4213 Movies

マイル22 Mile 22 (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大量殺人につながる秘密を知る男を亡命させる任務を遂行するCIA特別行動部隊の戦いを描く、製作、監督ピーター・バーグ、製作、主演マーク・ウォールバーグローレン・コーハンイコ・ウワイスジョン・マルコヴィッチ他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ピーター・バーグ
製作
ピーター・バーグ
マーク・ウォールバーグ
スティーヴン・レヴィンソン
製作総指揮
スチュアート・M・ベッサー
ジョン・ローガン・ピアソン
グラハム・ローランド
ドナルド・タン
ジョナサン・グレイ
マシュー・ローズ
ジャド・ペイン
ランドール・エメット
デレク・コリソン
サム・スレイター
スコット・カーメル
デヴィッド・バーノン
ワン・チョンジュン
フェリス・ビー
ロバート・シモンズ
アダム・フォーゲルソン
原案
グラハム・ローランド
リー・カーペンター
脚本:リー・カーペンター
撮影:ジャック・ジューフレ
編集
コルビー・パーカーJR.
メリッサ・ローソン・チョン
音楽:ジェフ・ルッソ

出演
ジェームズ・シルヴァ/チャイルド1:マーク・ウォールバーグ
アリス・カー/チャイルド2:ローレン・コーハン
リー・ノア:イコ・ウワイス
ジェームズ・ビショップ/マザー:ジョン・マルコヴィッチ
サマンサ”サム”スノウ/チャイルド3:ロンダ・ラウジー
アレクサンダー・アスラノフ:ニコライ・ニコラエフ
ウィリアム”ダギー”ダグラス3世/チャイルド4:カルロ・アルバン
ジョニー・ポーター:テリー・キニー
ドロシー・ブレイディ大使:ブールナ・ジャガナサン
アクセル:サム・メディナ
ヴェラ・クラーギナ:ナターシャ・グブスカヤ
アナトール・クラーギン:デヴィッド・ガレリク
トーマス軍曹:アレクサンドラ・ヴィーノ
グレッグ・ヴィッカーズ/チャイルド5:セドリック・ジャーヴェイス
クイーン:CL
M.I.T.:エミリー・スケッグズ
ルーカス:ピーター・バーグ
リアム:ラテーフ・クラウダー

キング: キース・アーサー・ボルデン(拝真之介)
ナイト: ジェニーク・ヘンドリックス(川岸上子)
ボーン: マイク・ホルムズ(佐久間元輝)
ジェイコブ: ブランドン・スケールズ

アメリカ 映画
配給
STX Entertainment
2018年製作 94分
公開
北米:2018年8月17日
日本:2019年1月18日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $36,108,760
世界 $66,308,760


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
CIA特別行動部隊”グラウンド・ブランチ”に所属する”オーバーウォッチ”のリーダー、ジェームズ・シルヴァ/チャイルド1(マーク・ウォールバーグ)は、ロシア連邦保安庁/FSBのアジトを襲撃する作戦を実行する。

ジェームズ・ビショップ/マザー(ジョン・マルコヴィッチ)の指揮下で行動を開始したシルヴァは、道に迷った夫婦に扮するアリス・カー/チャイルド2(ローレン・コーハン)とグレッグ・ヴィッカーズ/チャイルド5(セドリック・ジャーヴェイス)の突入を待ち、家の裏の森で待機する。

サマンサ”サム”スノウ/チャイルド3(ロンダ・ラウジー)とウィリアム”ダギー”ダグラス3世/チャイルド4(カルロ・アルバン)を家に向かわせたシルヴァは、押し入ったアリスとグレッグと共にその場を制圧させる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
東南アジア、インドカー・シティー。
毒性の強い”セシウム”が兵器化されて大量殺人に使用される可能性があり、CIA特別行動部隊”グラウンド・ブランチ”に所属する”オーバーウォッチ”のリーダー、ジェームズ・シルヴァは、同僚のアリスらと共にその行方を追っていた。
アリスに情報を提供したインドネシアの警察官リー・ノアは、アメリカ大使館に押し入る。
セシウムの情報をディスクに隠したノアは、亡命と引き換えにそれを開くコードを教えることを約束する。
国家情報庁のアクセルにノアの引き渡しを要求されたアメリカ側は、オーバーウォッチの作戦準備を始める。
ビショップの指揮下で行動を開始したシルヴァらは、22マイル離れた飛行場にノアを護送しようとするのだが・・・。
__________

ローン・サバイバー」(2013)、「バーニング・オーシャン」(2016)、「パトリオット・デイ」(2016)に続くピーター・バーグマーク・ウォールバーグのコンビ作品。

大量殺人につながる秘密を知る男を亡命させる任務を遂行するCIA特別行動部隊の戦いを描くサスペンス・アクション。

東南アジア某国で遂行される極秘作戦を描く、リアルで凄まじい迫力のアクションは見応え十分。

しかし、内容はあまりにも荒唐無稽であり、多くの死傷者を出す危機につながる大事件が、ロシアの高官の殺された息子のための復讐劇だったという結末は唖然呆然・・・といったところだろうか。

また、間違いなく殺されるはずの部隊に指令を与える”マザー”だけが生き残るのは不自然であり、三重スパイは輸送機を乗っ取り逃亡し、同行した女性隊員の生死は語られず、主人公が復讐を誓うラストは、当初から計画されているミニシリーズ及び続編のための予告編のようだ。

本作は批評家から酷評され、ピーター・バーグマーク・ウォールバーグのコンビ作品にしては、興行的にも平凡な結果に終わった。

北米興行収入 $36,108,760
世界 $66,308,760

主演のマーク・ウォールバーグは、少々、暴走気味ではあるが、敗北することを感じさせないタフな部隊指揮官を熱演している。

元夫(ピーター・バーグ)との間でトラブル抱え娘にも会えないことで苦悩する隊員ローレン・コーハン、情報提供と引き換えに亡命を希望する警官イコ・ウワイス、主人公の部隊に指令を与えるジョン・マルコヴィッチ、隊員のロンダ・ラウジーカルロ・アルバン、主人公の上官テリー・キニー、アメリカ大使ブールナ・ジャガナサン、主人公らに襲い掛かる国家情報庁の指揮官サム・メディナ、ロシア政府高官ナターシャ・グブスカヤ、その部下ニコライ・ニコラエフ、主人公に殺される高官の息子デヴィッド・ガレリク、冒頭で殉職する隊員セドリック・ジャーヴェイス、部隊のオペレーション・チームのメンバー、CL、同じくコンピューターのスペシャリスト、エミリー・スケッグズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020