4509 Movies

革命児サパタ Viva Zapata! (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

無学な農民からメキシコ革命の指導者となったエミリアーノ・サパタの半生を描く、製作ダリル・F・ザナック、監督エリア・カザン、脚本ジョン・スタインベック、主演マーロン・ブランドジーン・ピーターズアンソニー・クインジョゼフ・ワイズマン他共演のドラマ。


ドラマ

マーロン・ブランド / Marlon Brando / Pinterest
アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:エリア・カザン
製作:ダリル・F・ザナック
脚本:ジョン・スタインベック
撮影:ジョセフ・マクドナルド
編集:バーバラ・マクリーン
美術・装置
ライル・R・ウィーラー
リーランド・フューラー
トーマス・リトル
クロード・E・カーペンター
音楽:アレックス・ノース

出演
マーロン・ブランドエミリアーノ・サパタ
ジーン・ピーターズ:ホセファ・サパタ
アンソニー・クインエウフェミオ・サパタ
ジョゼフ・ワイズマン:フェルナンド・アギーレ
アーノルドモス:ドン・ナシオ
ルー・ギルバート:パブロ
ハロルド・ゴードン:フランシスコ・マデロ
フランク・シルヴェラビクトリアーノ・ウエルタ
フェイ・ルーペポルフィリオ・ディアス大統領
アラン・リードパンチョ・ビリャ

フローレンス・エイムズ:エスペホ
ヘンリー・シルヴァ:エルナンデス
リチャード・ギャリック:将軍

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1952年製作 113分
公開
北米:1952年2月7日
日本:1952年12月11日


アカデミー賞
第25回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(アンソニー・クイン
・ノミネート
主演男優(マーロン・ブランド
脚本・作曲(ドラマ・コメディ)・美術賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1909年、メキシコシティ
モレロス州の先住民の一団が、ポルフィリオ・ディアス大統領(フェイ・ルーペ)の元に陳情に現れる。

農場を奪われ締め出されたことをディアスに伝えた農民は、大統領から法廷で争うようにと言われるものの、それに異議を唱える者がいた。

裁判で農民が勝ったことはないと言う男(マーロン・ブランド)は、焦らずに対処するようにとディアスに指示され、一応、納得するしかなかった。

名前を訊かれた男はエミリアーノ・サパタと名乗り、大統領も彼に一目置く。

その後、農場の所有地問題でお尋ね者になったサパタは、兄エウフェミオアンソニー・クイン)らと共に山に立て篭もっていた。

ある日、反ディアス組織のリーダーである革命家フランシスコ・マデロ(ハロルド・ゴードン)の蜂起の準備を助けるフェルナンド・アギーレ(ジョゼフ・ワイズマン)という男が現れ、サパタらに協力を求める。

サパタは、その話に興味を示した仲間のパブロ(ルー・ギルバート)をテキサスに送り、マデロが信頼できる男か確かめようとする。

町に向かったサパタは、恋仲だった豪商の娘ホセファ(ジーン・ピーターズ)と結婚について話をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

(簡略ストー リー)
1909年、メキシコシティ
モレロス州の先住民の一団がディアス大統領の元に陳情に現れ、その中のエミリアーノ・サパタという男に、大統領は一目置く。
農場を奪われ締め出された住民の窮状を救うおうとしたサパタは、所有地問題でお尋ね者になり、兄のエウフェミオらと共に追っ手から逃れていた。
ある日サパタは、テキサスの革命家マデロの使者フェルナンドからの協力要請に興味を持ち、仲間を偵察に向かわせる。
サパタは、豪商の娘ホセファと恋仲にあったが、彼女は土地もない農民の妻になる気はなかった。
プライドを傷つけられたサパタは、ホセファの気を引くために大牧場主に雇われて頭角を現す。
その後サパタは、革命に目覚めて解放運動を始め、各地でゲリラ戦を展開してマデロに認められる。
そしてサパタはホセファを妻に迎えるのだが、中央では政変が起きていた・・・。
____________

人間の尊厳や生き方について深い意味を持つ台詞が印象的なジョン・スタインベックの脚本を、エリア・カザンが骨太に演出した快心作であり、ダリル・F・ザナックが製作した作品。

第25回アカデミー賞では、助演男優賞(アンソニー・クイン)を受賞し、主演男優(マーロン・ブランド)、脚本、作曲、美術賞(白黒)にノミネートされた。

エリア・カザンらしい繊細な人物描写や、混迷するメキシコ国内及び政府の様子、または、苦悩する農民の生活と解放を求める人々の力強さが伝わってくるショットの連続により、見応えある作品に仕上がっている。

作品イメージに合ったアレックス・ノースの音楽も、効果的に使われている。

前年、同じエリア・カザンの「欲望という名の電車」(1951)で、デビュー2作目にして早くもアカデミー賞にノミネートされたマーロン・ブランドは、本作でも希代の革命家を魅力的に演じ、迫真の演技を見せてくれる。
サパタ本人を思わせる、鋭い眼光やメイクも見ものだ。

豪商の娘ではあるが革命家を愛する、女性らしさと野性味を兼ね備えた役柄を演ずる、後にハワード・ヒューズ夫人となるジーン・ピーターズの美しさと好演も光る。

30代半ばにして貫禄十分であり、豪快な持ち味がよく出している、アカデミー助演賞を受賞したアンソニー・クインの熱演も見逃せない。

主人公を革命に誘いながら裏切る男ジョゼフ・ワイズマンの、終盤にかけての異様な雰囲気も印象的だ。

サパタに生き方を教える牧場主アーノルドモス、同志としてサパタに仕えるが処刑されてしまうルー・ギルバート、平和主義者の革命家フランシスコ・マデロ役のハロルド・ゴードン、軍人であり大統領となるビクトリアーノ・ウエルタフランク・シルヴェラ、陳情に来たサパタに一目置くポルフィリオ・ディアス大統領のフェイ・ルーペ、革命家パンチョ・ビリャアラン・リードサパタの義父となる豪商フローレンス・エイムズ、若き日のサパタを髣髴させる農民のヘンリー・シルヴァ、将軍リチャード・ギャリックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021