4315 Movies

ラブ・ポーションNo.9 Love Potion No. 9 (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

媚薬を手に入れた冴えない男女が巻き起こす騒動と恋を描く、製作、監督、脚本デイル・ローナー、主演テイト・ドノヴァンサンドラ・ブロックメアリー・マーラ他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

サンドラ・ブロック / Sandra Bullock 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:デイル・ローナー

製作:デイル・ローナー
製作総指揮:トーマス・M・ハメル
脚本:デイル・ローナー
撮影:ウィリアム・ウェイジズ
編集:スザンヌ・ペティット
音楽:ジェド・リーバー

出演
ポール・マシューズ:テイト・ドノヴァン
ダイアン・ファロー:サンドラ・ブロック
マリサ:メアリー・マーラ
ゲイリー・ローガン:デイル・ミドキフ
サリー:ヒラリー・B・スミス
マダム・ルース:アン・バンクロフト
ジェフリー王子:ディラン・ベイカー
オートバイ警官:ブレイク・クラーク
ジェフ:ブルース・マッカーティ
シェリル:レベッカ・スターブ
エンリコ・ファッツォーリ:エイドリアン・ポール
デイヴ:リック・ライツ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1992年製作 92分
公開
北米:1992年11月13日
日本:未公開
北米興行収入 $754,940


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
仕事一筋の生化学者ポール・マシューズ(テイト・ドノヴァン)は、友人らと共に、ジプシーのマダム・ルース(アン・バンクロフト)の家に向かい手相を見てもらう。

女運が最悪だと言われたポールは、”ラブ・ポーションNo.8”という薬を少量渡され、千倍に薄めてなめるようにとマダム・ルースから指示される。

そうすれば女は皆、自分に夢中になると言われたポールは、その場を去る。

その後、友人ジェフ(ブルース・マッカーティ)、デイヴ(リック・ライツ)、ロンらとバーに向かったポールは、惹かれている同僚ダイアン・ファロー(サンドラ・ブロック)の話になる。

女性としての魅力はないダイアンは、比較精神生物学者としてチンパンジー相手に研究を続ける日々を送っていた。

ジェフと、カウンターにいた魅力的な女性シェリル(レベッカ・スターブ)に声をかける賭けをしたポールは、彼女に近づく。

ポールはシェリルと話せるものの、嫌味を言われてバカにされただけだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
仕事一筋の生化学者ポール・マシューズは、ジプシーのマダム・ルースから女運が最悪だと言われ、すべての女性に惹かれる媚薬”ラブ・ポーションNo.8”を渡される。
その効果を知ったポールは、心を寄せる同僚のダイアンに薬のことを話す。
ポールは、ダイアンと共に自ら被験者となり、薬を使いテストを始めるのだが・・・。
__________

殺したい女」(1986)、「ブラインド・デート」(1987)、「ペテン師とサギ師」(1988)、「いとこのビニー」(1992)の製作者、脚本家として知られるデイル・ローナーの監督デビュー作。

媚薬を手に入れた冴えない男女が巻き起こす騒動と恋を描くロマンチック・コメディ。

上記のように、多くの話題作を手掛けているデイル・ローナーにしては、いまいちパンチに欠ける脚本と演出で、批評家の評価も低く興行的にも失敗した作品。

2年後の「スピード」(1994)でブレイクするサンドラ・ブロックが、当時のパートナーである主演のテイト・ドノヴァンと共演した作品。

主演のテイト・ドノヴァンは、女運がない仕事一筋の生化学者を愉快に演じ、彼の同僚で不細工な学者から美しく変貌する魅力的な女性をサンドラ・ブロックが演じていいる。

媚薬を手に入れて主人公を利用するエスコートサービスのメアリー・マーラ、ヒロインと付き合い媚薬のことを知るデイル・ミドキフ、主人公に協力するヒロインの友人ヒラリー・B・スミス、主人公に媚薬を提供するアン・バンクロフト、ヒロインに惹かれるイギリスの王子ディラン・ベイカー、オートバイ警官のブレイク・クラーク、主人公の友人ブルース・マッカーティ、リック・ライツ、主人公を侮辱するものの、媚薬を使われて恥をかく女性レベッカ・スターブ、ヒロインに惹かれる富豪エイドリアン・ポールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020