4234 Movies

パパが遺した物語 Fathers and Daughters (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

事故で妻を亡くし病気で苦しむ作家と幼い娘の絆を描く、監督ガブリエレ・ムッチーノ、製作総指揮、主演ラッセル・クロウアマンダ・セイフライドカイリー・ロジャーズアーロン・ポールダイアン・クルーガークヮヴェンジャネ・ウォレスオクタヴィア・スペンサージェーン・フォンダブルース・グリーンウッド他共演のドラマ。


ドラマ

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
製作
ニコラス・シャルティエ
クレイグ・J・フローレス
シェリル・クラーク
製作総指揮
ラッセル・クロウ
キース・ロジャー
リチャード・ミドルトン
ロミルダ・デ・ルーカ
脚本:ブラッド・デッシュ
撮影:シェーン・ハールバット
編集:アレックス・ロドリゲス
音楽:パオロ・ブォンヴィーノ

出演
ジェイク・デイヴィス:ラッセル・クロウ
ケイティ・デイヴィス:アマンダ・セイフライド
ケイティ・デイヴィス(幼少期):カイリー・ロジャーズ
キャメロン:アーロン・ポール
エリザベス:ダイアン・クルーガー
テディ・スタントン:ジェーン・フォンダ
ウィリアム:ブルース・グリーンウッド
コールマン博士:オクタヴィア・スペンサー
ルーシー・カーター:クヮヴェンジャネ・ウォレス
キャロライン:ジャネット・マクティア
キャメロンのアパートの部屋にいた女性:ミシェル・ヴェインティミラ
ジョン:ライアン・エッゴールド
ローラ・ガーナー:ポーラ・マーシャル

アメリカ/イタリア 映画
配給
Vertical Entertainment
Elevation Pictures
2015年製作 116分
公開
イタリア:2015年10月1日
北米:2016年7月8日
日本:2015年10月3日
製作費 $22,400,000
世界 $5,587,710


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク、1989年。
ピューリッツァー賞受賞作家のジェイク・デイヴィス(ラッセル・クロウ)は、娘のケイティと共に、亡くなった妻パトリシアのことを想う。

車を運転中に、浮気の件でパトリシアと口論になったジェイクは事故を起こし、彼女は亡くなり自分も重傷を負った。

同乗していたケイティは無傷だったものの、ジェイクは脳の損傷により後遺症が残り、度々、発作が起きた。

医師から正気を失う可能性を指摘されたジェイクは、精神病院に入院することを勧められる。

ケイティをパトリシアの姉エリザベス(ダイアン・クルーガー)と夫ウィリアム(ブルース・グリーンウッド)に預けることにしたジェイクは、悲しむ彼女と別れる。

7か月後。
退院したジェイクは、迎えに来てくれたエージェントのテディ・スタントン(ジェーン・フォンダ)に送ってもらい自宅に戻る。

ケイティを迎えに行ったジェイクは、彼女との再会を喜び、エリザベスとウィリアムに歓迎される。

ケイティを部屋に向かわせてジェイクと話したエリザベスは、疎遠だったパトリシアのことを話題にする。

話を遮ったウィリアムは、このままケイティを預かり、社会復帰が出来たら返すという提案をジェイクにする。

それを断り帰ろうとしたジェイクは、エリザベスから、ケイティを養女にしたいと言われ、ウィリアムからは、裕福なうちなら困らないと説得される。

話を聞く気がないジェイクは、ケイティを連れてその場を去る。

25年後。
大学で心理学を学んだケイティ(アマンダ・セイフライド)は、ソーシャルワーカーの仕事していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク、1989年。
ピューリッツァー賞受賞作家のジェイク・デイヴィスは、運転中に妻と口論になり事故を起こす。
妻は亡くなり、重傷を負ったジェイクは脳に後遺症が残り、幼い娘ケイティを義姉エリザベスの家に預けることになる。
精神病院での7か月の治療後に、ケイティを迎えに行ったジェイクは、エリザベスと夫のウィリアムから、ケイティを養女にしたいと言われるものの、それを断る。
25年後、心理学を学びソーシャルワーカーとして働いていたケイティは、ある悩みにより見境なく男を求めていた。
そんなケイティは、ジェイクを尊敬する青年キャメロンと出会い、愛し合うようになるのだが・・・。
__________

ウィル・スミス主演の「幸せのちから」(2006)、「7つの贈り物」(2008)などで知られるイタリアの映画監督ガブリエレ・ムッチーノが、製作総指揮を兼ねるラッセル・クロウと組んだ作品。

事故で妻を亡くしたピューリッツァー賞受賞作家が、病気で苦しみながら、幼い娘と暮らすためにすべてを捧げる姿を描くドラマ。

家族の幸せを奪う事故から始まる物語は、主人公が幼い娘と暮らすために必死に努力する姿と、25年の成長した娘の物語が交互に描かれる構成となっている。

病気で苦しみながら、幼い娘と暮らすために必死に生きる主人公を演ずるラッセル・クロウと、25年後、成長して心理学を学ぶものの、愛する者を失ってしまう恐怖感から抜け出すことができない娘を演ずるアマンダ・セイフライドなど、魅力的なキャスティングが注目された作品でもある。
*当然ではあるが、二人が同時に登場するシーンはない。

家族内の問題や考えを掘り下げようとし過ぎる、メロドラマ化した脚本に深みもなく、批評家から好評価は得られず、興行的にも失敗に終わった作品。

母を亡くした悲しみを乗り越え父と共に暮らす、主人公の娘を好演するカイリー・ロジャーズ、尊敬する主人公の娘と愛し合うようになる作家志望の青年アーロン・ポール、主人公の娘を養女にしようとする義姉ダイアン・クルーガー、彼女と同じ考えの夫ブルース・グリーンウッド、ケイティ(アマンダ・セイフライド)がケアする少女クヮヴェンジャネ・ウォレス、ケイティの上司オクタヴィア・スペンサー、主人公のエージェント、ジェーン・フォンダ、ケイティのセラピスト、ジャネット・マクティア、キャメロン(アーロン・ポール)のアパートの部屋にいた女性ミシェル・ヴェインティミラ、ケイティと一度だけ関係した青年ライアン・エッゴールド、公立学校の校長ポーラ・マーシャルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020