4217 Movies

7つの贈り物 Seven Pounds (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

事故の罪を背負い恵まれない人々のために自らの命を捧げようとする男性を描く、製作、主演ウィル・スミスロザリオ・ドーソンウディ・ハレルソンバリー・ペッパー他共演、監督ガブリエレ・ムッチーノによるヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
製作
トッド・ブラック

ジェイソン・ブルーメンソル
ジェイムス・ラシター
ウィル・スミス
スティーブ・ティッシュ
脚本:グラント・ニーポート
編集:ヒューズ・ウィンボーン
音楽:アンジェロ・ミリ

出演
ベン・トーマス:ウィル・スミス

エミリー・ポーサ:ロザリオ・ドーソン
エズラ・ターナー:ウディ・ハレルソン
ティム・トーマス:マイケル・エリー
ダン・モリス:バリー・ペッパー
コニー・ティポス:エルピディア・カリーロ
ホリー:ジュディアン・エルダー
ジョージ:ビル・スミトロビッチ
サラ・ジェンソン:ロビン・リー
介護師:オクタヴィア・スペンサー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2008年製作 123分
公開
北米:2008年12月19日
日本:2009年2月21日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $69,951,820
世界 $168,167,690


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ベン・トーマス(ウィル・スミス)は、精肉の販売オペレーターをしている盲目のエズラ・ターナー(ウディ・ハレルソン)との会話で彼を口汚く罵る。

エズラは動揺して電話を切り、ベンは考えを巡らせながら7人の人物の名前を口にて嘆く。

財務省IRS(国内国歳入庁)。
エミリー・ポーサ(ロザリオ・ドーソン)の預金情報などを調べたベンは、心臓疾患の検査のため病院に向かった彼女に会おうとする。

病室に忍び込んだベンは、エミリーの様子を見ただけでその場を去り、目覚めた彼女はそれに気づく。

自宅に戻ったベンは、IRSの職員である弟ティム(マイケル・エリー)からの電話を受け、家から何かを持ち出さなかったたかを尋ねられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
財務省IRS(国内国歳入庁)の調査員という肩書きのベン・トーマスは、自分の不注意で、恋人を含む7人もの人達を死亡させてしまった辛い過去を背負っていた。
ベンは、エミリーという心臓を患う女性が、税金を滞納していることを知るが、納税に猶予を与えてしまう。
その後もベンは、7人の名前が記されたリストを基に、その人達が、ある一定の条件を満たせば贈り物をするという計画を実行していく。
事件への罪の意識から、ベンは財産や臓器などを、選んだ人々に提供していこうと考えたのだった。
そしてベンは、愛し合うようになったエミリーのために、自らの命を絶つ決心をするの・・・。
__________

ウィル・スミスが、「幸せのちから」(2006)に続き、ガブリエレ・ムッチーノとコンビを組んだ作品。

予備知識を持たずに見ていると、主人公が何のために人に尽くすのか不明なのだが、終盤でその謎が一気に解け、命を捧げる計画を実行していく姿は、胸が締め付けられる思いになる。

IRS(国内国歳入庁)の調査員を装い、謎の行動を続ける主人公をミステリアスに描くガブリエレ・ムッチーノの演出と、グラント・ニーポートの巧みな脚本で、やがて美しい物語に変貌していく感動作でもある。

辛い経験で心に傷を持つ主人公を、情感溢れる表情で好演するウィル・スミスは、アクションだけでない芸幅の広いスターとしての実力を見せてくれる。

死を覚悟する主人公の、人を愛する辛さを彼の死後に知る、心臓を提供される女性のロザリオ・ドーソン、彼にしては珍しい役柄に挑んだ沈着冷静な盲目のピアニスト役のウディ・ハレルソン、主人公に片肺を提供された弟のマイケル・エリー、死後の処置を任される旧友のバリー・ペッパー、恋人に暴力を受けた女性で、主人公に住まいを提供されるエルピディア・カリーロ肝臓の提供を受けるジュディアン・エルダー腎臓を与えられるビル・スミトロビッチ、主人公の婚約者ロビン・リーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020