That's Movie Talk!     4071 Movies

アイ,トーニャ I, Tonya (2017) 4.16/5 (38)

  •  
  • 10
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

フィギュアスケートの元オリンピック選手トーニャ・ハーディングの波乱の人生を描く、製作総指揮、監督クレイグ・ガレスピー、製作、主演マーゴット・ロビーセバスチャン・スタンアリソン・ジャネイジュリアンヌ・ニコルソンポール・ウォルター・ハウザー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

マーゴット・ロビー / Margot Robbie / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:クレイグ・ガレスピー
製作
ブライアン・アンケレス
スティーヴン・ロジャース
マーゴット・ロビー
トム・アカーリー
製作総指揮
レン・ブラヴァトニック
アヴィヴ・ギラディ
クレイグ・ガレスピー
ヴィンス・ホールデン
トビー・ヒル
ザンヌ・ディヴァイン
ローザンヌ・コーレンバーグ
脚本:スティーヴン・ロジャース
撮影:ニコラス・カラカトサニス
編集:タティアナ・S・リーゲル
音楽:ピーター・ナシェル

出演
トーニャ・ハーディングマーゴット・ロビー
ジェフ・ギルーリー:セバスチャン・スタン
ラヴォナ・ゴールデン:アリソン・ジャネイ
ダイアン・ローリンソン:ジュリアンヌ・ニコルソン
ショーン・エッカート:ポール・ウォルター・ハウザー
マーティン・マドックス:ボビー・カナヴェイル
ドディ・ティーチマン: ボヤナ・ノヴァコヴィッチ
ナンシー・ケリガンケイトリン・カーヴァー
トーニャ・ハーディング(4歳):メイジー・スミス
トーニャ・ハーディング(幼少期):マッケナ・グレイス
アル:ジェイソン・デイヴィス
デリック・スミス:アンソニー・レイノルズ
シェーン・スタント:リッキー・ラサート

アメリカ 映画
配給
Neon
30West
2017年製作 119分
公開
北米:2017年12月8日
日本:2018年5月4日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $30,014,540
世界 $53,939,300


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・受賞
助演女優賞(アリソン・ジャネイ
・ノミネート
主演女優(マーゴット・ロビー
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
元オリンピック・フィギュアスケート選手のトーニャ・ハーディングマーゴット・ロビー)他、彼女の関係者はインタビューを受ける。

40年前、オレゴン州、ポートランド
4歳のトーニャ(メイジー・スミス)を連れてスケートリンクに向かった母ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)は、フィギュアスケート・コーチのダイアン・ローリンソン(ジュリアンヌ・ニコルソン)と話す。

ダイアンにコーチを断られたラヴォナは、トーニャのスケーティングを見せてダイアンを納得させる。

半年後には、トーニャは初めての大会で優勝した。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
幼い娘トーニャ・ハーディングのスケートの才能に気づいた母親ラヴォナは、彼女を一流スケーターにして貧困から抜け出そうとする。
ラヴォナから罵倒され、暴力を振るわれながらも実力を発揮したトーニャは全米レベルのスケーターとなり、15歳で知り合ったジェフと結婚する。
その後、ジェフとのトラブルを抱えながらもアルベールビル・オリンピックに出場したトーニャは、前年まで成功していたトリプルアクセルに失敗して4位に終わる。
ジェフと離婚して不調になったトーニャだったが、次のリレハンメル・オリンピックが2年後の開催に変更されたことを知り、再起をめざしトレーニングを始める。
そんな時、寄りを戻したジェフが、トーニャのライバルのナンシー・ケリガンを脅迫することを考え、親友のショーンと共に計画を実行するのだが・・・。
__________

フィギュアスケートの元オリンピック選手トーニャ・ハーディングの波乱の人生を描くコメディ・ドラマ。

オーストラリア人監督クレイグ・ガレスピーの演出、同国出身の注目のスターで製作も兼ねるマーゴット・ロビーが、主人公のトーニャ・ハーディングを演ずることで話題になった作品。

世界に衝撃を与えた”ナンシー・ケリガン殴打事件”が後半のテーマで、それにトーニャがどう関わったのかがスキャンダラスに描かれている。

ジャッジの判定に不公平さを感じ、常に不満を抱えていたトーニャが、鬱積した恨みを爆発させて犯行に至ったような報道もあった事件だが、その真相が描かれた内容は実に興味深い。

トーニャに関係した人々の後年のインタビューで進行するドラマは、主人公の怨恨による陰湿な行動で犯行計画が展開していくのではなく、常にユーモラスに描かれている演出が面白い。

出演者の見事な演技を含めて、本作は批評家から絶賛され、第90回アカデミー賞では、アリソン・ジャネイが助演女優賞を受賞した。
・ノミネート
主演女優(マーゴット・ロビー)、編集賞

主演のマーゴット・ロビーは、アイスホッケーの経験があるとは言え、オリンピック選手であるスケーターを演ずるそのパフォーマンスは素晴らしいの一言であり、波乱の人生を歩んだトーニャ・ハーディングを見事に演じている。

スケートのシーンでは、一部CGも使われている。

トーニャの非情な母親ラヴォナを演ずるアリソン・ジャネイは、キャリア最高と言える素晴らしい演技で、見事にオスカーを獲得した。

トーニャ・ハーディングの夫であり、”ナンシー・ケリガン殴打事件”の首謀者として服役したジェフ・ギルーリーを好演するセバスチャン・スタン、主人公を支えるコーチ、ダイアン・ローリンソンのジュリアンヌ・ニコルソン、”殴打事件”に関与した国際的諜報員を気取るジェフの親友ショーン・エッカートのポール・ウォルター・ハウザー、主人公や事件を語る”ハードコピー”の記者ボビー・カナヴェイル、主人公のコーチ、ドディ・ティーチマンのボヤナ・ノヴァコヴィッチナンシー・ケリガンケイトリン・カーヴァー、 4歳の主人公メイジー・スミス、主人公の幼少期マッケナ・グレイス、主人公の父親ジェイソン・デイヴィス、”殴打事件”の実行犯デリック・スミスのアンソニー・レイノルズとシェーン・スタントのリッキー・ラサートなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up