4258 Movies

巴里の女性 A Woman of Paris (1923)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

すれ違う恋に悩む男女を描く、製作、監督、脚本チャールズ・チャップリン、主演エドナ・パーヴァイアンスカール・ミラーリディア・ノットアドルフ・マンジュー他共演のドラマであるサイレント作品。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・チャップリン

製作:チャールズ・チャップリン
脚本:チャールズ・チャップリン
撮影
ローランド・トザロー
ジャック・ウイルソン
編集
モンタ・ベル
チャールズ・チャップリン
音楽
ルイス・F・ゴットシャルク
フリッツ・スタールバーグ
チャールズ・チャップリン(1976)

出演
マリー・サン・クレール:エドナ・パーヴァイアンス
ジャン・ミレ:カール・ミラー
ピエール・ルヴェル:アドルフ・マンジュー
マリーの父親:クラレンス・ゲルダート
ジャンの母親:リディア・ノット
ジャンの父親:チャールズ・K・フレンチ
フィフィ:ベティ・モリッシー
ポーレット:マルヴィナ・ポロ
ウェイター長:ヘンリー・バーグマン(クレジットなし)
荷物を運ぶ男:チャールズ・チャップリン(クレジットなし)

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1923年製作 82分
公開
北米:1923年9月26日
日本:1924年10月16日
製作費 $351,000
世界 $11,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フランスの田舎町。
不幸な家庭の犠牲者となったマリー・サン・クレール(エドナ・パーヴァイアンス)は、継父(クラレンス・ゲルダート)に交際を禁じられている恋人ジャン・ミレ(カール・ミラー)との駆け落ちを決意する。

父に部屋のドアの鍵をかけられたマリーは、外で待つジャンにそれを伝え、窓から出て彼と通りを歩きながら話をする。

それに気づいた父親は、マリーの部屋の窓を閉めて、入り口に鍵をかけてしまう。

ジャンから、昼にはパリに着き結婚できると言われたマリーは部屋に戻ろうとするが、窓は閉められ入り口も開けることができない。

出てきた父親に追い払われたジャンは、マリーを家に連れて行く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
フランスの田舎町。
愛し合うマリー・サン・クレールとジャンは、親に交際を反対されているため、駆け落ちすることを考える。
パリに向かう予定のジャンはマリーを駅に送り、支度をするために家に戻る。
父の死を知ったジャンは、マリーに電話をして出発の延期を伝える。
ジャンの気が変わったと思い込んだマリーは、失意のうちに一人旅立つ。
1年後、パリ、富豪で実業家のプレイボーイ、ピエールの愛人になっていたマリーは、優雅な日々を送っていた。
ピエールが婚約したことを気にしながら、友人に誘われてパーティーに向かったマリーは、部屋を間違えてしまう。
その場にいたジャンとの再会に驚いたマリーは、母と暮らし画家になっていた彼に肖像画を描くことを依頼し、再び愛が芽生えるのだが・・・。
__________

冒頭で主演しないことが明記されるチャールズ・チャップリンが、製作、演出、脚本に専念した作品。

主演ではないが、田舎町の駅のシーン(上映から11分頃)で、荷物を運ぶ男としてチャップリンは端役出演している。

また、1976年には、チャップリン自身が音楽を付け加えて再編集された。

コメディではないシリアスなドラマではあるが、チャップリン作品でお馴染みの、ウェイター長で登場するヘンリー・バーグマンの出演シーンなどは、チャップリン映画そのものを感じさせるユーモアあふれる演出となっている。

上流階級を軽蔑する皮肉を込めた物語も、チャップリン作品らしい内容であり、優雅な社交界の世界に足を踏み入れたヒロインが、その象徴である愛人が乗る、遠ざかる車(両者は互いに気づかない)を見つめるシーンで終わるメッセージ性のあるラストも印象的だ。

常に相手役だったエドナ・パーヴァイアンスを、ヒロインとして描きたかったチャップリンが、女優としての彼女の存在を世に広めたかったという意向で製作された作品でもある。

しかし、チャップリンの考えとは裏腹に、ヒロインを無難に演ずるエドナ・パーヴァイアンスの演技は、彼のパートナー以上の評価は得られず、彼女の愛人役のアドルフ・マンジューの魅力が強烈に印象に残る。

ヒロインを愛するものの、すれ違いの恋に苦悩するカール・ミラー、その母親リディア・ノット、その夫チャールズ・K・フレンチ、ヒロインの父親クラレンス・ゲルダート、ヒロインの友人ベティ・モリッシーマルヴィナ・ポロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020