4237 Movies

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 Indiana Jones and the Temple of Doom (1984)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スティーヴン・スピルバーグジョージ・ルーカスの黄金コンビ作品による1作目で、予想を上回る世界的大ヒットを記録したシリーズの第2作。
インドにたどり着いた考古学者インディアナ・ジョーンズが、奪われた子供達と聖なる石サンカラ・ストーンを取り戻すまでを描く、主演ハリソン・フォードケイト・キャプショーキー・ホイ・クァン共演のアクション・アドベンチャー大作。


アクション/アドベンチャー

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧
ジョージ・ルーカス / George Lucas 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮
ジョージ・ルーカス

フランク・マーシャル
製作:ロバート・ワッツ
原案:ジョージ・ルーカス
脚本
ウィラード・ハイク

グロリア・カッツ
撮影:ダグラス・スローカム
編集:マイケル・カーン
視覚効果:デニス・ミューレン
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
インディアナ・ジョーンズ:ハリソン・フォード

ウィリー・スコット:ケイト・キャプショー
ショート・ラウンド:キー・ホイ・クァン
モラ・ラム:アムリーシュ・プリー
チャター・ラル:ロシャン・セス
フィリップ・ブランバート大尉:フィリップ・ストーン
ラオ・チェ:ロイ・チャオ
ウー・ハン:デヴィッド・ユィップ
カオ・カン:リック・ヤング
チェン:チュア・カー・ジョー
ラムの手下:フィリップ・タン
ウェバー:ダン・エイクロイド

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1984年製作 118分
公開
北米:1984年5月23日
日本:1984年7月7日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $179,870,270
世界 $333,107,270


アカデミー賞 ■
第57回アカデミー賞
・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1935年、上海
ナイトクラブ”オビ・ワン”で、ウィリー・スコット(ケイト・キャプショー)がステージで歌う。

考古学者インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)は、暗黒街のボス、ラオ・チェ(ロイ・チャオ)と、清朝初代皇帝ヌルハチの遺骨をダイヤと交換しようとしていた。

しかし、ジョーンズはラオ・チェに毒を飲まされ、解毒剤を奪おうとして大乱闘になる。

ジョーンズは、ウィリーを連れて脱出し、待ち構えていた中国人少年、ショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)の車で空港に向う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984)
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)

*(簡略ストー リー)
上海
考古学者インディアナ・ジョーンズは、クラブ歌手ウィリーと少年ショート・ラウンドと共に、悪人の手から逃れ飛行機で脱出する。
その後、インドにたどり着いたジョーンズらは、ある寒村に案内され、子供達と聖なる石サンカラ・ストーンが奪われた村の惨状を聞かされる。
ジョーンズは、逃れてきた子供がいたパンコット宮殿に向かい、地下で行われているサギー教の儀式や、サンカラ・ストーンを捜すために重労働をさせられている子供達を見つける。
そしてジョーンズらは、その場から、子供達を助け出そうとするのだが・・・。
__________

冒頭の、インドにたどり着くまでの、息も尽かせぬアクションシーンや、クライマックスのトロッコの脱出などは、1作目を上回るスピード感と迫力で話題になり、娯楽映画としては存分に楽しめる作品。

しかし、前作に比べると、ドラマの奥深さという点ではやや物足りなさを感じ、実はスピルバーグ自身も、本作はあまり気に入ってないようだ。

興行収入も海外では健闘するものの、北米で前作より約6500万ドルも減る結果となってしまった。

北米興行収入 $179,870,270
世界 $333,107,270

第57回アカデミー賞では、視覚効果賞を受賞した。
・ノミネート
作曲賞

とにかく、続け様に飛び出すアイデアの数々と興味深いシーンに感心している間に、時間が経つのを忘れてしまう。

若干やり過ぎかとも思える、パンコット宮殿の晩餐の料理のシーンは、本作の中盤の大きな見せ場で、デザートの猿の脳みそのシャーベットは驚きだ。

いよいよ”インディアナ・ジョーンズ”役が板に付いてきた感じのハリソン・フォードの、正義感溢れる不適で頼もしい面構えが、前作より渋みもましてなかなかいい。

本作が交際のきっかけになる、 現スピルバーグ夫人ケイト・キャプショー演ずるわがままなクラブ歌手が、全く彼女のイメージとマッチしていない、非文明的な場所に連れて行かれてしまう設定も面白い。

キー・ホイ・クァンは、当時12歳ながら奮闘するが、演技やセリフ全てが大袈裟なところが気になる。

サギー教の司祭アムリーシュ・プリー、宰相ロシャン・セスイギリス軍大尉フィリップ・ストーン上海暗黒街のボス、ロイ・チャオ、ジョーンズの協力者デヴィッド・ユィップなどが共演している。

上海の空港でジョーンズ達を飛行機に案内する役で、ダン・エイクロイドがカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020