4214 Movies

ガンジー Gandhi (1982)

  •  
  •  
  • 13
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

インド独立運動の指導者マハトマ・ガンジーの半生を描く、製作、監督リチャード・アッテンボロー、主演ベン・キングズレーロシャム・セスキャンディス・バーゲンジョン・ギールグッドマーティン・シーン他共演の伝記映画。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・アッテンボロー
製作:リチャード・アッテンボロー
製作総指揮:マイケル・スタンレー=エヴァンス
脚本:ジョン・ブライリー
撮影
ビリー・ウィリアムズ

ロニー・テイラー
編集:ジョン・ブルーム
美術
スチュアート・クレイグ

ロバート・W・レン
マイケル・シアトン
衣装デザイン
ジョン・モロ

バヌ・アサイヤ
音楽:ラヴィ・シャンカール
音楽/編曲:ジョージ・フェントン

出演
マハトマ・ガンジーベン・キングズレー

ジャワハルラール・ネルーロシャム・セス
カストルバ・ガンジーロヒニ・ハタンガディ
サダール・ヴァラバハイ・パテルサイード・ジェフリー
ムハマンド・アリ・ジンナーアッリク・パダムシー
マーガレット・バーク=ホワイトキャンディス・バーゲン
エドワード・フレデリック・リンドリー・ウッド/アーウィン卿ジョン・ギールグッド
ヴィンス・ウォーカー:マーティン・シーン
チャールズ・フリーア・アンドリューズ牧師:イアン・チャールソン
ヤン・スマッツ将軍:アソール・フューガード
ミラベン(マデリン・スレイド):ジェラルディン・ジェームズ
レジナルド・ダイヤー将軍エドワード・フォックス
R・S・ブルームフィールド判事:トレヴァー・ハワード
チェルムスフォード総督ジョン・ミルズ
ジョージ・ホッジ卿:マイケル・ホーダーン
フィールズ:イアン・バネン
コリン:ダニエル・デイ=ルイス
ナトゥラム・ゴードセー:ハーシュ・ナヤー

イギリス/インド 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1982年製作 188分
公開
イギリス:1982年12月3日
インド:1982年11月30日
北米:1982年12月8日
日本:1983年4月
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $52,767,890


アカデミー賞 ■
第55回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
主演男優(ベン・キングズレー)
脚本・編集
撮影・美術・衣装デザイン賞
・ノミネート
作曲・録音・メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1948年1月30日。
全人類の良心とまで言われた、”インド独立の父”マハトマ・ガンジー(ベン・キングズレー)が、ヒンズー至上主義を掲げる、民族義勇団RSSナトゥラム・ゴードセーによって暗殺される。
___________

1893年、南アフリカ
インド人の青年弁護士モハンダス・ガンジーは、列車の一等車から放り出されてしまう。

ガンジーは、この人種差別に抗議し、移民を集め身分証明書を焼き捨ててしまい、警官に殴打されて逮捕される。

ロンドンの新聞は、この事件を問題視して大きく報道し、暴力を振るわれたガンジーは、高裁に訴え釈放される。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
インド独立運動の指導者、マハトマ・ガンジーの半生を描いた伝記映画。

*(簡略ストーリー)
19世紀末。
インド人の青年弁護士モハンダス・ガンジーは、南アフリカでのイギリス人による差別に対し抗議運動を始める。
逮捕されたガンジーは、訴えを起こして釈放されるものの、イギリス側とのせめぎ合いは続く。
ガンジーは、禁欲と非暴力の誓いを立てアシュラム(修行道場)を建設し、その賛同者と共同生活を始め、運動をさらに広めていく。
故国インドに戻ったガンジーは、 民衆から歓喜の声で迎えられ、イギリスの支配に苦しむ国民の生活を視察して回る。
やがてガンジーは、政治指導者であるジンナーパテル、そしてネルーらと協力し合い、インド独立の夢をかなえるための、運動を始めるのだが・・・。
__________

映画史上最大、30万人のエキストラを使った、暗殺されたガンジーの国葬のシーンで始まる冒頭から、そのスケール感に圧倒される。

その後は、青年弁護士時代から暗殺までの、50年余ガンジーの人生を描いた、長編歴史ドラマ。

俳優として多くの名作に出演し、映画製作や監督にも進出していたリチャード・アッテンボローの、ライフワーク的意欲作でもある。

第55回アカデミー賞では、11部門にノミネートされ、作品、監督、主演男優(ベン・キングズレー)、脚本、編集、撮影、美術、衣装デザイン賞を受賞した。
・ノミネート
作曲・録音・メイクアップ賞

映画初出演ながら、アカデミー主演賞を受賞したベン・キングズレーは、ガンジーの生涯を見事に演じ、歴史上の人物を描いた作品の中でも、ベストと言っていいほど、特殊メイクなどを使わずに本人に成りきった熱演を見せている。

イギリス人であるベン・キングズレーの主演起用には反発があったのだが、父親がインド人ということで受け入れられたという経緯がある。

また、ロケ地では、彼があまりにも本人に似ていたため、ガンジーが生き返ったと思い込んだ人々であふれ、ロケ現場では参拝者が後を絶たなかったという。

あまりに偉大な人物を描く壮大なストーリーは、3時間強の長編となった。
各歴史上の出来事を、小出しにかいつまんで登場させているようなところは気になるが、主人公ガンジーの成し遂げようとした偉業は、見事に描かれてよく伝わってくる。

ガンジーを取り巻く、多くの実在の人物や事件を今一度確認してみると、教科書などでは学ぶことのできない、歴史や宗教を理解するための参考資料としても価値ある作品だ。

美しいガンジス川をはじめ、広大なインド各地のロケも素晴しい。

献身的に夫に仕える、ガンジーの妻カストルバ役のロヒニ・ハタンガディ、独立運動の指導者達、初代インド首相ネルーロシャム・セスパテルサイード・ジェフリージンナーアッリク・パダムシー、写真記者M・B=ホワイトキャンディス・バーゲンアーウィン卿ジョン・ギールグッド、新聞記者ウォーカーのマーティン・シーンアンドリューズ牧師のイアン・チャールソンミラベンジェラルディン・ジェームズダイヤー将軍エドワード・フォックス、判事役のトレヴァー・ハワードチェルムスフォード総督ジョン・ミルズ、監督官マイケル・ホーダーンイギリス先任将校イアン・バネンガンジーの暗殺者ナトゥラム・ゴードセーのハーシュ・ナヤー、そして、無名時代のダニエル・デイ=ルイスが、南アフリカガンジーをいびる役でわずかに登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020