4373 Movies

お!バカんす家族 Vacation (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ナショナル・ランプーン・バケーション”シリーズの第5作。
シカゴから西海岸のテーマパークに向かった家族が巻き起こす騒動を描く、監督、脚本ジョナサン・ゴールドスタインジョン・フランシス・デイリー、主演エド・ヘルムズクリスティナ・アップルゲイトスカイラー・ギソンドスティール・ステビンズクリス・ヘムズワースレスリー・マンチェビー・チェイスビヴァリー・ダンジェロ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督

ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
製作
デヴィッド・ドブキン
クリス・ベンダー
製作総指揮
マーク・S・フィッシャー
ジェフ・クリーマン
トビー・エメリッヒ
リチャード・ブレナー
サミュエル・J・ブラウン
デイヴ・ノイスタッター
原案:ジョン・ヒューズ(キャラクター創造)
脚本
ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
撮影:バリー・ピーターソン
編集:ジェイミー・グロス
音楽:マーク・マザースボー

出演
ラスティ・グリズワルド:エド・ヘルムズ
ラスティ・グリズワルド(少年期/写真):アンソニー・マイケル・ホール/ジェイソン・ライヴリー/ジョニー・ガレッキ/イーサン・エンブリー
デビー・グリズワルド:クリスティナ・アップルゲイト
ジェームズ・グリズワルド:スカイラー・ギソンド
ケヴィン・グリズワルド:スティール・ステビンズ
ストーン・クランドル:クリス・ヘムズワース
オードリー・クランドル:レスリー・マン
オードリー・クランドル(少女期/写真):ダナ・バロン/ダナ・ヒル/ジュリエット・ルイス/マリソル・コルズ
クラーク・グリズワルド:チェビー・チェイス
エレン・グリズワルド:ビヴァリー・ダンジェロ
チャド:チャーリー・デイ
アデナ:キャサリン・ミサール
イーサン:ロン・リビングストン
トラック運転手:ノーマン・リーダス
ジャック・ピーターソン:キーガン=マイケル・キー
ナンシー・ピーターソン:レジーナ・ホール
シーラ・ピーターソン:エミリー・クラッチフィールド
ゲイリー・ピーターソン:アルコヤ・ブランソン
ヘザー:エリザベス・ギリース
ジェイク:コリン・ハンクス
テリー:ライアン・カートライト
コロラドの警官:ニック・クロール
ユタの警官:ティム・ハイデッカー
アリゾナの警官:ケイトリン・オルソン
ニューメキシコの警官:マイケル・ペーニャ
副操縦士:デヴィッド・クレノン
赤いフェラーリの女姓:ハンナ・ジーター
遊園地職員ロバート:ジョン・フランシス・デイリー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2015年製作 99分
公開
北米:2015年7月29日
日本:2015年9月26日
製作費 $31,000,000
北米興行収入 $58,884,190
世界 $107,228,220


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シカゴ
コミューター航空会社”エコノ・エア”のパイロットであるラスティ・グリズワルド(エド・ヘルムズ)は、フライトを終える。

国際線パイロットのイーサン(ロン・リビングストン)にバカにされたラスティは、何も言えなかった。

帰宅したラスティは妻デビー(クリスティナ・アップルゲイト)に迎られ、14歳の息子ジェームズ(スカイラー・ギソンド)をいじめる12歳の弟ケヴィン(スティール・ステビンズ)を叱る。

その夜ラスティ一家は、友人ジャック・ピーターソン(キーガン=マイケル・キー)と妻ナンシー(レジーナ・ホール)そして子供たちを招き食事をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ホリデーロード4000キロ」(1983)
・「ナショナル・ランプーン/ヨーロピアン・バケーション」(1985)
・「ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション」(1989)
・「ベガス・バケーション」(1997)
・「お!バカんす家族」(2015)

*(簡略ストー リー)
シカゴ
コミューター航空会社”エコノ・エア”のパイロット、ラスティ・グリズワルドは、妻デビーと息子ジェームズとケヴィンと共に、西海岸のテーマパーク”ワリー・ワールド”に車で向かう旅に出発する。
様々な場所でトラブルを起こしながら西に向かうラスティは、家族の絆を深めようとするのだが・・・。
__________

ホリデーロード4000キロ」(1983)から始まった人気コメディ”ナショナル・ランプーン・バケーション”シリーズの第5作。

コンビで活躍するジョナサン・ゴールドスタインジョン・フランシス・デイリーが脚本を兼ねた長編初監督作品

シカゴから西海岸のテーマパークに向かった家族が巻き起こす騒動を描く爆笑コメディ。

前作「ベガス・バケーション」(1997)から18年ぶりの作品であり、成長して家族を持ったラスティ・グリズワルドが、家族の絆を深めるために計画した旅行が描かれている。

かなり下品なシーンやセリフが登場するために、子供向けの作品ではないが、様々な役で登場するスターの豪華競演は見ものだ。

アメリカ大陸の各名所を巡るロードムービーとして楽しめる作品であり、前作までの主人公チェビー・チェイスビヴァリー・ダンジェロの出演や、かつて旅をしたステーションワゴンの登場など、30年以上続く人気シリーズのファンには嬉しい内容となっている。

北米興行収入は約5900万ドル、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

家族を楽しませるために努力する主人公を愉快に演ずるエド・ヘルムズ、写真で登場するその少年期アンソニー・マイケル・ホールジェイソン・ライヴリージョニー・ガレッキイーサン・エンブリー、主人公の妻クリスティナ・アップルゲイト、その息子スカイラー・ギソンド、その弟スティール・ステビンズ、彼らの叔父クリス・ヘムズワース、その妻で主人公の妹レスリー・マン、その少女期ダナ・バロンダナ・ヒルジュリエット・ルイスマリソル・コルズ、主人公の両親チェビー・チェイスビヴァリー・ダンジェロ、ラフティング・ガイドのチャーリー・デイ、ジェームズ(スティール・ステビンズ)が惹かれる少女キャサリン・ミサール、主人公を見下す国際線パイロットのロン・リビングストン、主人公らを追跡するトラック運転手のノーマン・リーダス、主人公の友人キーガン=マイケル・キー、その妻レジーナ・ホール、その娘エミリー・クラッチフィールド、その弟アルコヤ・ブランソン、デビー(クリスティナ・アップルゲイト)の出身大学の学生エリザベス・ギリース、主人公のフライト便の乗客コリン・ハンクス、主人公に偽の温泉を教える青年ライアン・カートライト、”フォー・コーナーズ・モニュメント”で揉めるコロラドの警官ニック・クロールユタの警官ティム・ハイデッカーアリゾナの警官ケイトリン・オルソンニューメキシコの警官マイケル・ペーニャ、主人公と共にフライトする副操縦士のデヴィッド・クレノン、赤いフェラーリの女姓ハンナ・ジーターデレク・ジーター夫人)、テーマパーク職員ジョン・フランシス・デイリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021