4234 Movies

アメリカン・パイ American Pie (1999)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット・コメディ・シリーズの第一作。
卒業までに初体験を済ませようとする高校生が巻き起こす騒動を描く、監督ポール・ワイツ、主演ジェイソン・ビッグスクリス・クライントーマス・イアン・ニコラスエディ・ケイ・トーマスユージン・レヴィ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ポール・ワイツ

製作
クリス・ワイツ
ウォーレン・ザイド
クレイグ・ペリー
クリス・ムーア
脚本:アダム・ハーツ
撮影:リチャード・クルード
編集:プリシラ・ネッド=フレンドリー
音楽:デヴィッド・ローレンス

出演
ジム・レヴェンスタイン:ジェイソン・ビッグス
スティフラー夫人:ジェニファー・クーリッジ
ナディア:シャノン・エリザベス
ミシェル・フラハティ:アリソン・ハニガン
クリス”オズ”オストライカー:クリス・クライン
英語教師:クライド・クサツ
レヴェンスタイン:ユージン・レヴィ
ジェシカ:ナターシャ・リオン
ケヴィン・マイヤーズ:トーマス・イアン・ニコラス
チャック・シャーマン:クリス・オーウェン
マーシャル・コーチ:ローレンス・プレスマン
ヴィクトリア”ヴィッキー”ラトゥム:タラ・リード
スティーヴ・スティフラー:ショーン・ウィリアム・スコット
ヘザー:ミーナ・スヴァーリ
ポール・フィンチ:エディ・ケイ・トーマス
レヴェンスタイン夫人:モリー・チーク
バンド・メンバー:クリスティーナ・ミリアン
二年生:エデン・リーゲル
ジョン:ジョン・チョー
女子生徒:サーシャ・バレス
アルバート:エリック・ライヴリー
スティーヴの弟:イーライ・マリエンタール
女子大生:タラ・サブコフ
ポルノ映画の男優の声:クリス・ワイツ
トム・マイヤーズ:ケイシー・アフレック

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1999年製作 95分
公開
北米:1999年7月9日
日本:2000年7月1日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $102,561,000
世界 $235,483,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
西ミシガン
イースト・グレート・フォールズ高校の3年生ジム・レヴェンスタイン(ジェイソン・ビッグス)は、友人のクリス”オズ”オストライカー(クリス・クライン)、ケヴィン・マイヤーズ(トーマス・イアン・ニコラス)、ポール・フィンチ(エディ・ケイ・トーマス)と共に、スティーヴ・スティフラー(ショーン・ウィリアム・スコット)の家のパーティーに行くことになっていた。

スティフラーから、そろそろ童貞を捨てろと言われてからかわれたジムらは、その方法を考える。

パーティーは始まり、ジムとケヴィンは、女に関して自信満々のチャック・シャーマン(クリス・オーウェン)の話を聞かされる。

ガールフレンドのヴィクトリア”ヴィッキー”ラトゥム(タラ・リード)と楽しもうとしたケヴィンは、ジムが気するチェコ人のナディア(シャノン・エリザベス)に話しかけようとしていることを知る。

ナディアに近づいたジムだったが、話すことはできなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「アメリカン・パイ」(1999)
・「アメリカン・サマー・ストーリー」(2001)
・「アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦」(2003)
・「アメリカン・パイ in バンド合宿」(2005)
・「アメリカン・パイ in ハレンチ・マラソン大会」(2006)
・「アメリカン・パイ in ハレンチ課外授業」(2007)
・「アメリカン・パイ in ハレンチ教科書」(2009)
・「アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会」(2012)

*(簡略ストー リー)
西ミシガン
イースト・グレート・フォールズ高校の3年生ジム、オズ、クリス、フィンチは、卒業するまでに初体験をする協定を結び、そのために計画を立てて実行しようとする。
ガールフレンドのヴィッキーとの関係も進展しないケヴィン以外は相手もいない状況で焦るジムらは、決行日のプロムの夜に向けて様々な方法を試し、相手を捜すのだが・・・。
__________

前年にヒットした「アンツ」(1998)の脚本を担当したポール・ワイツが、製作を担当する弟クリス・ワイツと組んだ初監督作品。
クリス・ワイツは「アンツ」の脚本も担当した。

大いに受けた本作は、北米興行収入で約1億ドル、全世界では約2億3500万ドルのヒットとなり、8作が製作される人気シリーズとなった。
*4~7作はスピンオフ作品。

高校卒業までに初体験を済ませようとする、高校生が巻き起こす騒動を描く内容自体に新鮮味はないが、底抜けに明るい各キャラクターによる、健康的な雰囲気で展開する内容は大いに楽しめる。

卒業までに初体験を済ませる協定を結んだシャイな高校生を演ずるジェイソン・ビッグス、ガールフレンド(タラ・リード)はいるものの、その関係がなかなか進展しないために悩むトーマス・イアン・ニコラス、コーラス部に入り相手(ミーナ・スヴァーリ)を見つけるものの、途中で話がこじれて苦労するクリス・クライン、潔癖症過ぎて相手が見つからず、友人(ナターシャ・リオン)に頼んで男らしい噂を流してもらうエディ・ケイ・トーマス、ジム(ジェイソン・ビッグス)といい雰囲気になるチェコ人の女子生徒シャノン・エリザベス、ジムにプロムに誘われる地味な生徒アリソン・ハニガン、ジムの父親を愉快に演ずるユージン・レヴィ、その妻モリー・チーク、自慢ばかりするものの結局はすべてウソだとバレるクリス・オーウェン、主人公の4人をからかうショーン・ウィリアム・スコット、その弟イーライ・マリエンタール、二人の魅力的な母親ジェニファー・クーリッジ、英語教師クライド・クサツ、ラクロス・チームのコーチ、ローレンス・プレスマン、バンド・メンバーのクリスティーナ・ミリアン、二年生の女子生徒エデン・リーゲル、女子生徒のサーシャ・バレス、コーラス部の生徒エリック・ライヴリーブレイク・ライヴリーの兄)、女子大生のタラ・サブコフ、冒頭のポルノ映画の男優の声クリス・ワイツ、そして、男子生徒のジョン・チョー、ケヴィン(トーマス・イアン・ニコラス)の兄役でケイシー・アフレックが出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020