4130 Movies

インスタント・ファミリー Instant Family (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

三人の子供の里親になった夫婦の奮闘を描く、監督、脚本ショーン・アンダース、製作、主演マーク・ウォールバーグローズ・バーンイザベラ・モナーオクタヴィア・スペンサーティグ・ノタロマーゴ・マーティンデイルジュリー・ハガティ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ショーン・アンダース

製作
マーク・ウォールバーグ
スティーヴン・レヴィンソン
ショーン・アンダース
ジョン・モリス
マーク・エヴァンズ
エリック・キザック
脚本
ショーン・アンダース
ジョン・モリス
撮影:ブレット・ポウラク
編集:ブラッド・ウィルハイト
音楽:マイケル・アンドリュース

出演
ピート・ワグナー:マーク・ウォールバーグ
エリー・ワグナー:ローズ・バーン
エリザベス”リジー”ワグナー:イザベラ・モナー
フアン・ワグナー:グスタヴォ・エスコバー
リタ・ワグナー:ジュリアナ・ガミッツ
カレン:オクタヴィア・スペンサー
シャロン:ティグ・ノタロ
サンディ・ワグナー:マーゴ・マーティンデイル
ジャン:ジュリー・ハガティ
キム:アリン・レイチェル
ラス:トム・セグラ
ジェリー:マイケル・オキーフ
リンダ:ブリトニー・レンチュラー
ジム:ジョディ・トンプソン
オクトーバー:イライザ・シュレジンジャー
ダーク:ゲイリー・ウィーク
ダナ:ジョイ・ジェイコブソン
ハワード夫人:ジョーン・キューザック
マーティン・T・リヴァス判事ヴァレンテ・ロドリゲス
ブレンダ・フェルナンデス:イヴ・ハーロウ
スチュワート:チャーリー・マクダーモット

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2018年製作 118分
公開
北米:2018年11月16日
日本:未公開
製作費 $48,000,000
北米興行収入 $67,363,240
世界 $120,556,200


アカデミー賞
第回アカデミー賞

・受賞

・ノミネート


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
リフォーム業者のピート・ワグナー(マーク・ウォールバーグ)とインテリアデザイナーである妻のエリー(ローズ・バーン)は、購入した荒れ果てた家を改築して転売しようとする。

そこにエリーの妹キム(アリン・レイチェル)と夫のラス(トム・セグラ)が現れ、エリーは、改築すれば、子供ができた場合に環境として最高だと二人に伝える。

不妊治療をしているのですぐに子供はできると話す二人から、自分たちがここに越せばいいが、子供を持つ気がなければ広すぎると嫌味を言われたエリーは顔色を変える。

キムとラスはその場を去り、エリーの態度が気になったピートは、母親になりたいと言いだした彼女に、40歳を過ぎているので、年老いた父親になりたくないと伝える。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
リフォーム業者のピート・ワグナーと妻のエリーは、子供を持つ気はなかったものの、家族の言葉に刺激されて里親になることを考える。
ソーシャルワーカーのカレンとシャロンの集会に参加し、里親資格を取得したピートとエリーは、ティーンエイジャーのリジーと弟フアン、妹のリタを家族に迎えることを決める。
5人の新生活は始まり、楽しい日々が過ごせると考えていたピートとエリーだったが、強情で人を信用しないリジー、気が弱いフアン、わがままなリタに悩まされることになる・・・。
__________

監督と脚本を兼ねるショーン・アンダースが、3人の子供を養子にした経験を基に製作した作品。

アメリカの抱える社会問題の犠牲とも言える、里子に出される子供たちの悲惨な現状を伝えながら、現実に向き合う人々の姿をユーモアをまじえて飾り気のない演出で描く、ショーン・アンダースの軽快な演出が見どころの作品。

里親になるために努力する様々なカップルが、きれいごとではすまない現実の厳しさなどに直面しながら、問題を解決していこうとする姿が清々しく描かれている。

本作は批評家、一般から好評価を得て、北米興行収入は約6700万ドル、全世界では約1億2000万ドルのヒットとなった。

製作も兼ねる主演のマーク・ウォールバーグと、その妻を演ずるローズ・バーンは、子供たちに手を焼きながらも、自分の意見を主張し甘やかすことなく接する里親を熱演している。

里親の愛を素直に受け入れられないティーンエイジャーのイザベラ・モナー、その弟で気弱なグスタヴォ・エスコバー、わがままなその妹ジュリアナ・ガミッツ、主人公らに里子を紹介するソーシャルワーカーのオクタヴィア・スペンサーティグ・ノタロ、主人公の母親マーゴ・マーティンデイル、主人公の義母ジュリー・ハガティ、義父マイケル・オキーフ、義妹アリン・レイチェル、その夫トム・セグラ、義姉ブリトニー・レンチュラー、その夫ジョディ・トンプソン、主人公の里親仲間で里子を優秀なアスリートとして育てようとするシングルマザーのイライザ・シュレジンジャー、同じく里親のゲイリー・ウィークと妻ジョイ・ジェイコブソン、主人公の隣人ジョーン・キューザック、人情味がある家庭裁判所の判事ヴァレンテ・ロドリゲス、里子としての幸せを語る女性イヴ・ハーロウ、主人公と共に働く作業員チャーリー・マクダーモットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020