4261 Movies

ふたりの女王 メアリーとエリザベス Mary Queen of Scots (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スコットランドメアリー・スチュアートイングランドエリザベス1世、激動の時代を生きた二人の女王の運命を描く、監督ジョーシー・ルーク、主演シアーシャ・ローナンマーゴット・ロビージャック・ロウデンジョー・アルウィンガイ・ピアース他共演の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)

シアーシャ・ローナン / Saoirse Ronan / Pinterest
マーゴット・ロビー / Margot Robbie / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョーシー・ルーク

製作
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
製作総指揮
アメリア・グレインジャー
ライザ・チェイシン
原作:ジョン・ガイ”Queen of Scots: The True Life of Mary Stuart”
脚本:ボー・ウィリモン
撮影:ジョン・マシソン
衣裳デザイン:アレクサンドラ・バーン
編集:クリス・ディケンズ
音楽:マックス・リヒター

出演
メアリー・スチュアートシアーシャ・ローナン
エリザベス1世マーゴット・ロビー
ヘンリー・スチュアート/ダーンリー卿ジャック・ロウデン
ロバート・ダドリージョー・アルウィン
ジョン・ノックスデヴィッド・テナント
ウィリアム・セシルガイ・ピアース
ベス・オブ・ハードウィックジェンマ・チャン
ジェームズ・ヘップバーン/ボスウェル伯マーティン・コムストン
デヴィッド・リッツィオイスマエル・クルス・コルドバ
マチュー・スチュアート/レノックス伯ブレンダン・コイル
ジョン・メイトランドイアン・ハート
トーマス・ランドルフエイドリアン・レスター
ジェームズ・スチュアート/マリ伯ジェームズ・マクアードル
メアリー・フレミングマリア=ヴィクトリア・ドラクシ
メアリー・ビートンアイリーン・オヒギンス
ウォルター・マイルドメイアレックス・ベケット

イギリス/アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(世界)
フォーカス・フィーチャーズ(北米)
2018年製作 125分
公開
イギリス:2019年1月18日
北米:2018年12月7日
日本:2019年3月15日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $16,468,500
世界 $46,672,560


アカデミー賞
第91回アカデミー賞

・ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング・衣裳デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スコットランド王国女王メアリー・スチュアートは、カトリックとして生まれて0歳で即位し、宗教改革の進む祖国から幼少時にフランス王国に向かい、15歳で王太子フランソワと結婚し、18歳で未亡人となり異母兄の統治する祖国に戻った。

イングランド王国の王位継承権も持つメアリーは、女王エリザベス1世にとって危険な存在だった。
__________

1587年2月8日、イングランドフォザリンゲイ城
グレートホールに向かったメアリー・スチュアートシアーシャ・ローナン)は、処刑を前に祈りを捧げる。
__________

...全てを見る(結末あり)

解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1561年、スコットランド王国
フランスから帰国したスコットランドの女王メアリー・スチュアートは、イングランドの女王エリザベス1世に対し、正式な王位継承権を求める。
メアリーに忠誠を誓わせるべきだという考えをエリザベスに伝えた臣下のセシルは、彼女と寵臣ダドリーを結婚させようとするものの思うようにいかない。
自分の臣下をメアリーの再婚相手にするという考えに従ったエリザベスは、ダドリーを彼女の元に向かわせるもののその計画は失敗する。
その後セシルは、メアリーの異母兄マリ伯を支援し、スコットランドに内乱を起こそうとするのだが・・・。
__________

ジョン・ガイの伝記”Queen of Scots: The True Life of Mary Stuart”を基に製作された作品。

イギリス演劇界を代表する演出家ジョーシー・ルークの映画デビュー作であり、若手期待の人気女優シアーシャ・ローナンマーゴット・ロビーが、メアリー・スチュアートエリザベス1世を演ずることで話題になった作品。

スコットランドイングランドそれぞれの女王として、従姉妹でありながら争い、時に手を取り合ったメアリー・スチュアートエリザベス1世の運命を描く歴史ドラマ。

従姉妹としての考えを尊重しながら関係を維持する二人の女王が、王位を狙う者たちや世継ぎ問題で苦悩する臣下たちの画策に翻弄されながら、それぞれの生きる道を探る姿が、ジョーシー・ルークの女性らしいスマートな感覚で描かれた作品。

第91回アカデミー賞では、メイクアップ&ヘアスタイリング、衣裳デザイン賞にノミネートされた。

当初、出演が予定されたスカーレット・ヨハンソンの代役として主演したシアーシャ・ローナンは、肖像画を見る限り主人公のメアリー・スチュアートに似た雰囲気であり、ハリウッドを代表する実力派スターとして、20代前半にして既に貫禄を感じさせる演技を見せてくれる。

様々なメイクで登場するマーゴット・ロビーも、王国の統治や世継ぎ問題で苦悩するエリザベス1世を好演している。

メアリーの2番目の夫となるヘンリー・スチュアート/ダーンリー卿ジャック・ロウデンエリザベスの寵臣ロバート・ダドリージョー・アルウィン、反女王派である長老派教会の創始者ジョン・ノックスデヴィッド・テナントエリザベスの臣下ウィリアム・セシルガイ・ピアースエリザベスの女官ベス・オブ・ハードウィックジェンマ・チャンメアリーの3番目の夫ジェームズ・ヘップバーン/ボスウェル伯マーティン・コムストンメアリーの秘書官である音楽家デヴィッド・リッツィオイスマエル・クルス・コルドバヘンリーの父親マチュー・スチュアート/レノックス伯ブレンダン・コイル、国務大臣ジョン・メイトランドイアン・ハートイングランド大使トーマス・ランドルフエイドリアン・レスターメアリーの異母兄ジェームズ・スチュアート/マリ伯ジェームズ・マクアードルメアリーの女官メアリー・フレミングマリア=ヴィクトリア・ドラクシ、同じくメアリー・ビートンアイリーン・オヒギンスイングランドの財務長官ウォルター・マイルドメイアレックス・ベケットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020