4509 Movies

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK Jack Reacher: Never Go Back (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2012年に公開された「アウトロー」の続編。
2013年に発表された、リー・チャイルドの”ジャック・リーチャー”シリーズ”Never Go Back”を基に製作された作品。
元同僚でもあったアメリカ陸軍憲兵隊士官が巻き込まれた陰謀に立ち向かう男の戦いを描く、監督、脚本エドワード・ズウィック、製作、主演トム・クルーズコビー・スマルダーズオルディス・ホッジダニカ・ヤロシュパトリック・ヒューシンガー他共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:エドワード・ズウィック

製作
トム・クルーズ
ドン・グレンジャー
クリストファー・マッカリー
製作総指揮
ポーラ・ワグナー
ハーブ・ゲインズ
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
原作:リー・チャイルドNever Go Back
脚本
リチャード・ウェンク
エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコビッツ
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:ビリー・ウェバー
音楽:ヘンリー・ジャックマン

出演
ジャック・リーチャー:トム・クルーズ
スーザン・ターナー少佐:コビー・スマルダーズ
アンソニー・エスピン大尉:オルディス・ホッジ
サマンサ・ダットン:ダニカ・ヤロシュ
ハンター:パトリック・ヒューシンガー
サム・モーガン大佐:ホルト・マッキャラニー
ジェームズ・ハークネス将軍:ロバート・ネッパー
サリヴァン中尉:ジェシカ・ストループ
ダニエル・プルドム:オースティン・エベール
リーチ軍曹:マダリン・ホーチャー
モアクロフト大佐:ロバート・カトリーニ
レイモンド・ウッド保安官:ジェイソン・ダグラス
チベッリ軍曹:M・セラーノ
ミルコヴィッチ軍曹:ニコール・バレ
ダイナーの客:クリストファー・ベリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2016年製作 118分
公開
北米:2016年10月21日
日本:2016年11月11日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $58,697,080
世界 $162,146,080


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ダイナーで起きた喧嘩で駆け付けたレイモンド・ウッド保安官(ジェイソン・ダグラス)は、男達を叩きのめして店にいたジャック・リーチャー(トム・クルーズ)を逮捕しようとする。

リーチャーが所持していた、失効している陸軍のIDや現金などを確認した保安官は、流れ者であることを確認して、暴行罪で逮捕し拘留しようとする。

連行されそうになったリーチャーは、”90秒で2つのことが起きる、まず電話が鳴り、お前が手錠をかけられ留置場に入る”と保安官に伝える。

それを信じない保安官だったが、電話が鳴り、陸軍憲兵隊の犯罪捜査部スーザン・ターナー少佐(コビー・スマルダーズ)からだとリーチャーから言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「アウトロー」(2012)
・「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK Jack」(2016)

*(簡略ストー リー)
アメリカ陸軍憲兵隊士官で、現在は放浪中のジャック・リーチャーは、同僚だったターナー少佐が逮捕されたことを知る。
リーチャーは、ターナーがアフガニスタンに派遣した部下の二人が射殺体で発見され、軍部の情報を売った容疑で逮捕されたことを知らされる。
妻と名乗る女から娘サマンサの養育費の支払いを請求されていることも知らされたリーチャーは、殺されたターナーの弁護官殺害容疑で逮捕されてしまう。
ターナーと共に刑務所から脱出したリーチャーは、事件の真相を探り、危険が迫ったサマンサを連れれて、証拠を掴むためにニューオーリンズに向かうのだが・・・。
__________

ラスト サムライ」(2003)のエドワード・ズウィックトム・クルーズが再び組んだ作品で、前作で監督と脚本を兼ねたクリストファー・マッカリーが製作を担当している。

エドワード・ズウィックの演出だけに、主人公と”娘”の可能性がある少女との関係などを、その人間性と共に奥深く描こうとしている内容となっている。

前作で、一匹狼である主人公の生様に共感したファンも多いはずで、そんな主人公に人情物語を絡めるという内容は賛否両論あり、どちらかと言えば評価は低かった。

そのため、北米興行収入は約5900万ドルに終わり、全世界では約1億6200万ドルのヒットとなるが、前作を大きく下回った。
*前作
北米興行収入 $80,070,740
世界 $218,340,600

主人公のジャック・リーチャーを演ずるトム・クルーズは40代という設定で、一匹狼の放浪者をいい雰囲気をだしつつ、老けを感じさせながら好演している。
身長170cm(それ以下とも)と言われている彼は、共演者のコビー・スマルダーズ(173cm)よりも背が低いはずなのだが、彼女より長身に見える工夫と鍛えている逞しい肉体で横幅があるため、小柄には見えないところなども注目したい。

「ワンダーウーマン」の候補にもなっただけある、コビー・スマルダーズのアクションも見ものだ。

陰謀に巻き込まれるアメリカ陸軍憲兵隊士官として、主人公と共に巨悪に立ち向かう女性を熱演するコビー・スマルダーズ、彼女の友人でもあり、捜査する立場から終盤では協力する士官のオルディス・ホッジ、主人公の”娘”である可能性を知らされながら、彼らに協力する少女のダニカ・ヤロシュ、主人公らを狙う殺し屋のパトリック・ヒューシンガー、彼と手を組む陸軍憲兵隊の大佐ホルト・マッキャラニー、彼らを操る将軍のロバート・ネッパー、主人公の弁護官ジェシカ・ストループ、主人公らが証人として捕える元兵士オースティン・エベール、主人公に協力する陸軍憲兵隊の軍曹マダリン・ホーチャー、主人公に情報を流す法務部長である弁護官のロバート・カトリーニ、冒頭で主人公を逮捕しようとする保安官のジェイソン・ダグラス、ターナー(コビー・スマルダーズ)がアフガニスタンに派遣されて殺害される部下のM・セラーノとニコール・バレ、ダイナーの客クリストファー・ベリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021