4310 Movies

アイアンクラッド Ironclad (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

国内を混乱させたジョン王が率いる傭兵軍団1000人に立ち向かう20人の反乱軍の戦いを描く、製作、監督、原案、脚本ジョナサン・イングリッシュ、主演ジェームズ・ピュアフォイブライアン・コックスデレク・ジャコビケイト・マーラポール・ジアマッティチャールズ・ダンスジェイソン・フレミング他共演の歴史戦争ドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:ジョナサン・イングリッシュ
製作
リック・ベナーター
アンドリュー・カーティス
ジョナサン・イングリッシュ
原案:ジョナサン・イングリッシュ
脚本
ジョナサン・イングリッシュ
エリック・カステル
ステファン・マクドール
撮影:デヴィッド・エグビー
編集:ピーター・アムンドソン
音楽:ローン・バルフ

出演
トーマス・マーシャル:ジェームズ・ピュアフォイ
オルバーニ卿ブライアン・コックス
コーンヒルデレク・ジャコビ
イザベル:ケイト・マーラ
ジョン王ポール・ジアマッティ
スティーヴン・ラングトンチャールズ・ダンス
ギル・ベケット:ジェイソン・フレミング
ジェデダイア・コーテラル:ジェイミー・フォアマン
ダニエル・マークス:マッケンジー・クルック
ウルフスタン:リス・ペリー・ジョーンズ
ガイ:アナイリン・バーナード
タイベリウス:ウラジミール・クリッチ
マディ:アナベル・アプシオン

イギリス/アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(イギリス)
ARC Entertainment(北米)
2011年製作 121分
公開
イギリス:2011年3月4日
北米:2011年7月26日
日本:2012年6月9日
製作費 $25,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1215年、イングランド
ジョン王が統治して16年目を迎え、史上最悪と言われた王はフランスとの戦争に負け、国民に厳しい税を課して圧制を敷いていた。

貴族の夫人を寝取る王に対して貴族は反発し、その後3年、激しい内戦が続き多くの戦士が死んだ。

やがて”テンプル騎士団”が介入し、ついにジョン王の軍隊は戦いに敗れた。

国王が王位を剥奪されない代わりに出された条件は、国民の自由を求める文書”マグナ・カルタ”への署名だった。

これにより国王の権利は制限され、1215年6月15日にラニーミードで署名され王の反撃は歴史に埋もれた。

引き下がる気のないジョン王ポール・ジアマッティ)は、デンマーク人のタイベリウス(ウラジミール・クリッチ)ら傭兵軍団を組織する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「アイアンクラッド」(2011)
・「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」(2014)

*(簡略ストー リー)
1215年、イングランド
圧制を敷くジョン王は国内を混乱させて貴族の怒りも買い、王位を剥奪されない代わりに国民の自由を求める文書”マグナ・カルタ”に署名することになる。
そのまま引き下がる気のない国王は、デンマーク人の傭兵軍団を率いて進軍する。
テンプル騎士団”の騎士トーマス・マーシャルは、旅の途中で国王の傭兵に襲われながらカンタベリーに向かう。
カンタベリー大主教スティーブン・ラングトンに会ったマーシャルは、その場に現れたオルバーニ卿と共に反乱軍を組織することになり、拠点となるロチェスター城を占拠してフランスからの援軍を待つために現地に向かう。
戦士を集めてロチェスター城に着き、城主のコーンヒルに迎えられたオルバーニ卿は城を占拠し、わずか20名で1000人の敵に立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

イングランドジョン王が率いる1000人の傭兵軍団と、ロチェスター城を占拠したわずか20名の反乱軍の壮絶な戦いを、史実に基づき描く歴史戦争ドラマ。

細かい歴史の解釈や事実と違う内容はさておき、内戦に介入した”テンプル騎士団”の一人の騎士のその後の苦悩などを絡めながら描く、アクション映画としても楽しめる作品。

舞台となるロチェスター城でのロケは外観程度で行われ、実際にはウェールズの”セント・ドーナッツ城”などで撮影された。

英米の実力派スター豪華競演も注目であり、製作、監督、原案、脚本を兼ねるジョナサン・イングリッシュは、続編の「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」(2014)も演出した。

激しい戦いはかなり残虐な描写もあり、目を覆いたくなるようなシーンも多々ある。

禁欲の誓いを守りつつ勇敢に戦う”テンプル騎士団”の騎士を熱演するジェームズ・ピュアフォイ、反乱軍を指揮するオルバーニ卿ブライアン・コックスロチェスター城の城主コーンヒルデレク・ジャコビ、その妻で主人公に思いを寄せるケイト・マーラ、冷酷なジョン王を怪演するポール・ジアマッティ、”カンタベリー大主教スティーブン・ラングトンチャールズ・ダンス、反乱軍に加わり勇敢に戦う戦士ジェイソン・フレミングジェイミー・フォアマンマッケンジー・クルックリス・ペリー・ジョーンズアナイリン・バーナードデンマーク人傭兵軍団のリーダー、ウラジミール・クリッチ、イザベル(ケイト・マーラ)の侍女アナベル・アプシオンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020