊の娘”が完成すると答えてしまい、フェニマンを一応納得させる。

ヘンズローは、早速、シェイクスピアの元に向かうものの、彼が新作どころではないスランプに陥っていることを知る。

シェイクスピアは、芝居小屋”カーテン”の経営者リチャード・バーベッジ(マーティン・クルーンズ)と手を組むことも考えていた。

富豪令嬢ヴァイオラ・デ・レセップス(グウィネス・パルトロー)は、芝居や恋に憧れる、若くて快活な美しい女性だった。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
経営難に悩む芝居小屋の経営者ヘンズローは、人気劇作家シェイクスピアに新作を催促するが、スランプにあえぐ彼の筆は動かずにいた。
ペストの蔓延で閉鎖されていた劇場も再開されることになり、ヘンズローは新作のオーディションを始めようとする。
そんな時、シェイクスピアは現れた青年ケントの演技に目を付け、逃げ去った彼の後を追う。
シェイクスピアは、ケントの向かった屋敷に忍び込み、令嬢ヴァイオラに心惹かれてしまう。
ヴァイオラの魅力にとり憑かれたシェイクスピアは、一気に新作を書き上げる。
詩人のシェイクスピアや美しい恋に憧れていたヴァイオラは、彼の新作劇の内容を知り心打たれる。
そして、ヴァイオラは青年”ケント”に扮し、その主役を演ずるために、一座の仲間入りをするのだが・・・。
__________

自らの恋が傑作”ロミオとジュリエット”を生み出すというドラマチックなストーリーに加え、その悲喜劇のコントラストと流れるようなセリフ回し、主役の二人を取り巻く役者達の達者な演技、そして、その多くの登場人物の細かな描写など、ジョン・マッデンの演出手腕は冴え渡る。

ロミオとジュリエット”が書かれたのは、実際にはドラマの設定よりも数年後ということになるのだが、ヒロインのヴァイオラの登場により、その構想が一気に浮かぶ盛り上がりなどは、実に巧みな脚本と演出だ。

そのヴァイオラの夫となる貴族の嫉妬が、劇作家クリストファー・マーロウの死と関係するような筋立ても興味深く、彼の死因などは年代などを含めて事実に則している。

北米興行成績は1億ドルを突破して、全世界では約2億9000万ドルの大ヒットとなった。

第71回アカデミー賞では、作品賞以下13部門にノミネートされた。
作品、主演女優(グウィネス・パルトロー)、助演女優(ジュディ・デンチ)、脚本、美術、衣装デザイン、音楽賞を受賞した。
・ノミネート
監督
助演男優(ジョセフ・ファインズ)
撮影・メイクアップ・音響・編集賞

夢物語から飛び出したようなヒロイン、透き通るような白い肌の美しいグウィネス・パルトロー、清潔感溢れる新鮮な魅力は衝撃的でもあった。

やや控えめな容姿ながら、その情熱が画面からほとばしる、シェイクスピア役のジョセフ・ファインズと、少ない出番ながら、他を圧倒する威厳を感じさせる、女王エリザベス1世を演ずるジュディ・デンチの演技も光る。

芝居小屋”ローズ”の経営者フィリップ・ヘンズロージェフリー・ラッシュ、憎まれ役の貧乏貴族であるヒロインの婚約者を好演するコリン・ファース、撮影当時はG・パルトローの恋人だった役者ネッド・アレン役のベン・アフレック、劇作家クリストファー・マーロウルパート・エヴェレット、次第に一座に溶け込んでゆく姿が楽しい興行主トム・ウィルキンソン、終盤で男気を見せる芝居小屋”カーテン”経営者リチャード・バーベッジ役のマーティン・クルーンズ、饗宴局長エドマンド・ティルニーサイモン・キャロウ、ヒロインの乳母役イメルダ・スタウントン、後に劇作家になるジョン・ウェブスター役のジョー・ロバーツなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020