That's Movie Talk!     4071 Movies

バーニング・オーシャン Deepwater Horizon (2016) 3.69/5 (35)

  •  
  • 11
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2010年に起きた”メキシコ湾原油流出事故”での石油掘削施設”ディープウォーター・ホライゾン”の爆発火災事故を描く、監督ピーター・バーグ、製作、主演マーク・ウォールバーグカート・ラッセルジョン・マルコヴィッチジーナ・ロドリゲスディラン・オブライエンケイト・ハドソン他共演のディザスター・ムービー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ピーター・バーグ
製作
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
マーク・ヴァーラディアン
マーク・ウォールバーグ
スティーヴン・レヴィンソン
デヴィッド・ウォマーク
製作総指揮
ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
原作
”Deepwater Horizon’s Final Hours”
デヴィッド・バーストウ
デヴィッド・ローデ
ステファニー・ソウル
原案:マシュー・サンド
脚本
マシュー・マイケル・カーナハン
マシュー・サンド
撮影:エンリケ・シャディアック
編集
コルビー・パーカーJr.
ゲイブリエル・フレミング
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

出演
マイク・ウィリアムズ:マーク・ウォールバーグ
ジミー・ハレル:カート・ラッセル
ドナルド・ヴィドリン:ジョン・マルコヴィッチ
アンドレア・フレイタス:ジーナ・ロドリゲス
ケイレブ・ハロウェイ:ディラン・オブライエン
フェリシア・ウィリアムズ:ケイト・ハドソン
ロバート・カルーザ:ブラッド・リーランド
ジェイソン・アンダーソン:イーサン・サプリー
ホテルでマイクに言い寄る作業員の父親:トレイス・アドキンス
スキップ:ピーター・バーグ

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメント
2016年製作 107分
公開
北米:2016年9月30日
日本:2017年4月21日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $61,433,530
世界 $121,790,370


アカデミー賞
第89回アカデミー賞

・ノミネート
音響編集・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2010年4月20日、メキシコ湾沖。
海洋掘削企業”トランスオーシャン”が管理する”BP”の石油掘削施設/リグ”ディープウォーター・ホライゾン”で、安全チェックが行われる。

ルイジアナ州。
3週間の任務でディープウォーター・ホライゾンに向かうトランスオーシャンの電気技師マイク・ウィリアムズ(マーク・ウォールバーグ)は、妻のフェリシア(ケイト・ハドソン)と共に目覚める。

リグのオペレーターであるアンドレア・フレイタス(ジーナ・ロドリゲス)は、車が故障して動かないために、恋人のバイクで出かける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2010年4月20日、メキシコ湾沖。
海洋掘削企業”トランスオーシャン”の電気技師マイク・ウィリアムズは、掘削施設主任ジミーやオペレーターのアンドレアと共に”BP”の石油掘削施設”ディープウォーター・ホライゾン”に向かう。
BPのヴィドリンとカルーザの指示で、セメント・テストを行っていないことを知ったジミーは、それに抗議するものの受け入れられなかった。
その後、泥水処理が始まり作業は順調に進むが、ドリルから泥水が噴出し、天然ガスに引火して大爆発が起きる。
吹き飛ばされたものの無事だったマイクはジミーを捜し、傷ついた彼と共にブリッジに向かうのだが・・・。
__________

2010年に実際に起きた”メキシコ湾原油流出事故”での、”BP”が運営し”トランスオーシャン”が管理する石油掘削施設”ディープウォーター・ホライゾン”の爆破火災事故を描くディザスター・ムービー。

ピーター・バーグの演出、製作を兼ねるマーク・ウォールバーグ、実力派スター、カート・ラッセルジョン・マルコヴィッチ他、豪華競演も話題になった超大作。

ピーター・バーグは、ディープウォーター・ホライゾンに到着した主人公らと交代する作業員(スキップ)として出演もしている。

製作費に1億1000万ドルをかけた作品であり、最大の見せ場は、ディープウォーター・ホライゾンが大爆発を起こし炎上する様子を映し出す迫力映像だ。

それが評価され、第89回アカデミー賞では、音響編集、視覚効果賞にノミネートされた。

しかし、結局は当事者の手で火災を鎮火できるはずもなく、手は尽くすものの退避するしかない状況で現場の話が終わってしまう展開は今一、物足りない。
事実がそのようだったので仕方ないが・・・。

批評家、一般の評価は高かったものの、北米興行収入は予想をはるかに下回る約61000万ドル、全世界ではようやく製作費を回収できる約1億2200万ドルという成績で終わってしまった。

主演のマーク・ウォールバーグは、スーパーマン的な活躍をする訳ではないが、大爆発による火災を何とか食い止めようとする、”トランスオーシャン”の電気技師を熱演している。

重傷を負いながら、主人公と共に事態に対処して最善を尽くす掘削施設主任カート・ラッセル、事故発生後は沈黙してしまい影が薄いのが残念な、”BP”の責任者ジョン・マルコヴィッチ、主人公に救われるリグのオペレーター、ジーナ・ロドリゲス、ドリル担当作業員のディラン・オブライエン、主人公の妻ケイト・ハドソン、泥水処理を強引に行うBPの社員ブラッド・リーランド、ドリル監視室の責任者イーサン・サプリー、ホテルでマイクに言い寄る作業員の父親トレイス・アドキンスなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up