4316 Movies

殺したい女 Ruthless People (1986)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

誘拐された妻が殺されれば財産を手に入れられると考えた夫と犯人が巻き起こす騒動を描く、監督ジム・エイブラハムズジェリー・ザッカーデイヴィッド・ザッカー、主演ダニー・デヴィートベット・ミドラージャッジ・ラインホルドヘレン・スレイターアニタ・モリスビル・プルマン他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督

ジム・エイブラハムズ
ジェリー・ザッカー
デイヴィッド・ザッカー
製作:
マイケル・ペイサー
製作総指揮
リヒャルト・ワグナー
ジョアナ・ランカスター
ウォルター・イエットニコフ
脚本:デール・ローナー
撮影:ヤン・デ・ボン
編集
アーサー・シュミット
ギブ・ジャフェ
音楽:ミシェル・コロンビエ

出演
サム・ストーン:ダニー・デヴィート
バーバラ・ストーン:ベット・ミドラー
ケン・ケスラー:ジャッジ・ラインホルド
サンディ・ケスラー:ヘレン・スレイター
キャロル・ドッズワース:アニタ・モリス
アール・モット:ビル・プルマン
フランク・ベンダー警部補:アート・エヴァンス
ウォルターズ警部補:クラレンス・フェルダー
ヘンリー・ベントン署長:ウィリアム・G・シリング
ベッドルーム・キラー:J・E・フリーマン
オーディオ店の客:ゲイリー・リアリー

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ
1986年製作 93分
公開
北米:1986年6月27日
日本:1986年12月13日
製作費 $9,000,000
北米興行収入 $71,624,880


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
アパレル業界の大物サム・ストーン(ダニー・デヴィート)は、妻バーバラ(ベット・ミドラー)の父親の財産目当てで結婚したことを愛人のキャロル・ドッズワース(アニタ・モリス)に話す。

ところが、義父は長生きしたためにその当てが外れてしまい、自分で財産を築いたことをサムはキャロルに伝える。

義父が15年も生きたことをキャロルに話したサムは、バーバラの財産は自分のものだと言って、彼女を殺す考えを伝えて席を立つ。

帰宅したサムは、クロロホルムを用意してバーバラを捜すものの姿が見えない。

嫌っているバーバラの愛犬マフィーを追って裏庭に向かったサムは、クロロホルムの瓶を投げつける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
アパレル業界の大物サム・ストーンは、妻バーバラを殺して財産を手に入れる考えを愛人のキャロルに話す。
屋敷に戻ったサムは、バーバラを誘拐したという犯人からの電話を受けて、身代金50万ドルを要求される。
自分が手を下さずにバーバラを殺してもらえると考えたサムは喜び、当然、身代金を払うつもりはない。
犯人のケンはバーバラを殺す気などなく、妻サンディのデザインを盗んだサムに復讐しようとしただけだった。
その頃キャロルは、若い恋人のアールに、サムが妻を殺す現場を盗撮させて、彼を脅すことを考えていた。
ダイエットにしか興味がない傲慢なバーバラに手を焼きながら、身代金の受け渡し場所に向かったケンだったが、サムが現れないために戸惑ってしまう・・・。
__________

幼馴染であるジム・エイブラハムズジェリー・ザッカーデイヴィッド・ザッカー兄弟の共同監督作品。

資産家の妻の殺害計画と、同時に起きた彼女の誘拐事件に関係する夫と犯人による、夫の愛人や警察署長を巻き込んだ騒動をシニカルに描くブラック・コメディ。

傲慢な妻の財産を狙い殺害しようとする夫が、彼女を誘拐され殺すと脅されたことを幸運と考える筋立てが可笑しい。

犯人は犯罪など犯す気のなかった平凡な夫婦であり、誘拐した妻に手を焼きながら、次第に心触れ合う仲になり、共通事項になった夫への復讐計画を進める展開も実に愉快だ。

実力派スターの個性を生かした、ジム・エイブラハムズジェリー・ザッカーデイヴィッド・ザッカーの、笑いのツボを押さえたテンポの良い軽快な演出は冴え、ヤン・デ・ボン撮影も注目だ。

主演のダニー・デヴィートは、アパレル業界での成功者でありながら、妻を殺してその財産を手に入れようとする男を愉快に演じている。

主人公の妻で資産家であり、ダイエットのことしか頭にない傲慢な女性ではあるものの、人間味のある演技で好演するベット・ミドラー、彼女を誘拐する妻思いの青年をいい味で演じているジャッジ・ラインホルド、その妻で、誘拐したことを後悔する気弱な女性ヘレン・スレイター、主人公を陥れようとする愛人のアニタ・モリス、その間抜けな恋人役ビル・プルマン(デビュー作)、誘拐事件の担当警部補アート・エヴァンス、その同僚クラレンス・フェルダー、事件に巻き込まれてしまう警察署長のウィリアム・G・シリング、凶悪犯のJ・E・フリーマン、オーディオ店の客ゲイリー・リアリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020