4312 Movies

ファイト・クラブ Fight Club (1999)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1996年に発表された、チャック・パラニュークの小説”Fight Club”を基に製作された作品。
過激な行動に魅せられていく男達の行動を描く、監督デイヴィッド・フィンチャー、主演エドワード・ノートンブラッド・ピットヘレナ・ボナム=カーターミート・ローフジャレッド・レト他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:デイヴィッド・フィンチャー

製作
アート・リンソン
セアン・チャフィン
ロス・グレイソン・ベル
原作:チャック・パラニュークFight Club
脚本:ジム・ウールス
撮影:ジェフ・クローネンウェス
編集:ジェームズ・ヘイグッド
音楽:ダスト・ブラザーズ

出演
ナレーター:エドワード・ノートン
タイラー・ダーデン:ブラッド・ピット
マーラ・シンガー:ヘレナ・ボナム=カーター
ロバート”ビッグ・ボブ”ポールセン:ミート・ローフ
リチャード・チェスラー:ザック・グルニエ
エンジェル・フェイス:ジャレッド・レト
アーヴィン:ポール・ディロン
メカニック:ホルト・マッキャラニー
リッキー:アイオン・ベイリー
スターン刑事:ソム・ゴッサムJr.
ステフ:エバン・ミランド
クロエ:レイチェル・シンガー
トーマス:デヴィッド・アンドリュース
ジェイコブズ警察署長:レナード・テルモ
空港の警備員:ボブ・スティーブンソン
医師:リッチモンド・アークウェッド
演説の男:シドニー”ビッグ・ドーグ”コルストン
グループ・リーダー:クリスティーナ・キャボット
ウェイター:エドワード・コワルジク

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1999年製作 139分
公開
北米:1999年10月15日
日本:1999年12月11日
製作費 $63,000,000
北米興行収入 $37,030,100
世界 $100,853,750


アカデミー賞
第72回アカデミー賞

・ノミネート
音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
”ナレーター”(エドワード・ノートン)はタイラー・ダーデンに脅され、周囲のビルを爆弾で跡形もなく爆破する”メイヘム(騒乱)計画”が迫る中、銃、爆薬、革命計画の全ては、マーラ・シンガーが原因だと考える。
__________

睾丸ガン患者のサポート・グループで知り合った大男のロバート”ビッグ・ボブ”ポールセン(ミート・ローフ)は、ホルモンの療法の影響で乳房ができていた。

会合に参加したナレーターは、そんなボブに抱きしめられる。
__________

自動車会社のリコール調査員であるナレーターは、デザイン家具やブランド衣類などを買い揃え、理想の生活空間の中で暮らしていたものの、この半年、不眠症で悩んでいた。

医師(リッチモンド・アークウェッド)の診察を受けたナレーターは、不眠症では死なないと言われて、薬を処方してもらえない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
自動車会社のリコール調査員の”ナレーター”は不眠症で悩み、ガン患者の会合に参加することを勧められる。
ボブに出会い心癒されるようになったナレーターだったが、患者でもない女性マーラの存在を鬱陶しく思い再び不眠症になる。
そんなナレーターは、出張中のフライトの機内で石鹸製造販売をしている風変わりな男タイラー・ダーデンと知り合う。
アパートが爆破されたことを知ったナレーターは、愕然としながらタイラーに連絡して、彼の廃墟のような家で同居することになる。
タイラーと共に”ファイト・クラブ”という殴り合いをするグループを作ったナレーターは、それにより充実した日々を送れるようになる。
ところが、タイラーの指示で過激化したグループは、治安を乱す集団”スペース・モンキーズ”として組織され、やがて、彼が考えるメイヘム(騒乱)計画の準備が進められる・・・。
__________

セブン」(1995)で世界中に衝撃を与えたデイヴィッド・フィンチャーが、再びブラッド・ピットと組んだ犯罪ドラマ。

闇の世界のような現実離れした空間や幻覚に惑わされる主人公が混乱していく様子を、その過激な暴力映像などで幻想的に表現する、デイヴィッド・フィンチャーの独特の世界観で描かれた力作として見応えがある。

第72回アカデミー賞では、音響編集賞にノミネートされた。

主人公は自動車会社のリコール調査員であり、名前が明らかにされていない人格が入れ替わる悩める男性という設定なので、少々難解な内容だ。

それが理由か、暴力描写を受け入れられない人々が多かったのかは不明だが、注目作品であったにも拘らず、北米興行収入は約3700万ドル、全世界では1億ドルに達するものの、スタッフやキャストを考えるとやや物足りない結果に終わった。

批評家の評価もそれほど高くなく、公開当初は興行的にも不振で、その後、徐々に評価が上がり、注目度が低かった原作も脚光を浴びたという経緯がある。

悩める自動車会社のリコール調査員から、知らぬうちにテロ・グループを組織するリーダーとなる男性を好演するエドワード・ノートンと、彼の誘導役のような、主人公自身が創り出した幻覚を怪演するブラッド・ピットの熱演は見ものだ。

主人公の二人に関係する謎の女性ヘレナ・ボナム=カーター、主人公とガン患者の会で出会い癒しを与える親友のミート・ローフ、主人公の上司ザック・グルニエ、テロ軍団”スペース・モンキーズ”のメンバー、ジャレッド・レトホルト・マッキャラニーアイオン・ベイリー、”ファイト・クラブ”が行われるバーのバーテンダー、ポール・ディロン、放火課の刑事ソム・ゴッサムJr.、警察署長のレナード・テルモ、空港の警備員のボブ・スティーブンソン、医師のリッチモンド・アークウェッド、ガン患者の会のリーダー、クリスティーナ・キャボット、レストランのウェイター、エドワード・コワルジク、他デヴィッド・アンドリュースなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020